投稿

ラベル(Z51)が付いた投稿を表示しています

車の荷室にレジ袋フックを装着したら便利すぎた件

イメージ
愛車ムラーノ(Z51型)のトランク部分には、標準装備で「ラゲッジボード(ラゲッジ分割機構付き)」があり、ちょっとした買い物の品などを入れておくことができます。ラゲッジボード自体は普段は閉めておくことができ、必要に応じてボタンを押すと跳ね上がり、間仕切りとして使うことができます。 便利なのは、仕切りネットが付いているので入れたものが転がっていかないこと、そしてボードは樹脂製なので濡れたものや汚れたもの、例えば泥まみれになったブーツを立てておく際などにも重宝します。   ただ、レジ袋(コンビニ袋)を入れた際、振動で袋から中身が出たりすることがありました。そこで今回、レジ袋の持ち手を引っ掛けておけるフックを装着してみました。   ごく単純な構成で、ラゲッジボードの天板に穴をあけ、そこにフックを結束バンドで固定するだけ。たったそれだけでもレジ袋の中身が袋から溢れることがなくなり、とても便利です。   また、ラゲッジボードの仕切りネットは簡単に外すことができるため、比較的大きな買い物をした際にも、ひょいっ、と置くことができます。加えて上記画像のように持ち手部分を引っ掛けておけるようにすることで安定して収容できます。   使わないときはパタンと閉じれば良いだけ。もう10年近く乗っている愛車ムラーノ、これまで微妙な使い勝手でいまいち満足度が低かったラゲッジボードでしたが、簡単にフックを追加するだけで便利さが格段に向上しました。 まだまだ愛車ムラーノを可愛がって行きたいと考えます。〔了〕 【関連記事】日産ムラーノに関する記事(一覧) 愛車・日産ムラーノに関する記事はコチラから (blog.PelicanLovers.com)   PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

愛車ムラーノ、冬用の防水フロアマットを新調

イメージ
 2009年8月、サンディエゴ。「アクセルが戻らない!」緊急通報電話 (911)に必死の声で掛けてきた男性の運転するレクサスES350は、時速160kmを超える猛スピードで激突。乗員4人の家族全員が死亡する最悪の結果となります。 このショッキングな模様を伝える 通報時の録音テープが公開された事もあり 、米国中がトヨタに対して激しい怒りを露わにし、大バッシングが巻き起こりました。   後に、事故の原因はサイズが合わない他車のフロアマットを使っており、フロアマットがズレてアクセルに引っ掛かった事によるものと判明。車両の構造的欠陥に起因するものでは無い事が明らかとなります。 しかし、米国議会まで巻き込んだ大バッシングの袋叩きにあったトヨタは、早期の解決を望んで和解に応じ、訴訟関連で推計・約30億ドル、司法省への和解金に約12億ドルもの大金を支払うことに合意する事となります。 【参考記事】トヨタが1200億円の和解金を払った理由とは?  2009年から10年にかけて複数のトヨタ車に対して発生した「意図せぬ急加速問題...   事程左様に、たかがフロアマット、されどフロアマット。メーカー純正品で5〜6万円もするフロアマットですが、正しく車両に適合したものを装着しなければ、上記のような大事故にも繋がりかねない重要なパーツであります。   そんなフロアマットを新調しました。それが冒頭の写真です。・・・ 非純正、しかも中華製です(苦笑) 。冒頭、360字を費やしてフロアマットの危険性を述べた訳ですが、それでも中華製フロアマットを選んだ理由は防水PUレザー(合皮)が欲しかった為であります。 私の住む札幌は、これから冬を迎える関係から防水のフロアマットというと従来はホームセンターやカー用品店で販売されているラバー製が一般的です(※マット自体を車体に固定する穴なども無く、それこそアクセルペダルに挟まったら、と考えると怖いですが、底面の滑り止め加工と自重で過去にそうした危険な思いをした事はありません)。 ラバー製マットの欠点は、やはりドアを開けて乗り込もうとした時にマットが目に入ると、気分が滅入ることでしょうか。そのため今回は印象を変える意味で少し明るい色の、それでいて靴について泥や雪の汚れが目立ち難い「ブラウン」色を購入しました。 購入した中華製フロアマットは、車体に