投稿

ラベル(TAMIYA)が付いた投稿を表示しています

タミヤDT-03・タイヤ交換 (V1.1)

イメージ
今回の記事は DT-03 のフロントタイヤ交換(V1.1化)に関する内容です(上記画像は交換前のノーマル状態)。 前回の記事 で、JS1(小1・当時6歳)な娘でも、ラジコン・タミヤ DT-03 なら(通常ならオーバーステア気味でコントロールの難しい2WDオフロード車であっても、徹底した強アンダーステアによる)驚異的な安定性により容易に操作できることをご紹介しました。   反面、強アンダーステアな為、アクセル開度の微調整を習得できていないJS1な娘には曲がりきれない場面が出てくるようになりました。 また、私自身が操縦する場面においても流石にこの強アンダーステアは扱いにくく、走行安定性を保ちながらも何とか改善できないものか・・・と思案いたところに、ラジコン仲間(というか師と仰ぐ)友人からメールが届きました。 友人いわく「 4WDオフロードRC用スクエアスパイクタイヤを前輪に履かせてみろ 」との事。 早速、Googleで検索してみると、どうやらこのタイヤ交換による強アンダーステア解消は DT-03 の前身である DT-02 (同じく強アンダーステアが特徴のシャシー)の頃からメジャーな方法らしい事が分かりました。 この改善方法は、 雑誌「RC WORLD」 に連載記事を持つ タミヤ営業課・前住諭(まえずみさとし・通称TRFサトシ)氏が記事内で紹介 し、試したユーザーらがネット上で絶賛していた方法のようです。早速、「 OPパーツ OP.88 6024・4駆前輪スクエアスパイクタイヤ 」を試してみることにしました。   DT-03は上記画像のように、後輪こそスクエアスパイクタイヤなものの、前輪は「 SP1207 2駆オフロードWグルーブドタイヤF 」なる控えめな溝が特徴の細いタイヤが付いているに過ぎません。 これを4輪ともスクエアスパイクに替えることで、フロントのオフロード路面への喰い付きを向上させ操舵性を改善するというものです。    通常、ホイールとタイヤはそれぞれサイズが適合しないと組み合わせられません。例えば、上記画像のフロントホイールは「 SP.1205 2WDアストラルディッシュホイールF 」というホイールで、適合サイズには「60/19」と表記があります。 これは↓下記のように、 このホイールは外径が60mmでリム幅が19mm