投稿

ラベル(Kintone)が付いた投稿を表示しています

電動キックボードのバッテリー交換

イメージ
電動キックボード「キントーンα」のバッテリーとECUを交換した記事を本家サイトに掲載しました。 安物の電動キックボードだけあって、作業が難儀でした・・・キントーンαやキントーンAirの調子が悪い人(もしくはメルカリ等で不動車を安価に買って直したい人)の参考になれば幸いです。 「電動キックボードのバッテリー交換」PelicanLovers.com https://pelicanlovers.com/?p=2003 〔了〕 ※電動キックボード関連投稿 https://blog.pelicanlovers.com/search?q=電動キックボード PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

電源の入らない、電動キックボードの再起動装置

イメージ
先進国各地で電動キックボードが盛況です。主に都市部それも観光地を中心に近距離の移動手段としてシェア活用されているのはご存知と思います。 我が家では「キントーンα」という車輌を2018年に購入。国内では割とアーリーアダプターに属する方でしょうか。勿論、公道走行は出来ませんが、将来的な規制緩和も期待して(そして何より面白そうなので)購入してみました。 (その辺りの顛末は下記記事を参照下さい) 【関連記事】電動キックボードはラスト・マイル・ビークルの夢を見るか:PelicanLovers.com 電動キックボード(電動キックスケーター)を購入しました。非常に楽しい乗り物ですが、実際に利用してみて分かる様々なメリット/デメリットをご紹介したいと考え、記事にしてみた次第です。     しかし、僅か 累積走行距離30km程でアッサリ故障となり、 残念ながら39,800円という購入価格には見合わない商品でした (販売元と交渉したのですが補償対象には成らず)。 故障の症状はバッテリー残量が十分にあっても突然電源が切れて制御システムがダウン。そして厄介なのは、再起動は電源ケーブルを繋いで一旦、通電する必要があるという点。つまり電源の無い出先で不具合に遭遇するとリカバリー不能となります。 電動キックボードの修理に詳しい某氏に問い合わせたところ、このキントーンαはECU(動力コントロールユニット)部分の故障が多いようです(実際、ネット上で不動品ジャンク扱いで売られれている品の多くがECUの故障もしくはバッテリー不良との事)。 ECU単体パーツは中華圏のネット通販で入手可能ですが(相応に値段がするのと適合確認は自己責任のため不適合のリスクあり)、ごく簡単に再起動を可能にする方法として、電源ケーブルに差し込んだ状態を模したユニット=を作成してみました。 用いたのは 昇降圧コンバータの基盤で、Amazonにて1,300円弱 。これに DCコネクター(外径5.5mm/内径2.1mm) と、電池を装着し、9V電池からの直流電源を電動キックボードが必要とする電源である29.4V、2.0Aまで昇圧する事で電源ケーブルを接続したように認識させるというモノ。 あくまで自己責任ですが、バッテリー残量が十分あるにも関わらず、不意なシステムダウンが発生し、