投稿

ラベル(Hi-Res)が付いた投稿を表示しています

スピーカースタンドに中華インシュレーターを装着

イメージ
はじめてスピーカーを自作したのは、下の毛が生え始めた頃でした。うら若き(?)さくらんぼ少年な当時は、ユニットを買うお金も無いので使わなくなったラジカセを分解してユニットを取り出し、ベニア板で拵えたボックスに取り付けて遊んでいたものです。 かようにオーディオ趣味は35年程に及ぶ訳ですが、高価なシステムを組んだ経験は無く、いわゆるコスパの高い組み合わせや自作スピーカーをアレコレと試しては安物買いの銭失いを繰り返しております。   今回、スピーカースタンドに 中華製の安価なインシュレーター を装着してみました。絨毯敷きリビングにて、スピーカースタンドを置いた周囲の床に手を当ててみると意外な程に床に響いていました。下階の住民に迷惑をかけない為にインシュレーターを敷いて振動を抑える試みをしてみた訳です。    購入したのは、 よくある中華製のインシュレーター 。中国のECサイト「AliExpress」等でよく見る商品ですが、執筆時点では円安故にAmazon.co.jpから国内在庫品を買う方が安価だったりして、円安の影響を強く感じます。 私の購入した商品は「 YMJOGGUE 」と云う何て読めば良いか判らんブランド名が付いていましたが、Amazon.co.jp内にも同じ外観の商品が幾つか存在し、恐らくどれを買っても違いは無さそうです。   インシュレーター自体の見た目は中々良い感じ。私は性根いやらしいスケベ人間なので下品な金色が大好きです。当然、購入したインシュレーターはシルバーでは無く、敢えてのゴールド、金色を購入しました。   装着は簡単。スピーカースタンドの裏に両面テープで貼り付けるだけ。 因みに中華製の怪しい商品を買うと決まって「3M」のロゴが付いた両面テープが付いてくるけど「これ絶対に米国3M製じゃ無いだろ」とツッコミ入れたくなくクオリティの品に遭遇します(この商品がそうだとは言ってませんが)。   こんな感じでチラりとゴールドの輝きが見えるのが良いですね。 私はとても気に入ったのですが、JCな長女には「また何かパパが変なの付けてる〜ぅ」的に母親に告げ口されたり。・・・良いんです、この安っぽいゴールドにこそロマンがあるんです。   スピーカーの高さは3cm程アップしました。   当該インシュ

「Shanling」なる中華オーディオをご存知でしょうか

イメージ
以前、中華オーディオのドングル型DAC兼ヘッドフォンアンプを 935円で買ったらゴミだった話はしました が、程なくして結局13,000円程の「 Shanling UA2 」(上記画像)に買い替えました。 しばらく愛用していますが、なんて事はない、はじめから Shanling UA2 を買っておけば良かったって思いました。やっぱ最低限の費用は払わないとダメなものですね。    さて、この「 Shanling 」(シャンリン:深圳山灵数码科技发展有限公司)なる中華オーディオメーカー、調べてみると歴史が意外に古く、1988年にカラオケ用イコライザー付きアンプの製造から始まったようです。当時は中国・広東省にある中堅都市・掲陽(けいよう)市にある 掲陽広播電視大学 のキャンパス内で作っていたそうです。 1994年にはフィリップス(Philips)製のCDドライブメカ「CDM-4」を搭載したCDプレイヤー「SCD-939」をリリースします。CDM-4は様々なメーカーに提供され多くのCDプレイヤーに使われた他、 現在でもAmazonで補修パーツ入手できる 程に一部でファンの多いドライブメカ。有名どころではマランツ等でも採用されたそうですね。Shanlingが本格的にオーディオ指向に振ったという意味では、この1994年がターニングポイントだったのかも知れません。   (CC Photo by  ZM Yi ) 1996年には、中国・深圳市に会社を移して社名も「深圳山嶺電子有限公司」(Shenzhen Shanling Electronics)となります。「Shanling」(シャンリン)という名は「 山嶺 」から来ているようです(※いくら調べても、これ以前の=創業当時の社名は分かりませんでした)。 会社は深圳に移ったものの、工場は大学のキャンパス内だった掲陽(けいよう)市から、車で4時間ほど西に走った東莞(とうかん)市に移し、深圳に近い距離となります。この頃にはAVアンプも作っていたようですね。   その後、2000年に入るまでは基本的にアンプやCDプレイヤーを中心としたラインナップでしたが、2001年に真空管アンプの製造も始めると共に、中国国内市場だけでなく海外輸出も始めるようになります。 2002年にはSACDプレイヤーを、2003年にはハイエンド向けCD

ハイレゾ認証イヤフォンなんていらない理由

イメージ
先日の記事でも紹介しましたが 、私はハイレゾ音源を聴く際はハイレゾ帯域をカバーするファイル形式を扱える中華DAP(デジタルオーディオプレイヤー、要はiPadみたいな音楽再生専用機) FiiO X1 と、ハイレゾ認証こそ受けていませんが、日本オーディオ協会の定義するハイレゾ基準を満たした 中華イヤフォンKZ ZAX を用いています。   ただ、タイトルの通り、 ハイレゾ認証を受けたイヤフォンは不要 と考えます。むしろイヤフォン(最近ではBluetoothイヤフォン)にまで ハイレゾ認証 を与える行為そのものが、この認証制度を眉唾モノにする危険な行為とさえ考えます。 なぜなら「イヤフォンにはハイレゾで期待する効果が得られない」と考えるためです。私が KZ ZAX を用いるのは純粋に安価で高性能なイヤフォンだと考えるためであり、ハイレゾ認証基準を参考にした為ではありません。 人間の可聴帯域を超えた音を鳴らすハイレゾの効果については賛否ありますが、ハイレゾ派が拠り所とする理論として用いられるものに「ハイパーソニック・エフェクト」があります。ハイレゾを語るには、この理論を理解する必要があると考えます。   大橋 力(おおはしつとむ)教授(現・国際科学振興財団情報環境研究所所長)らが長年研究をするハイパーソニック・エフェクトを簡潔に表すと「 超高周波を含む音による基幹脳の活性化とそれを起点にした波及効果 」。 音として人が耳で認識できる帯域を超えた高い音が与える影響に関するこの研究は、1994年の論文「可聴域上限をこえる高周波の生理的・心理的効果(ハイパーソニック・エフェクト)について」まで遡ります。 大橋教授らは2017年、これ迄の研究成果の集大成とも言える 著書「ハイパーソニック・エフェクト」(岩波書店) を出版、昨今のハイレゾ論争に大きな役割を果たします。   大橋教授は「山城祥二」名義で自ら主催する民族音楽を中心とした集団「 芸能山城組 」を率いています。アニメ映画「AKIRA」の音楽を担当した事で世界的な知名度を獲得した芸能山城組ですが、彼らがAKIRAの”前”に手がけたアルバム「 輪廻交響楽 」において、大橋教授はレコードLP盤とCD盤での音の違和感(CD盤の音に満足できなかった事)に科学者らしいアプローチを試みます。 大橋教授はLP盤