投稿

ラベル(DSC-F828)が付いた投稿を表示しています

デジカメ黎明戦記(6)〜未来カメラ、DSC-F828

イメージ
いまやミラーレスで国内シェア2位にまで成り上がったソニー(BCNランキング 2019年1月〜12月)。私は主にキヤノンを使っていますが、ニコン機やオリンパス機も、ほぼ違和感なく使えるのに対し、昨今のソニー機だけはどうしても操作メニューや体系が直感的に理解できません。   例えば、フィルムカメラ時代のミノルタα7000(1985年)で覚えた操作体系は、35年後のデジタルとなった現在でも、ほぼそのまま通用し、メーカーが異なるキヤノンであってもニコンであってもそれは同じで違和感はありません・・・が、ソニーに至っては、ヨドバシカメラで店員さんに教えて貰いながら操作するも「え?なんでこういう操作になるの?」と戸惑いばかり。   それはソニーが旧来から脈々と続く「カメラの在り方」を善しとしていないからなのでしょうが、昨今のソニーαに関してはメニュー体系などの操作が独自すぎて私には馴染めませんでした。   しかし、今回ご紹介するソニー「 DSC-F828 」は、旧来からの伝統的なカメラの操作体系を踏襲しながらも新しいソニーならではの提案があり、さらに外観シルエットは見たことも無い程に斬新というアプローチによるものでした。  【DSC-F828:基本スペック】   センサーサイズ:2/3型 CCD   画素数:810万画素   焦点距離:28〜200mm(35mm判換算)   絞り:f2.0〜f2.8   発売:2003年11月(税別160,000円) 私が購入したのは発売から4年以上経過した2008年3月、ほぼ新品に近い中古品。その年の秋に第1子となる長女が生まれることもあり、ケータイばかりで撮ってもいられないな、とデジタル一眼レフカメラの購入を検討。ちょうど当時はキヤノン「EOS Kiss X2」がリリースされ、デジタル一眼レフカメラが盛り上がってきていたタイミングでもありました。   ・・・ただ、モノグサな私はレンズ交換が億劫なので、ならば広角28mm〜望遠200mmまでをカバーでき、尚且つ明るさはf2.0〜f2.8という信じられないスペックな DSC-F828 を選ぶことになりました(フィルムカメラ時代はセンサーサイズなど気にしませんでしたが、デジカメにおいてセンサーサイズが如何に重要な要素か思い知らされた機体でもありました)。   こうした「1台で全部済ませてし