投稿

ラベル(ネオマイティフロッグ)が付いた投稿を表示しています

タミヤDT-03・マッドテレーンタイヤ装着 (V1.5)

イメージ
先般、試みた タミヤDT-03のフロント六角ハブ化 によりホイール装着の幅がグンと広がった為、CC-01などのクロスカントリー用ホイールとマッドテレーンタイヤを装着してみました。 【関連記事】タミヤDT-03・フロント六角ハブ化 (V1.4) タミヤの ラジコンカーDT-03 のフロント足回りを六角ハブ化しました。 タミヤ DT-03(2WDバギー車) のフロントに六角ハブなホイールを装着するため、アップライト一式を交換してみました。     大きくゴツいマッドテレーン(M/T)タイヤは迫力がありますね。 当該車両のDT-03は後輪駆動2WDなんで、本来ならフロント側は細身なタイヤ、リアは太いタイヤを装着するのが文脈的には正しく、今回のケースのように4輪ともゴツくて同じサイズ&太さのタイヤ装着は4WD車向けなのですが・・・カッコいいので良しとしましょう。 ちなみに実際に走らせてみると・・・元々アンダーステアなDT-03なので、これ迄はその解消に努めて来たわけですが、案の定かなりなアンダーステア傾向に逆戻りしてしまいました(苦笑)。   ・・・でも、まぁ、レースに出る訳じゃ無いし、そこらへんのダートや芝生を走らせる目的には十分に面白いので大満足です。〔了〕 #ラジコン関連の記事はコチラをクリック PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

タミヤDT-03・タイヤ交換 (V1.1)

イメージ
今回の記事は DT-03 のフロントタイヤ交換(V1.1化)に関する内容です(上記画像は交換前のノーマル状態)。 前回の記事 で、JS1(小1・当時6歳)な娘でも、ラジコン・タミヤ DT-03 なら(通常ならオーバーステア気味でコントロールの難しい2WDオフロード車であっても、徹底した強アンダーステアによる)驚異的な安定性により容易に操作できることをご紹介しました。   反面、強アンダーステアな為、アクセル開度の微調整を習得できていないJS1な娘には曲がりきれない場面が出てくるようになりました。 また、私自身が操縦する場面においても流石にこの強アンダーステアは扱いにくく、走行安定性を保ちながらも何とか改善できないものか・・・と思案いたところに、ラジコン仲間(というか師と仰ぐ)友人からメールが届きました。 友人いわく「 4WDオフロードRC用スクエアスパイクタイヤを前輪に履かせてみろ 」との事。 早速、Googleで検索してみると、どうやらこのタイヤ交換による強アンダーステア解消は DT-03 の前身である DT-02 (同じく強アンダーステアが特徴のシャシー)の頃からメジャーな方法らしい事が分かりました。 この改善方法は、 雑誌「RC WORLD」 に連載記事を持つ タミヤ営業課・前住諭(まえずみさとし・通称TRFサトシ)氏が記事内で紹介 し、試したユーザーらがネット上で絶賛していた方法のようです。早速、「 OPパーツ OP.88 6024・4駆前輪スクエアスパイクタイヤ 」を試してみることにしました。   DT-03は上記画像のように、後輪こそスクエアスパイクタイヤなものの、前輪は「 SP1207 2駆オフロードWグルーブドタイヤF 」なる控えめな溝が特徴の細いタイヤが付いているに過ぎません。 これを4輪ともスクエアスパイクに替えることで、フロントのオフロード路面への喰い付きを向上させ操舵性を改善するというものです。    通常、ホイールとタイヤはそれぞれサイズが適合しないと組み合わせられません。例えば、上記画像のフロントホイールは「 SP.1205 2WDアストラルディッシュホイールF 」というホイールで、適合サイズには「60/19」と表記があります。 これは↓下記のように、 このホイールは外径が60mmでリム幅が19mm

タミヤDT-03(ネオマイティフロッグ) 吊るし状態のV1.0、シェイクダウン

イメージ
2015年7月、6歳(小1)の娘用にタミヤ製2WDバギー「 ネオ・マイティフロッグ(以下、DT-03) 」を購入しました。 さすがに女の子なのでラジコンにはそれ程、興味は持って貰えないのですけれども「娘用」を理由に私が欲しかったのを買った感は否めません(苦笑)。   元々は更に遡ること1年程前の2014年春。上記画像のように友人が DT-03 を購入し「強アンダーステアで2WDなのに驚く程に安定している」と聞いて試しに走らせたのがきっかけでした。 どんなに乱暴な操作をしてもオフロードをカッ飛んで行く DT-03 に友人と「タミヤのシャシー技術は30年で此処まで進化したのか!」と驚いたものです。   娘には「英才教育」と称し(苦笑)、ピアノレッスン開始と並行して、幼稚園年少の3歳からラジコン操作を教え込みました。それより幼い時期だとラジコンの動作そのものを怖がってしまうものの、3歳くらいからは操作してみようと多少は試みるようになります。   娘に私の グラスホッパー (2WDオフロード車)を与えてはみるものの、ダート路面ではアクセル開度などの微妙な調整が難しい様子でスピンしてばかりで全く操作ができず、ラジコンに中々興味を持って貰えなかったので、強アンダーステアな DT-03 ならどうだろう?と試した次第。当時は娘が幼稚園の年長(6歳)になったときでした。 すると、6歳児の無謀な操縦(常にアクセル全開からの急なステアリング捌きetc)であってもDT-03は終止安定して快走を続けてくれます。これには娘も”操っている感”を覚え、とても興味を持ってくれました。 これだけ安定した走りの DT-03 なら幼い娘にプロポを渡しても安心して遊ばせることができます。   そうした確認プロセスを経て、私の グラスホッパー (奥)との良いカーチェイス相手になってくれると考え、友人に続き私も DT-03 購入と至ります。 しばらくは購入時のノーマル状態(V1.0)で問題なく遊んでいたのですが、程なく問題が顕在化します。「強アンダーステアで安定している」事は即ち「アンダーステアすぎて全然曲がらない」を意味します。 無謀な運転を繰り返していた娘も、徐々にコツを覚えてくると、この強アンダーステアが逆に「意図したところで曲がれない(=正確に