投稿

ラベル(オーディオ趣味)が付いた投稿を表示しています

PCM録音機としてのソニー「EV-S900」

イメージ
♪ 僕のあだ名を〜 知っているかい〜 ♪ ♪ EV-S900と 言うんだぜ〜 ♪ ♪ 製造終了から 早31年 ♪ ♪ ギヤ欠け破損にゃ 慣れたけど〜 ♪ ♪ やっぱり画質は 眠たいなぁ〜 ♪  山田太郎の「新聞少年」(1965 年) の替え歌といっても、もう通用しない古(いにしえ)のネタ。   上記の画像は古き良きSONYが1989年にリリースしたHi8規格のビデオデッキ「EV-S900」(当時の定価245,000円+税3%)です。Hi8は、いわゆる「8ミリビデオ」と呼ばれた規格の上位版で、VHSビデオで言うところのS-VHSに相当します。1989〜1991年3月までの約3年弱製造されました。   私が購入したのは製造終了から数年経た1993〜1994年頃。ビデオデッキとしては当時、既にVHS/S-VHSが市場シェアを制圧しており、S-VHS専用テープも安価な値段で出回っていました。そんな時に、わざわざ違う規格のHi8ビデオデッキを購入したのは、ビデオ用途では無く「オーディオ用途」が主たる理由でした。 8ミリビデオ規格には、デジタルマルチトラックPCMという機能がありました。サンプリング周波数31.5kHz・量子化数8ビットでPCM(=パルス符号変調。つまり、アナログ信号を時間軸に細かく区切ってデジタル化していく方式)録音ができます。。 さらにユニークな事に、8ミリテープ幅の全てをオーディオトラックとして用いる機能があり(=映像は無し)、この場合、左右2chの最大6トラックが使えました。つまり120分のテープをLPモード(2倍の長時間録画モード)で記録すると、120分×2倍×6トラック=計24時間もの長時間録音が出来た訳です。 結局、このデジタルマルチトラック方式は、ソニーのEV-S500(8ミリ)、EV-S600(8ミリ)、EV-S800(8ミリ)、EV-S900(Hi8)、東芝のE-800BS(Hi8)の僅か5機種でしか採用されなかった極めてマイナーな機能でした。高画質録画ができるHi8規格に限っていえば、僅か2機種という有様。   既にデジタル録音機として「DAT」がありましたが、本体価格もテープ価格も非常に高価であり、むしろ聴きたい楽曲すべてをCDで買い揃えた方が安上がり(!)とも言える状態でした。その為、DATと比較して8ミリビデオを用いたデジタル

まろやかな音色、YAMAHA NS-2。

イメージ
最近使っているスピーカーのお話し。我が家では室内数カ所にスピーカーを配置しており、たまに気分に応じローテーション的に配置替えをしています。 音色が最も美しいのは、ヤマハ「 NS-B330 」。解像度の高さと音色の美しさから私にはこれ以上のスペックのスピーカーは全く以て不要と感じる逸品です。 一方、近年気に入ってリビングで使っていたのがコスパモンスターなヤマハ「 NS-BP200 」。こちらを現在はテレワーク書斎に移動し、メリハリのある音をニアフィールドで奏でて貰う役割を担って貰うことになりました。 そして、NS-BP220に代わってリビングに鎮座したのが冒頭の画像にある超マイナーなヤマハ「 NS-2 」でした。   多くの皆さんにとって「NS-2」なるスピーカーは全く馴染みが無いと考えますので、今回はそんなマイナーなスピーカーのご紹介です。 ヤマハ「NS-2」は、1995年に発売された音楽鑑賞用スピーカーです。価格は2本セットで30,000円、現在の貨幣価値に換算して31,752円・・・そう、30年ちかく経っても殆ど貨幣価値が変わっていない日本は本当に異常ですね・・・。 とまれ、1995年と云えば年明け早々に「阪神淡路大震災」が発生した他、テロ事件の「地下鉄サリン事件」が起きたことで「日本の安全神話が崩壊した」と盛んに言われた年でした。まだバブルを引きずっていた90年代前半との大きな転換点となった時期でもあります。   そんな1995年に誕生したNS-2の特徴は、端的に云ってそのシックな(悪く言えば陰気臭い)外観にあります。 ヤマハのスピーカーはシンプルで美しいデザインが特徴ですが、このNS-2は、これまでのヤマハスピーカーのデザイン系統から少し外れた、渋みの強い暗めな外観を持ちます。ヤマハは前年の1994年に「 NS-5 」なるスピーカーをリリースしますが、このNS-5とデザイン傾向が似た、モダンとクラシックの両方を兼ね備えた独特な立ち位置になります。   ウーハー部分のコーン紙は、暗く燻んだ何処となく和紙のような表情の質感を持った見慣れない面持ちです。ツイーターも濁ったウズラ卵のような色をしており、こちらもまた実に陰気臭い。スピーカー全体が放つ暗い雰囲気は、この配色に依るところが大きいと感じます。   デザインを担当したのは日本の最大手デザイン事務所「 GK

音楽室のスピーカー

イメージ
授業参観で訪れた娘の小学校。音楽室のスピーカーに「 BOSE 301AVM 」が装着されていて驚いた事を覚えています。 音楽室のスピーカーといえばモニタースピーカー系のナチュラルでフラットなものが好まれる傾向があった為、BOSE 301AVMのように、暖色系で低音も豊富な厚みのある音色を奏でるスピーカーがチョイスされた事に違和感があったのです。   BOSEのスピーカー本体は樹脂製で、ケーブル端子等も素っ気ない粗雑なもの。まるで「筐体(エンクロージャー)に美しい木目を使ったり、端子が金メッキだったりは音色の良さに1mmも関係ないよ」と言わんばかりの。 また、その音色も原音忠実というよりは「こういう音色のほうが心地よく耳に響くでしょ?」と大胆に味付けされています。    そうした事もあり、原音忠実再生主義のピュアオーディオ信者からは嫌われるBOSEですが、私はその合理主義の塊りな正に”アメリカン気質”が大好きだったりします。 ・・・とは言え、音楽の授業で使われるのがBOSE、それも高域のツィーターが前向きと後ろ向きに装着された大胆すぎるアクロバティックな301AVMなのですから、このチョイスは少々「やり過ぎ」感は否めません(個人的には好きですが)。    「音楽室の定番スピーカー」がナニか?は世代によって多少変わるようですが、団塊ジュニア世代な私としては、やはりヤマハ製「 NS-1000M 」です。 私は小学校・中学校・高校といずれも(転校した先でも)音楽室のスピーカーといえば NS-1000M でした。1974年から1990年代後半まで製造されたロングセラーの名機で、いわゆる原音再生を主とした「モニタースピーカー」に類します。   専ら授業では1mmも興味のないクラシック音楽などを聴かされた訳ですが、私は子供ごころに「すごい大音量で綺麗に鳴るスピーカーだな」と思ったものでした。 中学の時は音楽教師が放課後に趣味のレコードをガンガン大音量で鳴らして聴かせてくれた(当時はスネークマンショー等、なかなか際どいネタのものを教室が「どうだ、これ面白いだろ」と集まった男子皆でニヤニヤと聴いた)ものです。昭和とは大らかな時代でした。   とまれ、40人クラスの教室で後席でもしっかり輪郭の掴める解像感の高い音色にエラく感激した私は、それ以来ヤマハのスピーカー

スピーカーを”漂白”

イメージ
愛用のヤマハ製NS-10MMT、書斎の卓上スピーカーとして重宝しています。 これまでも ウーハー部分のフルレンジ化をしてみたり 、エンクロージャー(スピーカー筐体)内に吸音材を入れてみたり、と遊んできましたが、経年劣化によりスピーカーコーンの黄ばみが目立ち始めました。 そこで、スピーカーコーン紙を"漂白"して眩い白さを取り戻すことにしました。私は非喫煙者で、スピーカー設置場所も日陰なのですが、それでも経年劣化でコーン紙の黄ばみ変色は避けられません。   ・・・と、本来であればBefore/Afterで黄ばみがどれだけ取れたかを紹介するのがセオリーですが、Beforeを撮り忘れてしまったので、作業後のAfter画像のみとなっている点、ご容赦ください。 どうです、冒頭の写真。純白のスピーカーコーンが眩いではありませんか!   さて、コーン紙の黄ばみリペアには大きく2つの方法があります。1つが「着色」(塗装)によるもの、そしてもう1つが「漂白」によるものです。 前者の「着色」は、色ムラが出たり、中央のセンタードーム(キャップ)部分の樹脂接着剤(黒色部分)に掛からないよう塗装するのが難しい等ありそうなので諦め、後者の「漂白」を選ぶことにしました。   ネット上には先人たちの様々なノウハウが掲載されていますが、概ね定番セオリーとしては以下の3点に集約されます。 ・ キッチンハイター 等の塩素系漂白剤を使う ・漂白剤は3倍希釈(=原液1に対し、水2を加える)する ・ハケで塗るとムラができるので”霧吹き”で何度も時間を置いて重ねて吹きかける   私の場合、もっと手っ取り早く作業したかったので・・・ ・ キッチンハイター 等の塩素系漂白剤を使う ・2倍希釈(原液1に対し、水1を加える)の濃さ ・ハケでガッツリ塗ってドライヤーで強制乾燥。乾いたら上塗りの繰り返し の方法で行いましたが・・・特段、問題は無いように思えます。 コーン紙が乾いたら二度目、三度目、、、と塗っていく事で手早く終えることができました。また、スピーカーユニットを取り外すのも面倒なので、エンクロージャーに装着したままハケで塗り塗りしていたのは、我ながら丁寧な仕事とは言えませんね(苦笑)。   注意点としては、塩素系漂白剤は非常に強力な漂白力がある点です。ハケで塗るときにほんの一滴でも液が服に

TRIO LS-3000 と KA-3300 の組み合わせ

イメージ
そういえば一時期、我が家に「TRIO(トリオ)」のオーディオ機器がありました。 ・・・ときに、皆さんTRIOなるオーディオブランドをご存知でしょうか。   「TRIO」は、現在の「JVCケンウッド」の前身にあたります。歴史を追うと、(有)春日無線電機商会 → TRIO → KENWOOD(ケンウッド) → JVCケンウッド という道のりになります。 ※もしかしたら、今どきの若者は「ケンウッド」すら認知していないかも知れませんね・・・   このTRIOが1975年に「SYSTEM Kライン」として(アンプやスピーカーがセットになった)システムコンポとしてリリースしたものに「SYSTEM K55」があります。   上記画像の左「SYSTEM K55」の構成は、 (1) KA-3300 ・・・ アンプ (2) KP-3000G ・・・ レコードプレイヤー (3) KT-3300 ・・・ AM/FMチューナー (4) LS-3000 ・・・ スピーカー の4構成となっております。 上記構成のうち(1)のアンプ KA-3300と(4)のスピーカー LS-3000を一時期使っていました。1990年か91年頃に、このTRIO LS-3000 と KA-3300 が"タダ同然"で入手できた為ではあるのですが。 もっとも当時で既に発売から15年を経ており、ガラクタ同然でした。実際、LS-3000 と KA-3300 を組み合わせてCDプレイヤーを接続して鳴らしてみるものの、眠たい音しか奏でてくれません。   一応、スピーカーのLS-3000はちゃんとパワーのあるアンプに繋いであげれば、ボコボコと低音が強く出る面白いスピーカーで、ロックを聴くには面白い(でも私はロック聴かないから、結局使わずに廃棄した)スピーカーでした。 LS-3000で印象深かったのはフロントのスピーカーネットがベルクロで留められていた点です。外す度にベリベリと貧素な音が出ました。 また、一見3Wayスピーカーのようですが実は一番下のがドロンコーン(=スピーカーの体は成しているものの、磁石やコイルは無く配線もされていない。でも付いていると音の伝わる能率が上がって低音域が増幅される働きをするアレ)だった、というのが最近になって分かりました(当時は3wayと思い込んでいたの

「Imagine(イマジン)SS-E10」という黒歴史

イメージ
この佇まいを見てどうお感じになるでしょう。暖かみと洗練さが調和した素晴らしいデザインだと思いませんか。・・・私もそう感じた事がありました。実際、買いましたもの。 この「Imagine(イマジン)」こと「SS-E10」は中々に”後味の悪さ”が残る、私にとってのオーディオ黒歴史でした。  「Imagine」はパナソニックが1990年11月に発売したオーディオ・システムの愛称です。いわゆるシステムコンポに近い形ですが、システムコンポがアンプやプレイヤーの他にスピーカーまでセット構成なのに対し、この構成は (1) SA-E10 ・・・ チューナー&アンプ (2) SL-E10 ・・・ CDプレイヤー (3) RS-E10 ・・・ テープデッキ の3点を基本とし、(1)〜(3)をまとめて「SS-E10」として「146,000円(税別)」で売られました。ただし、通常のシステムコンポと異なり、スピーカーは別売で上記写真のデザインを同一にした推奨スピーカーSB-MX30が存在します。 (4) SB-MX30  ・・・ 2wayスピーカー。1台24,000円(税別)×2本=48,000円(税別) つまり、上記写真にある組み合わせを一通り揃えるには、合計194,000円(税別。当時の消費税率3%で計算して税込199,820円)を要する、当時としてもかなり高価な高級機です。 また、これに追加される形で (5) SH-VE10 ・・・ ドルビープロロジックAVプロセッサ (税別 50,000円) (6) SV-E10  ・・・ DATデッキ (税別 116,000円) も発売されています。 (4)〜(6)は他のオーディオ機器(いわゆる単品コンポ)としても想定されているようですが、その統一されたデザイン(=他のコンポと似てない姿)から、この”Imagine”以外で組み合わせるのは((4)のスピーカーを除くと)考え難いです。 また、専用の横型な大型リモコン(今でいうiPad miniを横にした位の大きさ&5〜6倍分厚くしたようなリモコン)で一括制御でき、リモコンにある大きな液晶表示で遠く離れたImagineシステムを完全に制御できる優れものでした。   この「Imagine」はカタログ写真からして、実に優雅で落ち着きのある品格に満ちた、特別な感じのするオーディオ機器で憧れを抱きます

"好きな音"は、"良い音"だ。「リファレンスCD」の巻

イメージ
多趣味すぎて毎日が忙しい私ですが、中でも「オーディオ趣味」は古くから取り組んでいる趣味の一つです。 とはいえ、碌な再生環境を持っていませんが、昔から1つ心がけている事があります。それは「自分の好きな音」をちゃんと理解・認識する事です。 その理想とする音が目の前の機器で奏でられているか?を理解していれば、例え高価な機器で無くともオーディオ趣味は豊かになる、と考えるためです。   そんな好きな音を確認する際に用いるのが、いわゆる「リファレンスCD」と呼ばれるもの。皆さんは自分にとってのリファレンスCDはございますでしょうか。 リファレンスCDは、録音状態の良い市販CDの中から自分好みのCDを選べば良いだけなんですが、いつも同じCDの同じ楽曲を聴く事で、異なったオーディオ環境を"主観的"に比較できるツールとなります。 とは言え、どのCDが録音状態が良い(=名うてのレコーディング・エンジニアが手がけているか)を探すのは大変ですから、オーディオ雑誌などの情報が頼りになります。 尤も、私としては聴き慣れた好きな曲から選べば良いのかなと考えます。     私がリファレンス用としている1つがクレア・マーロ(Clair Marlo)の「 Too Close 」という曲。 2003年のリマスタリング版ですが、こんな感じの曲↓  クレア・マーロは日本じゃ無名ですが(・・・正直、私もあまり詳しく知らない)、ニューヨーク出身のネオ・クラシカル・ジャズの女性です。バークリー音楽大学卒の実力派で、伸びやかな歌声と雰囲気がとても好きな、心地よい楽曲です。 上記YouTube音源は「 IASCA(International Auto Sound Challenge Association=国際カーオーディオ競技会) 」が出している(まさに)リファレンス用CDとして、 録音状態の良い楽曲を掻き集めたCD集 から抜粋されています。   少し話が逸れますが、このクレア・マーロは音質への拘りがハンパないミュージシャンとしても知られています。 彼女は1989年に「 Sheffield Lab(シェフィールド・ラボ) 」レーベルから「 Let It Go 」というCDとLPレコードをリリースしますが、このSheffield Labは(1970年代オーディオ