投稿

12月, 2022の投稿を表示しています

気軽に買える”夢のレンズ”、TTArtisan 35mm F0.95

イメージ
中国・深圳にあるレンズメーカーTTArtisanのAPS-Cミラーレス用レンズ「 TTArtisan 35mm F0.95 」を購入してみました。 EOS Kiss M のEF-Mマウント用で僅か32,727円(税込)。 こうした遊びをキヤノン機でやる人は少ないのかも知れませんが(もっぱら富士フィルムのXシリーズでしょうが)EOS Kissに装着した佇まいも趣きがあって良い感じです。   F値が0.95というと、かつてキヤノンが出した通称「ドリームレンズ」(夢のレンズ)が思い出されます。このドリームレンズこと「Canon 50mm F0.95」は、1961年に当時の キヤノン7型 というレンジファインダー機用のレンズとして登場しました。60年以上経過した現在に於いても尚、中古相場20〜30万円と高値安定のレジェンドなレンズです。 もう1つ、F0.95の明るさを持つレンズとしては、ライカの ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH が有名ですね。こちらはライカMマウント用の現行モデルなレンズですが、そのお値段ナンと154万円也。・・・成程、F0.95というのは正にドリームな存在です。   さて、そんなドリームな世界のF0.95なる明るさを持つレンズが、僅か3万円チョイというのが新興中華レンズメーカーの面白いところ。ただし、このレンズはAPS-C機専用でフルサイズ機には対応していません。一般的にAPS-C専用レンズは小さく安価に作れますが、それにしてもF0.95が3万円チョイというのは穏やかではありませんね。   とまれ、さっそく撮影してみました。 冒頭の写真にあるように、EOS Kiss Mに装着しての撮影。キヤノン製APS-C機の場合、焦点距離は1.6倍になりますので、35mm × 1.6倍 = 換算56mm相当の画角となります。   (EOS Kiss Mにて換算56mm , F0.95 , 1/100 , ISO125) 絞り開放での撮影ですが、適度なシャープさがあると感じます。線も程よい細さで周辺減光も感じません。   (EOS Kiss Mにて換算56mm , F0.95 , 1/200 , ISO100) ピントも合わせやすく、体感的にはフルサイズ機でF1.4くらいのマニュアルレンズを使っている感覚です。  

インターネット黎明期の名作映画「サイバーネット」

イメージ
先日は インターネット前夜と言えるパソコン通信時代の話をしました が、本日の内容はインターネット黎明期を描いた1995年の 映画「サイバーネット」(原題「Hackers」) についてご紹介します。ご存じの方、おりますでしょうか。 この 映画「サイバーネット」 は日本未公開な映画ですが、ビデオでは出ていました。当時は雑誌「WIRED」等でも紹介されていた事もあり、レンタルビデオ店に新作で並んだ際に真っ先に借りて観た映画でした。   いわゆる低予算なB級映画ですが、聞いて驚け、主演は俳優ジョニー・リー・ミラーと女優アンジェリーナ・ジョリーという豪華さ! ジョニー・リー・ミラーは本作が映画初出演。翌1996年には 映画「トレインスポッティング」 にシック・ボーイ役を演じて一躍スターになりますし、アンジェリーナ・ジョリーにとっても映画初出演が本作であったりします。さらに共演がきっかけで2人は結婚までしている始末(すぐ離婚しましたが・・・)。   映画の内容は、11歳の天才ハッカー少年である通称「ゼロ・クール」。有罪判決をうけ、18歳の誕生日までコンピューターの操作が禁止された彼が高校生となり、青春とハッキングを謳歌する日々を描いた青春映画です。 当時は未だインターネットやハッカーという存在が一般的に正確な認知がされていない時代であるため、極力わかりやすく表現しようとしている努力の痕跡が伺えます(例えば、フィクションとノンフィクションをうまく掛け合わせた内容としていて「こんな事件を聞いたことある!」的な納得や理解に結びつけている点など)。 私は当時からハッカー事件等に興味を持ち、名著 「カッコウはコンピュータに卵を産む」(1991年) や 「ハッカーを追え!」(1993年) 等を読んでいたので、この映画の主人公ゼロ・クールが実在するロバート・T・モリス氏など著名なハッカーたちをモデルにしていた事がわかったのですが、多くに人にとっては「なんか、そんなニュースを聞いたことある」と漠然と記憶の片隅にある情報とリンクすることで、映画の中のストーリーにリアリティさを肉付けしているようでした。 ただ、ハッキングの手口は、映画の中でしか存在しないようなヘンテコなPC操作画面だったりして、いわゆる「 Things Computers Can Do In Movie

MOディスクに残る、インターネット前夜。

イメージ
先日、 MOディスクからデータをサルベージした話 を書きましたが、その中から1990年代前半の昔懐かしい「パソコン通信」(BBS)の通信ログが出てきました。 冒頭の画像はNIFTY-Serve(現ニフティ)の自動車レース情報フォーラムに飾られたクリスマスツリー(1995年12月)。 私はMacintoshを使っていたので正確には白地に黒文字だったのですが、昔の雰囲気を出すため敢えての白黒反転。等幅フォントを駆使して彩られたアスキーアートが懐かしいですね。   いまやSNS全盛期ですが、私は歳のせいか、どうにも馴染めません。お前がランチでどこのラーメン屋にいったとか、フルマラソンを何時間で完走したとか、そんな情報に1mmも興味ないのが正直なところ。   その点、パソコン通信時代は、そもそも画面越しに伝わるのは文字情報くらいであり、それ故、やり取りする相手に対しても想像と興味が湧いたものでした。 嗚呼、ネット老人会。〔了〕 PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。