AliExpressとの交渉では決して退いてはならない。

Onlineshopping auf AliExpress

(CC Photo by Marco Verch)

私は中国のネット通販「AliExpress」を頻繁に利用します。円安傾向により、以前のような為替によるお買い得感は無く、同じ商品なら国内のAmazon.co.jpで仕入れた方が安価な昨今ですが、それでも国内では入手できない、怪しいユニークな商品がAliExpressの魅力です。

ところが、上海をはじめとした中国主要各都市でのロックダウンが行われた2022年4月〜5月は中国側も混乱していたのか、頼んだ商品と仕様が異なるものが届いたり、そればかりか全く違うものが届くこともあります。

AliExpressは、Amazon.co.jpでいうところのマーケットプレイスの集合体みたいな形態で、商品の受け取り確認されるまで販売者への支払いが一旦保留されます。その為、多くの場合「届いた商品と違うんだけど」と証拠写真を撮って送りつけると、(まず期待できないが)業者側が非を認めて返金に応じるか、もしくはAliExpress側が仲裁に入って返金等の最終裁定が下されます。


先述のように、ここ最近に届いた品は連続で注文したものと違うものばかり。当然ながらクレームを入れる訳ですが、多くの場合、業者側は「まず返品しろ。そうしたら返金を検討する」と言ってきます。

ただ、日本から中国への送料はかなり掛かるので(&送料負担はコチラ側なので)、余程の事が無い限り返品は割に合いません(返品したからと言って業者側が非を認める訳ではありません)。

なので、返品はせずに、返金だけを要求するのですが、その際に証拠として運送伝票や梱包状態、届いた商品などを撮影してアップロードする必要があります。敵もたいしたもので、まったく違う商品の場合でも平気で業者側は「これのどこに問題があるの?」と回答してきます。厚顔無恥というか何というか・・・。

以下は、↓今回の返金要求で最も難儀したケースのやりとり。


ボカしていますが左の黄色が私の送ったメッセージ、右の水色が出品業者側の返信。これ以外に仲介するAliExpressからのメールでの返信もあります。・・・ご覧のように、延々とやり取りしていました・・・。

普通に見たら、クレーマーのような状態ですが、なにせカメラ用品を頼んで届いたのがブレスレットでしたから(苦笑)、これくらい文句を言うのは当然です。

そして、ご覧いただいて分かるように、仲裁に入ったAliExpress側(大抵は正当な判断をしてくれる)が二度に渡り返金拒否の裁定を出しています。拒否の理由が合理的でなかった為、それを理詰めで(というか、ブレスレットとカメラ用品は全然違うだろ!日本から返品して欲しいなら送料はそっちが負担せよ!という趣旨を延々と書いている訳ですが)、実に半月に渡ってやり取りしました。その結果・・・



ようやくRefund(返金)が成立しました・・・現在、返金処理中。

最近は機械翻訳の精度が上がったので、かなり楽になりましたが、やり取りが全て英語なのが実に厄介で面倒。

ともあれ、AliExpressで買い物をされる方は、交渉においては決して退いてはならない、と考えます。

・・・さて、無事に返金もされるし、AliExpressで次は何を買おうかな(懲りてない)。〔了〕


コメント