人生の宿題、 28mm未満のパースペクティブ

Cross over point.

カメラの「広角レンズ」と言って真っ先に思い浮かべる焦点距離は何mmでしょうか。私の”感覚値”では、概ね「28mm」が広角レンズの中心軸という印象を持っています。

 

Leica Elmarit 28 f2.8

(Photo by Phùng Chí Hiếu : Flickr

そんな「28mm」の世界で高名な”銘玉”が3つあると考えます。その筆頭は言わずもがな「ライカ・エルマリート(ELMARIT) 28mm/F2.8」(税込¥280,800)。1965年に初代がリリースされて以来、小変更はありつつも基本的に変わらず、現在でも売られている驚きのロングセラーです。

 

Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28mm

(Photo by ebelbeb : Flickr)

もう1つは「カールツァイス(Carl Zeiss) ビオゴン(Biogon) T* F2.8/28mm ZM」(上記写真はCONTAX時代のビオゴン 2.8/28 T*)。艶やかな描画は今なお高く支持されていますよね。

 

Ricoh GR1

そして最後はコンパクトカメラの「リコー・GR1」(1996年)。28mmという広角の写す世界は、街中のスナップ撮影に最適解のひとつなようです。

 

PowerShot G1X + Canon vintage lens cap.

私は長年、キヤノン「PowerShot G11」と「PowerShot G1X」というコンパクトデジカメを愛用していますが、これらの共通点に広角端が28mm相当で、気軽に収まりの良い写真が撮れると感じています。

  

LUMIX LX9.

一方、パナソニック「DMC-LX9」というコンパクトデジカメも持っていますが、こちらは広角端が24mmと、若干ですが更に広角になっています。また、一眼カメラ用にはキヤノンの交換レンズ「EF24-70mm F2.8L II USM」という広角端24mmを持つレンズも愛用しています。

  

28mmと24mm。・・・僅かな違いではありますが、私にはどうにも24mmは収まり悪く、長年使っても未だしっくりと来ていません。24mmで撮る度に内省を繰り返すものの、どうにも私は28mmよりも短い焦点距離に苦手意識があるようです。

写真家・田中長徳氏は「21mmや24mmは(中略)一歩間違えると、カッコつけた写真になる。その点、28mmは広いけどナチュラル」と語っていたのは印象的。

 

Bakery Atelier SAKIMOTO.

EF24-70mm F2.8L II USM 広角端24mmでは16:9で撮影)

苦肉の策、昨今では24mmなど広角側の撮影時にはアスペクト比16:9を多用し、撮影範囲を幾分か狭める事で“収まりの悪さへの逃げ”を打つようになりました。 

かくして人生の宿題に、28mm未満のパースペクティブ克服が加わった訳です。〔了〕


コメント

  1. With injection molding, the machine mixes and prepares the fabric to fabricate the product immediately; in switch molding, it is needed to organize the fabric before inserting it within the pot. This increases the time of the processing and, consequently, the production prices. The injection molding manufacturing course of is a very common bulk manufacturing methodology due to of} its repeatability, reliability, and comparatively best underwear for travel low cycle time. However, like all design or manufacturing course of, it’s not without potential pitfalls.

    返信削除

コメントを投稿