投稿

12月, 2021の投稿を表示しています

4K撮影用に、いまさらEOS Kiss Mを購入した話

イメージ
今更ですが、キヤノンのミラーレス一眼 「EOS Kiss M」(ボディのみ) を購入しました。購入理由は、4K動画を手軽に撮影できるカメラが欲しかった為です。   これまで娘のピアノ発表会など4K動画を撮影する際は、Panasonicの4Kビデオカメラ「 HC-WX1M 」と同じくPanasonicの高級コンパクトデジカメ「 LUMIX LX9 」を用いていました。 しかし、これらカメラはメニューまわりの操作性が悪く、設定変更に難儀したり、肝心なときに限って録画データの記録に失敗する(SDカードの認識が途中で外れて記録されない)、なぜか音声トラックが記録されていない、等の不安定さが原因で使わなくなりました。   そこで、これまで製品の品質にまったく不安を感じたことのないキヤノン製に変更することを決意します。本当は愛用するEOS Rを追加で更に購入する事や、弟分のEOS RP等を検討したのですが・・・予算の都合で EOS Kiss M となりました。予算半額に抑えられますからね。この差は大きい。 これでようやく安定した4K撮影環境が手に入りました。今後はEOS Kiss Mを動画用途で主に用い、たまにお散歩カメラとしてもスナップ用途で活用していきたく考えます。 さてこの EOS Kiss M 、購入したのは1ヶ月程前になります。2018年3月リリースのモデルである為、既に店頭販売在庫のみの状況。価格.comの情報によると 新製品発売時の最安値が71,246円に対し、2021年12月現在の最安値が61,800円 と発売から3年9ヶ月経過しても尚、値下がり率が僅か-13%。とても値段が安定した商品です。   既に後継機の「 EOS Kiss M2 」も2020年11月に発売済みで、MとM2の価格差は13,000円程しかありません。 両機種を主なスペックで比較すると↓ 上記のように2年半以上のブランクがありながら、 主要な違いは瞳AFの性能向上とC-RAW対応に留まる感じ です。ここに13,000円の差を感じられるかどうか。私の場合、瞳AFはメイン機EOS Rでも常にオフにしている程ですし、C-RAWで撮ったこともありませんので、少しでも安価なMを選びました。   差額13,000円で、マウントアダプターを買うことに。購入したの