かんすぴ盆栽日記 〜 スピーカーユニット交換編(V5.0)

Full Range frequency Speaker 3inch unit with aluminum bullet head kapton Cone.

かれこれ5回目となる「かんすぴ盆栽日記」。FOSTEXの出すDIYスピーカーキット「かんすぴ」を少しずつ弄っていこう、という試みですが、いよいよスピーカーのユニット自体の交換に着手することになりました。

 

Speaker Insulator.

現状は、FOSTEXの8cmフルレンジのスピーカーユニット「P800K」(ペアで税別2,600円/2012年当時)を装着。値段を考えると素晴らしい音色なのですが、ここ数年、私が主に好んで聴くネオクラシック系のピアノ曲とかを聴くと、やや澄んだような高域というか、音の解像感や分離に不満が出てきました。

同じFOSTEXの8cm径でグレードアップしようとすると、2021年現在の価格では共に「FF85WK」(ペアで税別10,000円)、「FE83NV」(ペアで税別10,400円)と一気に4倍の価格。簡素なエンクロージャに、やや不釣り合いな感もします。

 

もう少し手頃な価格では、音工房Zが出すフルレンジ「Z-Modena MK2」(ペアで税別6,000円チョイ)や、そのOEM元となった台湾Tangband社製スピーカーユニットも中価格帯で興味深いのですが、こういう安牌な感じよりも、より"怪しい"中華製ユニットに惹かれてしまう性分です(苦笑)。

 

購入したのは、冒頭の写真にある、中華メーカーSOUNDERLINK社製「3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head」というユニット。AliExpressで送料込み約3,600円(ペア)。メーカーのスペック表を信じるなら、砲弾形金属ディフューザの効果で高域の指向特性が向上している(ように)見えますが、果たして。

AliExpress.com Product - 2PCS/LOT Sounderlink 3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head kapton Cone 

届いた商品を見るとSOUNDERLINK製のを買ったのですが、SOUNDHITSのブランド名が付けられた商品でした(苦笑)。AliExpressを見る限り、「SOUNDERLINK」と「SOUNDHITS」、そして「AIYIMA」の3社が出している良く似た商品たちは、結局どれも同じ何処かの中華メーカーが作成したOEMなのでしょうねぇ。

Full Range frequency Speaker 3inch unit with aluminum bullet head kapton Cone.

 

早速かんすぴのエンクロージャ「P800-E」に装着しようとしたところ、、、元々装着していたスピーカーユニット「P800K」のネジ穴と微妙に近接した箇所にネジ止めせねばならず、ネジを締めていくと両方のネジ穴が結合されそうな薄皮一枚で隔たれたような状態に。これは元々の穴を埋めてやらねばなりませんね・・・

 

という訳で次回は、木工パテで元々のネジ穴を埋める作業となりました。(まだまだつづく

コメント