投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

FL50mm F1.4 II、半世紀を経た描画力

イメージ
最近、我が家にある古のキヤノンレンズをご紹介していますが、FL50mm F1.4 IIの描画力を改めてじっくり検証してみました。 結論から申し上げると、半世紀前のレンズと現代のレンズを比較し、それ程に決定的な差が無い事を実感しました。むしろ最新のデジタルカメラと組み合わせることでレンズ本来のポテンシャルを最大化できると考えます。 尤も、感覚的なモノサシになるので個人差はあるでしょうが、レンズ性能を絶対的/相対的に測る行為そのものが、間違っているのかも知れない、という感覚になる為です。 と言うのも、数値的に測定可能な性能を通じ写真として記録される「描写力」に我々は感動するのでは無く、そのレンズを通して描かれる「描画力」、いわばレンズ自身の表現力に心を揺さぶられる為と考える訳です。   そうした視点からFL50mm F1.4 II(1968年発売)を見て行きましょう。FL50mm F1.4 IIの基本性能として、f4.0〜5.6辺りからイイ感じになってきます。周辺減光はf4.0で気にならない程度に、f5.6からほぼ完全に消える印象です。解像感もf4.0辺りでキレイになり、f5.6では四隅もイイ感じに解像感が上がってくる感じです。 こうした特性のレンズ故に、今回はf4.0で描画力を検証する事にしました。   FL50mm F1.4 IIにて、絞り値f4.0で撮影しています。全体的に端正な描画で、歪みも感じられません。   続いて EF50mm F1.8 II という1990年発売のレンズ。定価12,960円という激安レンズですが、きっちり描画してくれます(尚、カメラボディはEOS Rを使用したので EF50mm F1.8 II ではDLO補正が掛かっています)。 【関連記事】EOS Rのカメラ内レンズ光学補正で、古のレンズが蘇る ネット界隈では先日発売された「RF 50mm f1.8」の話題で盛り上がっていますが、敢えてEF 50mm、それも2世代前の「 EF 50mm  f1.8II 」について今更過ぎるのですが語らせて下さい。 少し前から使い始めた EOS R 。 正直、長年使ってきた一眼レ...   先述のFL50mm F1.4 IIと比較して、解像感が更に向上しているのが分かりますが、だからと言ってFL50m

偽Lレンズ

イメージ
世界で最も成功したブランドのひとつにメルセデス・ベンツが好事例としてよく挙げられます。ブランドにおいて、大切となる「認知」において、幼稚園児でも分かる単純化されたスリーポインデッドスターと呼ばれる星の3本マークこそメルセデス最大の発明と言えるのでしょうね。   同様にカメラ趣味世界でも分かりやすい認知戦略で知られるのが私も愛用するキヤノンです。残念ながらメルセデス程には万人に浸透こそしていないものの、カメラ趣味世界では「赤鉢巻」「白レンズ」といった一目で分かるラグジュアリーラインの存在感とアピール戦略は競合他社に比較してアタマひとつ差を付けていると感じます。   「赤鉢巻」とはキヤノンの高級レンズ群「 Lレンズ 」(Lはラグジュアリーの意)にのみ付けられたレンズの先端部分に付けられた赤いリング。初代Lレンズは1978年リリース「FD300mm F4L」。商品名の「L」文字とレンズ前側の「赤鉢巻」はここからスタートします。 私自身、所有するLレンズは「 EF24-70mm F2.8L II 」のみですが、遠目にも分かりやすいLレンズの証たる赤鉢巻を他の一般レンズにも付けて気分を盛り上げよう(?)という試みです。 用意したのは1973年リリースの「FD 135mm f3.5 S.C.(I)」と、100円ショップDAISOで売られている赤いビニールテープ。 実際のLレンズの赤鉢巻幅に合わせて1.0mm幅程にするとリアルなのでしょうが、私はあまり気にせずレンズ側の貼り付けられそうな場所の太さに合わせてカットしました。 こんな感じに仕上がりました。「FD 135mm f3.5L」とでも名付けましょうか(苦笑)。ホンモノと比較すると赤鉢巻のラインが太くて(x1.5倍位)違和感ありますが、1970年代の厚ぼったいデザインに合っているので悪くないかな、と。 実際のLレンズは前述のように1978年の「FD300mm F4L」からなので、この年代に赤鉢巻Lレンズはあり得ないのですが、それも含めてジョークという事でご査収下さい。   調子に乗って愛用のコンデジ「 PowerShot G1X 」にも赤鉢巻ラインを入れてみました(苦笑)。ちょっと気持ち太かったかな? 実はPowershotにも、かつて「 PowerShot Pro1

不慣れな距離感、135mm

イメージ
FD 135mm f3.5 S.C.(I)は、キヤノンが1973年に発売したFDマウントの単焦点望遠レンズです。「S.C.」とは「スペクトラ・コーティング」の略で、色調を整える為の多層膜コーティングを行なっている事を意味します。 気になるのは続く「(I)」という表記。いわゆる「I型」と呼ばれるものですが、わざわざI型と表記するという事はII型があるのかと調べて見ると、同じFD135mmだけで3種類、NewFDも含めると4種類、さらにf3.5の他にf2.0、f2.5、f2.8もあって、どんだけ135mmが好きなんだよ、と言う状態。    正直、昨今の感覚で言えば135mmはマイナーな焦点距離。なぜこんなにも数多く存在するのか疑問に思っていたのですが、フィルムカメラの時代には、135mmという焦点距離が人気のボリュームゾーンのひとつだったようですね。 当時を代表する135mmと言えば、「Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm f3.5」というM42マウントの銘玉がありますが、各社様々な135mmを競ってリリースしていたようです。 今となってはキヤノンも現行モデルでは「 EF135mm F2L USM 」の1本しか出ておらず、しかも1996年のリリースから約25年もモデルチェンジしていません。理由は様々あるのでしょうが、昨今では70-200mmあたりの高性能な望遠ズームレンズが一般的になった為、135mmというちょうどその中間にあたる焦点距離を敢えて単焦点で持つ理由が薄いものと考えます。   さて、そんな不慣れな焦点距離のFD135mm f3.5 S.C.(I)を、EOS Rにマウントアダプターを介して装着し、撮り遊んでみました。   (f3.5 , 1/80 , ISO2000) オートフォーカスの恩恵に慣れきった体には、ピント合わせが実に難儀に感じます。 EOS Rはオールドレンズに不向きなカメラボディと言われますが、それはカメラボディ内に手ブレ補正が無いためで、他にもフォーカスガイド機能が電子接点の無いオールドレンズ用マウントアダプターでは使えません。 電子接点付きのマウントアダプターを使えば良いのでしょうが、FDマウントとEOS RのRFマウントを変換するマウントアダプターには電子接点付きがありません

見過ごせない、マウントアダプター補正レンズの影響

イメージ
オールドレンズを現在のデジカメで使おうとした際に、マウントアダプターの一部にはフランジバック(Flange Focal Length:レンズマウント面から映像素子までの距離)の違いを補う為に、マウントアダプター内に補正レンズが入っているものがあります。 具体的には、キヤノンの古いFDレンズを、現在の一眼レフカメラEOSに装着しようとする際に用いるマウントアダプターに見られます。   ・・・結論から言うと、 マウントアダプター内の補正レンズは「論外」というレベルに影響度が大きい ことが分かります。 補正レンズにより、装着するレンズの持つ特性を大きく歪め性能を低下させます。また、補正レンズの影響で画角も約1.32倍になってしまいました(このあたりマウントアダプター仕様では、レンズ本来の画角が使えるように補正レンズが作用してくれる事になっていたのですが、実測では約1.32倍の画角になっている始末・・・)。   こうした点は、これまで体感的には理解できていたのですが、改めて検証してみると想像以上に補正レンズの悪影響があることが分かったので備忘録として記事にしました。   用いたマウントアダプターは2012年にヨドバシカメラで8,400円で購入した中国Kipon社製「FD-EOSマウントアダプター」。Kipon社はマウントアダプターでは、そこそこメジャーな存在なので、如何わしいアダプターを使っている訳では無いのかな、と考えます。  検証に用いたカメラボディはミラーレス機「EOS R」。冒頭の写真にあるように一旦、EFマウントに変換するアダプターを介してKipon社製「FD-EOSマウントアダプター」を装着し、一眼レフカメラのEFマウント機で撮影した時と同じような状態にします。   では、実際の撮影画像で検証していきましょう。   上記は、FL50mm f1.4 IIの絞り開放で撮影したもの。滲みがとても出ています。これを味と捉えるかは別ですが、この滲みはレンズの特性によるものでは無く、マウントアダプター内の補正レンズによるもの。解像感も大きく低下しています。   1段絞ってf2.0に設定。滲みはかなり解消されましたが、まだ薄っすらとモヤが掛かった感があります。あわせて解像感も鈍く、ピントが合っているのか分かり難いです。