投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

電源の入らない、電動キックボードの再起動装置

イメージ
先進国各地で電動キックボードが盛況です。主に都市部それも観光地を中心に近距離の移動手段としてシェア活用されているのはご存知と思います。我が家では「キントーンα」という車輌を2018年に購入。国内では割とアーリーアダプターに属する方でしょうか。勿論、公道走行は出来ませんが、将来的な規制緩和も期待して(そして何より面白そうなので)購入してみました。(その辺りの顛末は下記記事を参照下さい)
【関連記事】電動キックボードはラスト・マイル・ビークルの夢を見るか:PelicanLovers.com
電動キックボード(電動キックスケーター)を購入しました。非常に楽しい乗り物ですが、実際に利用してみて分かる様々なメリット/デメリットをご紹介したいと考え、記事にしてみた次第です。


しかし、僅か累積走行距離30km程でアッサリ故障となり、残念ながら39,800円という購入価格には見合わない商品でした(販売元と交渉したのですが補償対象には成らず)。故障の症状はバッテリー残量が十分にあっても突然電源が切れて制御システムがダウン。そして厄介なのは、再起動は電源ケーブルを繋いで一旦、通電する必要があるという点。つまり電源の無い出先で不具合に遭遇するとリカバリー不能となります。
電動キックボードの修理に詳しい某氏に問い合わせたところ、このキントーンαはECU(動力コントロールユニット)部分の故障が多いようです(実際、ネット上で不動品ジャンク扱いで売られれている品の多くがECUの故障もしくはバッテリー不良との事)。
ECU単体パーツは中華圏のネット通販で入手可能ですが(相応に値段がするのと適合確認は自己責任のため不適合のリスクあり)、ごく簡単に再起動を可能にする方法として、電源ケーブルに差し込んだ状態を模したユニット=を作成してみました。

用いたのは昇降圧コンバータの基盤で、Amazonにて1,300円弱。これにDCコネクター(外径5.5mm/内径2.1mm)と、電池を装着し、9V電池からの直流電源を電動キックボードが必要とする電源である29.4V、2.0Aまで昇圧する事で電源ケーブルを接続したように認識させるというモノ。あくまで自己責任ですが、バッテリー残量が十分あるにも関わらず、不意なシステムダウンが発生し、且つ電源ケーブルを接続して通電しないと再起動できない事象が生じた際には、一定程度の有効性がある…

テクノと弾丸列車の親和性

イメージ
英国のテクノ&エレクトロニック音楽ユニット、ケミカル・ブラザーズ。彼らの楽曲「Star Guitar」(2002年)で使われたPVは、フランス南部の都市ニームから東部のヴァランス迄を走る電車の車窓を只管に映すという独特なもので、当時とても話題になったのを覚えています。

PVを観ると、楽曲と車窓の風景が徐々にシンクロしていき、不思議な感覚になります。初見こそ簡単な手抜き映像と思ったのですが、何度も観ていくうちに、緻密に計算された編集であることに気付かされます。実際、後日談として光の具合を調整するために計10回も撮ったと聞いた時には唸ってしまいました。

先日、久しぶりに新幹線に乗る機会がありました。札幌に住んでいると新幹線は縁遠く、実際私が新幹線に(一駅だけとかでは無く)ちゃんと乗ったのは僅か3年前で、通算でも未だ片手程しか乗車経験がありません。そんな新幹線で移動中にいつも感じることが2つあります。

1つは新幹線という「ネーミング」。1930年代に端を発する次世代の高速鉄道網としてスタートした計画は、当時一般には「弾丸列車」と呼ばれていました。まさに弾丸の如く突き進む高速鉄道をイメージしたネーミングですが、戦況の悪化で計画は頓挫。戦後に「新幹線」として実現に至る訳ですが、空気抵抗を切り裂いて高速に突き進む姿はまさに「弾丸列車」の名こそ相応しいと感じます。

2つ目に感じることは、テクノやエレクトロ音楽との相性の良さ。足元でゴーッと響く線路と車輪の硬質な音や振動はインダストリアル感と緻密感が合間って、さながらウーハーのように身体に響いてきて心地良さを倍増してくれます。

冒頭で紹介したケミカル・ブラザーズの映像は、90年代後半に少しだけ一般にも普及したDVビデオカメラで撮影されたとの事。昨今のスマホ等、電子シャッターしか搭載されていないカメラで撮影するとローリング現象で風景が歪んでしまい、PVのようには撮れない点に注意ですね。〔了〕
PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

テレワーク後のマジックアワー

イメージ
あの東日本大震災という未曾有の大惨事を経ても尚、殆ど変化を見せなかった日本の社会システムが、新型コロナの影響で大きく変わろうとしています。
その一つが「テレワーク」なる在宅勤務を軸とした新しい働き方。私自身、新型コロナ感染拡大を受けて3月下旬からテレワークを軸とした勤務に。満員電車で出勤という誰得モーニングルーチン強制から解放されたのは大きなメリットである反面、在宅時間が長くなる事での運動不足が深刻になりつつあります・・・



評論家・勝間和代氏は「一万歩/日を歩く」事のメリットを実体験を元に唱えています。
(一万歩の効果を疑問視する意見も多々ありますが)私も勝間氏に同感で、実体験を元に一万歩/日を信奉。緊急事態宣言下で歩数を伸ばせなかった分を取り返すように日々、歩き続けています。
私は2017年にギックリ腰をしてから、可能な限り一万歩/日を歩くよう意識しウォーキングを始めたところ、腰痛軽減は勿論、肩こりも軽減された他、歩いている時は精神的にも安定した状態になり、その効果を感じています。


しかし前述のテレワーク以降は外出機会も無く、1,200歩/日くらいしか歩かないようになると途端に体力低下を感じるようになりました。
とは言え、感染拡大が続く中では積極的に外出する気にもなれずにダラダラ過ごしていたのですが、6月以降は陽の時間も長くなり、テレワーク後にウォーキングがてら近所を歩くと所謂マジックアワー効果で見慣れた風景も夕陽に照らされ美しく輝きます。


こうしてマジックアワー目当てで億劫な外出もヤル気が出てウォーキングしていたのですが、私の住む札幌では9月に入ると途端に陽が落ちるのが早くなり、テレワーク業務の終了後にはすっかり真っ暗で肌寒くも感じます。嗚呼、暗く寒く長い夜の続く時期になったか、、、と陰鬱な気持ちになりつつ、一万歩の維持がいつまで出来るか奮闘続ける秋の夜長です。〔了〕

PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

ライティングの道は一日にして成らず

イメージ
映画監督・黒澤明氏、いわずもがな海外でもその名を轟かす数少ない日本人の一人であります。中でも代表作「羅生門」では白黒フィルムにおいて強烈なコントラストを再現し、観る者に強烈な印象を与えます。

そんな黒澤監督が要求する映像美を実現させたのが、世界に名だたる映画カメラマン・宮川一夫氏。カメラ特性を知り尽くし、光を自在に操る計算され尽くした神業カメラワークがあってこその黒澤作品である訳です。


斯様に映像であれ写真であれ、焼き付ける「光の量」をコントロールする事が如何に重要で難しいか。レンズやカメラ本体をアレコレと買い換えるより、ライティングの術を身に付けた方が質の高い作品づくりに直接作用するとも言えます。

写真表現でのライティングでよく用いられるのが「ストロボ」(スピードライト)ですが、此れこそ身近にありながら極めて難易度の高い悩ましい装着。昨今は、Covid-19の影響から、人の少ない場所を好んで訪れるようになった事から(人の多い場所での使用が憚られる)ストロボ活用練習に挑戦しています。

冒頭の写真(SS 1/100、f5.6、ISO640)は日中シンクロによる撮影。太陽の光が眩しい奥側に対して、次女の立つ木陰とリゾートハットの影響で顔が暗くなるのをストロボが持ち上げてくれました。



ストロボ撮影ではタイミングを合わせる事が苦手で、続くカットでは不意を打たれたようなポーズとなってしまいました(SS 1/100、f5.6、ISO640)。



続いてはハイスピードシンクロ撮影。炎天下、突き刺さるような強い日差しを逆光気味にフラッシュ撮影(SS 1/2000、f5.6、ISO400)。

表情は明るく、瞳にキャッチライトも入れたものの、次女のスニーカーの反射板や遊具の鉄柱まで煌々と光ってしまう等、中々上手くは行かないものです。


個人的に「夏休みの課題」に掲げて試行錯誤を繰り返したフラッシュ撮影ですが、思うような成果は上げられず、未だ課題が解けていない劣等生状態。・・・まさにライティングの道は一日にして成らず、ですね。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

写真におけるAI脅威論は未だ遠い

イメージ
1984年に公開され大ヒットとなったSF映画「ターミネーター」。映画では軍用コンピュータのAI(人口知能)が自我を持ち、これに恐怖した人間が機能停止を試みたところ、AIへの攻撃と見做されてAI側が核戦争を仕掛けるところから物語は始まります。


折しも前年、自動で攻撃判断を行うイージスシステムが米海軍に配備が開始された事からも、AIの攻撃に不気味なリアリティを感じる時代感でもあったのかも知れません。

こうしたAIが人類に牙をむく「AI驚異論」は形を変えつつも現在に至る迄、脈々と続いており、AI化の波は「写真表現」の分野にまで侵食を始めています。

顕著なところではスマホ搭載カメラ。近年、AIによる画質向上を謳う機種が出てますが、基本的にはカメラ側が被写体に最適な露出やカラーバランス等を調整するもので、今後はスマホのみならずミラーレス一眼カメラ等への拡大も予想されます(ただ、これをAIと呼ぶべきか単なるアルゴリズムと呼ぶべきか悩ましい所ではありますが)。

数年後、AIが最適化した写真だらけになった時、それは「真」を「写す」と言えるのか議論を呼ぶかも知れません・・・が、現況を見る限り人類が脅威に感じるには未だ程遠い印象です。



先日、仕事の関係で室内インタビュー撮影を行った際、ストロボCanon 470EX-AIを用いたところ「そのストロボは何故自動でクルクルと回転するの?」と興味を持たれました。470EX-AIは、被写体との距離と天井までの距離を計測し、自動で最適なバウンス角度を定めてくれる便利なストロボです。

バウンス角度はある程度の撮影経験があれば体感的に判断できる事から本製品は「向上心の無い怠惰な初心者向け」の意で揶揄されがちですが、「この位で大丈夫かなぁ?」という自信に欠けた不安心理を払拭し、最適解となる基準例を提示してくれる意味で私は470EX-AIを重宝しています。


そんな470EX-AI、自動で最適解を判断してくれる事から商品名の「AI」は人工知能を意味すると思っていたら&人工知能の侵食はここまで来たかと感慨深く思っていたら、商品紹介ページに小さく注記アリ、正しくは「Auto Intelligent」(自動制御)との事。これを人工知能と読み取るのは、あくまでミスリードな訳でありまして・・・

当面はAIによる写真表現への侵食は無さそうで安心な反面、私のような下…

気になり出すと止まらない、レンズ歪曲補正

イメージ
「Unforgiven」(アンフォギヴン)という英単語があります。 「forgive」(許す)の過去分詞形forgivenに接頭辞 Unが付いて打ち消す表現になっているUnforgivenは「許されていない」状態を表します。この単語をそのまま タイトルに関したのが、クリント・イーストウッド氏の監督映画「Unforgiven」(1992年:邦題「許されざる者」)。  誰しも「許されざる者」(物)はあると思いますが、カメラを手にした時の私にとってそれは「歪曲収差」に他なりません。上記動画での比較でも、正直どれ位の明確な差があるか微妙な程のレンズ補正ですが、私にはこれが 気になって気になって仕方がないのです(苦笑)。


上記写真(上段Before/下段After)はカメラ本体Canon EOS Kiss X7(2013年製、APS-C、約1790万画素)に、レンズCanon EF 24-70mm f2.8L II(2012年発売)を装着して撮影しています。
撮影データは焦点距離41mm、絞りf2.8、シャッター速度1/160、感度ISO100という状況で、これを単純に35mm判換算すると、焦点距離65mm相当&絞りf4.0相当と言えるでしょうか。
カメラも上記モデルであれば撮影時にレンズデータから自動補正してくれますが、この撮影時に使ったEOS Kiss X7は入門機なのでレンズ光学補正は周辺光量補正と色収差補正の2つしか搭載されていませんので、撮影後にソフトウェア側で補正を行いました。 この時に用いたレンズの焦点距離では、顕著な差は見られませんでしたが、それでもレンズの歪みは心の歪みを写す合わせ鏡のような存在と感じており、無性に補正せずにはいられなくなります(苦笑)。 さて、冒頭で紹介した映画「許されざるもの」の監督クリント・イーストウッド氏が手がける映画のテーマには単純な善悪で判断できない物事の深さを扱ったものが多く存在します。
同様に写真も単純に善悪が判断できない世界であり、時には歪曲収差さえレンズの持つ特性や味といった表現の1つである点も事実。写真趣味はかくも奥の深い愉しみが広がる世界である訳ですね。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系…

キャリーケースを引くと旅行者に思われる厄介さ

イメージ
本業(IT系)にて、たまにある撮影のお仕事。イベント撮影やインタビュー撮影など、Web用だったりパンフ用だったりの簡単な写真を撮ることが年に何回かあります。プロの撮影スキルには到底敵いませんが、多少なりとも趣味が仕事に役立てるのであれば精一杯頑張りたいところ。

丁度この日も撮影機材をペリカンケース1510に収納し、その上に普段の通勤カバンであるノースフェイスNM81827を載せて撮影場所に向かうことに。

私の住む札幌市は観光都市なので、コロナ前はそれこそ年中キャリーケースを引いた観光客を街中いたるところで見かけましたが、コロナ感染拡大以降は一転して殆ど目にする事も無くなりました。

ガラガラ・・・とペリカンケースを引いて地下鉄に乗ると、心なしか周囲の視線が厳しいのに気づきます。・・・まぁ、無理もありませんよね、コロナ禍な昨今に旅行者風の装いで歩いていると怪訝そうに見られるのも仕方ありません。

そういえば再来週、某岩手県に同じく撮影のお仕事があって久しぶりに出張する予定。ペリカンケース転がして行こうと思ったのですが、やっぱり警戒されますよね・・・仕方がないので大容量な出張用ノースフェイスのNM81600に詰め込んで行こうかな・・・機材重いんだけどなぁ・・・。


ちょうど春節の直前、法事で大阪に行った際に使ったノースフェイスのNM81600。57Lの大容量に物言わせて、喪服&シャツ(一式)、革靴、MacBook Pro、更には2泊3日分の着替え、お土産も詰め込んだところ、あまりの重さに疲れました・・・

カメラ機材も入れるとなると更に重くなりそう。いまからパッケージングを検討せねば・・・〔了〕


【関連記事】大容量をスリムに実現したTNFのSHUTTLE DUFFEL:PelicanLovers.com
街中どこでも見かけるTNFも、SHUTTLE DUFFEL (NM81600)とすれ違う事は皆無。大容量をスリムに持ち運べるSHUTTLE DUFFEL (NM81600)は出張カバンにイチオシです。

【関連記事】強靭なビジネスバッグNM81827:PelicanLovers.com
通勤カバンとして、ペリカンケース 1490も愛用していますが、もう1つノースフェイスのSHUTTLE DUFFELシリーズで3Wayな「コーデュラ・バリスティック3WAYデイパック・NM81827も愛…