DMC-LX9のレンズに埃が

Panasonic LUMIX LX9 (a.k.a LX15/LX10).
今年2月に買っては見たものの、いまいち使い所の無いパナソニック製高級コンデジDMC-LX9。
 
貼り革したり、ストラップを変えたりと、色々と工夫してみたものの、長らくキヤノン製品に慣れてしまったお陰でメニュー構成が不慣れな事や、描画の色合いが何か思ったのと違うこと、更には1インチセンサー搭載の割には描画する絵が思ったより懐の深く無い感じというか・・・
 
要は総じて「使いこなせていない」のを、カメラのせいにしたりしてます。パナソニックが作るカメラ(しかも9万円弱と、そこそこ値段の高いコンデジ)ですから、性能は良いハズなので、間違いなく私がポンコツなのでしょう。
 
そんなこんなで購入から通算100枚撮ったかな?程度の使用頻度なのですが、本日夕焼けを撮った際に、ふと気づいたのが↓コチラ・・・
 

絞りf4.0で撮影した際に、赤丸部分に何か違和感が・・・
 
もしや・・・と、絞りを少しずつ絞り気味にして撮影してみたところ↓

f5.6に絞って撮影。やはり、写り込んでいますね・・・埃のようです。
 
さらに絞って試してみると↓

f11。マジかぁ、、、完全にダメですね。レンズ内に埃が混入しています。しかもかなり大きい埃だな、これ。さして使っていないカメラなのに、これは気持ちが沈みますね・・・ますます使うのが億劫になってきちゃいそう。
 
巷でよくやる掃除機で吸い込むのとか自己責任で試してみようかな・・・それとも素直に修理に出すべきか・・・うーん。悩ましい。絞り開放状態で使う分には写り込まないので、しばらくは"開放縛り"で運用して様子をみようと思います・・・〔了〕


コメント