デジカメ黎明戦記(2)〜苦行だった、コダックDC20

Kodak DC20 Digital
1996年6月、フィルム界の大御所コダックが初のデジカメをリリースしました。その名は「KODAK DC20」。コダックのDCシリーズは安価な民生機としてリリースされたデジカメですが、私にとっては苦行とも言える程に辛いデジカメでした。
 
民生機としてのデジカメの歴史は、1994年にアップルがリリースした「QucikTake100」が始まりというのが定説ですが、このQuickTake100を製造したのは他でも無いコダックでした。ただ、このQuickTake100には液晶モニターが存在せず、双眼鏡のようなカタチで覗き穴のような素通しファインダーを覗いて撮るだけ。画像形式は今では聞きなれないPICT形式で、640×480の解像度を持っており、内臓メモリに(僅か)8枚が記録できるのみでした。
 
話をDC20に戻しますが、このDC20はそのコダック社が作った、極限にまでシンプル構造にしたデジカメでした。何と言っても画期的だったのは価格の「安さ」。DC20は僅か$299、日本での定価は39,800円で、当時のドル円レートが109円程度でしたから、本来なら32,000円程が適正価格となる計算ですね(程なく店頭価格は29,000円程度まで下がってましたが)。
 
DC20のスペックは、レンズが単焦点47mm(35mm判換算)の絞り開放f4.0。ISO800/1600のみ自動切替で、解像度493×373pixの約18万画素。カタログ表記は27万画素とあったけれども肝心な有効画素数はその70%弱でした。メモリは内蔵式で撮れる枚数は僅か8枚(!)という驚きの仕様。
 
1998年4月・新宿。夜間は厳しい

 
しかも呆れたことに先述の「ISO1600」は、何とISO800を2回撮影して合成してISO1600相当にする、という驚きの仕様でした。そもそもISO1600の感度を必要とするシーンは暗所ですから、手ブレ必死で三脚が無いとブレブレで撮れない有様でした。
 
唯一の褒められた点は・・・とにかく小さくて軽いことでしょうかね。
  
1998年4月・秋葉原。Fordエスコート

 
そんなDC20ですが、当時撮影した写真がいま手元に全然残っていません。当時、まだCD-Rが普及しはじめた頃だったのでディスク単価も高価だったことや、書き込みに時間が掛かっていたことから、私はもっぱら(既に当時レガシーだった)MOドライブ(光ディスク)に保存していました。それが仇となり、21世紀の今はデータのサルベージに難儀しています。
 
1998年2月・札幌市内

 
また、DC20の写真があまり残っていない理由は他にもあって、本当に画質が悪く、実用に耐えられなかった為でもあります。それまでフィルムカメラで一眼レフカメラを使っていたダケに、黎明期のデジカメの多くは「こんなの写真じゃねーよ」な状況で、とにかく使う度に失望する、苦行のようなカメラでした。
 
1998年4月・旧)東亜国内航空

 
他にも、電池がCR123というカメラ用電池を使うのですが、これが当時1本600円くらいしたのに、200枚弱しか撮れません。1枚あたり3円の電池コストですが、電池入れっぱなしで置いていたら、いつの間にか放電して空っぽになっているし、交換電池はカメラ屋に行かないと売っていなかったり、と何かと億劫でした。
 
1998年・東京都内にて

 
そんなDC20、私が購入したのは98年1月・当時存在したT-ZONE札幌店(に併設されたT-ZONE 札幌Mac & OUTLET館)で、確か12,000円位。結局DC20は殆ど使わず、その後すぐ4月頭に秋葉原のソフマップでSONYサイバーショットF3に買い換えました。
 
DC20の苦行に耐えられず、そこから解放されたい一心で衝動的にサイバーショットを買ったような感じでしたよ・・・ホント。〔つづく
 


コメント