投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

コロナ禍にみる「日本型組織」の病巣

イメージ
太平洋戦争末期に強行された「特攻隊」こと自爆攻撃の特別攻撃隊。

「必ず死んでこい」との命令に反し、9回の出撃から生還した名もなき若き青年特攻兵の実話を描いたノンフィクション作品「不死身の特攻兵〜軍神はなぜ上官に反抗したか」(著・鴻上尚史氏)は出版後大きな反響を呼びました。 

青年だった特攻兵は「死ななくてもいいと思います。死ぬまで何度でも行って、爆弾を命中させます」と言って、上官の命令を無視し、特攻作戦からの生還を続けます。「死ぬまで何度でも行って」の言葉からも、彼が死を恐れて逃げ帰ったのでは無いことが分かりますが、軍上層部は彼を冷遇し続けます。

飛行機が好きで、その操縦にも長けた青年には、この特攻という戦力を消耗するだけの作戦に合理性が見出せず、敵に爆弾を投下しては基地に帰っていきます。

"特攻は1度しか攻撃できないが、生き帰れば何度でも攻撃ができる"

そんな当たり前の事に理解を示そうとしない合理性を欠いた軍上層部。次第に軍上層部は彼の存在を不都合なものと認識し、生きて還ってきた彼の殺害を計画する迄に至ります。



著者の鴻上尚史氏が、この特攻兵の生還話しを通じ、伝えようとしているのが「命を消費する日本型組織」の欠陥。

敵を倒すための作戦のはずが、終いには敵を倒して生きて還ってきた特攻兵の殺害を企てるという、手段が目的化した狂気の組織行動。そして、これは何も戦時中だからこそ起き得たものでは無く、現代における組織構造にもそのまま当てはまる、我が国・日本に脈々と続く病巣であることを炙り出していきます。


ここ最近、連日の新型コロナ騒動においても、この「命を消費する日本型組織」が露呈したと感じています。「感染経路が不明な感染者が急増」とニュースで騒ぎ立てても、相変わらず満員電車で通勤すること(または歪んだ美意識に昇華した仕事への奉仕精神)を強いる、日本社会の公的抑圧は明らかに何かが狂っていると思えてなりません。

 悲劇の特攻作戦から75年を経ても尚、真に大切なものへのリスペクトと合理性を欠いた「命を消費する日本型組織」の真髄が盤石健在であるという日本の最も残念な部分が再確認されたコロナ禍の昨今です。


参考:特攻兵に見る日本型ブラック組織
 2017年11月に発売されて以来、ずっと新書売り上げランキング上位に入っている本がある。鴻上尚史さんの『不死身の特…

iPad Pro、Bluetoothキーボードから U・I・O・P が打てない件

イメージ
パソコンでお馴染みのキーボード「QWERTY配列」。初期のタイプライターがアームの衝突を防ぐため打鍵速度を落とすようワザと「打ちにくい配列」にしたという説を聞いたことある人も多いと思います。

真相はやや違ったようで、当時、各社様々な配列を模索していた中、1882年にレミントン社が現在のQWERTY配列を採用、その後まもなくレミントン社がアメリカンライティングマシン社などと共同でユニオン・タイプライター社を設立したことから、結果的にQWERTY配列に落ち着いた「デファクトスタンダード説」が真相のようです。


それはさておき、手持ちのiPad Pro (10.5 inch / iPad OS 13.4) に、久しぶりにBluetoothキーボードを接続したところ、なぜか U・I・O・P のキーが入力できない

キーボードが壊れたか・・・と思って違うBluetoothキーボードを接続するも、同じく U・I・O・P のキーが入力できない。これは何か他に原因があるのだろう、と問題なく使えた以前と今で何が違うか考え、心当たりがあったのが「マウス」の存在。最近、iPad OSがマウスに対応したことでBluetoothマウスを接続して使っていました。

ネット上で色々調べてたどり着いたのが以下のサイト↓

iPadOSでキーボードの押せないキーの対処方法 | 株式会社TREVO
記事の内容は、bluetoothマウスとキーボードを接続して使用した所、キーボードで一部のキー「u i o p」等が反応しなかったのでその設定方法など解説していきたいと思います。

原因は〔設定〕→〔アクセシビリティ〕→〔タッチ〕→〔AssistiveTouch〕→〔マウスキー〕→〔マウスキー〕がONになっていると、 キーボードでマウスポインタを制御する機能が作動する関係で、U・I・O・P のキーが入力できなくなるようです。

新しいiPad Pro の「Magic Keyboard」が話題の昨今ですが、QWERTY配列の生みの親とされるクリストファー・レイサム・ショールズ氏も、この配列を持つキーボードが約140年後も話題になっているとは思っても見なかったでしょうね。〔了〕

PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケー…

ZOOMのハンディレコーダー

イメージ
ZOOM社のハンディレコーダー「ZOOM H1」は、同社のプレスリリースによると、2010年の発売から7年で約100万台を出荷したとのこと。安価で高性能かつシンプルな設計と、一般的なデイリーユースに選んで失敗の無いモデルと言えます。実際、私も2台買って並行稼働している程。

一方で同じくZOOM社のラインナップにおいて、H1とは対局を成すのが、ハイエンドモデル「ZOOM H6」。実は私、このH6も愛用しております。

ともに主な用途は、娘の音楽発表会(ピアノ発表会や合唱コンクール等)の収録なのですが、H1とH6其々を用いて、最もベストに録れた音源を採用しています。



子供の音楽発表会の類は、ハンディレコーダーの設置箇所も当日のその場にならないと分からない事や、たまたま設置した場所の近くに座った他の観客がボソボソとお喋りをしているのを拾ったり・・・なんて事があります。

・・・まぁ、子供の発表会なんてそんな感じですよね。故に複数台(私の場合は2台のH1と、1台のH6で合計3台)のハンディレコーダーを設置してリスク分散するという訳です。


そうした運用の中で気づいたのは、エントリーモデルのH1と、ハイエンドモデルのH6では約4倍の価格差があるものの、H6が必ずしも良い音になるとは限らない、という事です。もちろん、前述のようにリスク分散のためにマイク設置場所も違うため、イコールコンディションでは無いのですが、同じメーカーでも其々に特性の違いが出るものだな、と感じておりました。

そこで、この特性の違いを知りたいと考え、イコールコンディションを作りやすい環境としてカーオーディオを用いてH1とH6の音を比較し記事にしてみましたので、宜しければご覧ください↓


【関連記事】ZOOM H1とH6、音の傾向を比較:PelicanLovers.com

イコールコンディションを作りやすいCDからの演奏をスピーカーごしに録音した場合に、両者にどのような差が出るかに興味が出てきて、車内のオーディオ再生音を録音する方法にて比較検証してみました。

結論としては、ハイエンドモデルだけあって、H6の方が安定感ありますが、改めて比較してみると、エントリーモデルであるH1の良さに惹かれたりもします。「生録(ナマロク)」とは実に奥の深い世界と再認識した次第です。〔了〕



PelicanLovers.com

米国PELICAN…