人のいない観光地ほど寂しいものは無い


新型コロナの影響で、私の住む北海道・札幌市の街中は閑散としています。職場近くにある人気の店もこの夜は夕食時にも関わらず、ひとりも客が居ない状況。観光客にも人気な店だっただけに、中国や台湾、韓国など近隣アジア諸国からの観光客が消えた影響は甚大なようです。


本州から、はじめて北海道に来た人や久しぶりに訪れた人は、近年の北海道を見て「こんなに中国人が多いとは驚いた」と一様に言います。
 
実際、札幌市内中心部のようにランドマークとなる観光地ともなると、ローカルな人々よりも中国人観光客の方が多い事も珍しくありません。それ程までに多くの中国人が北海道に来てくれており、それは素直にありがたい事だと考えます。経済的な面もそうですが、なにより日本に、そして北海道に興味関心を持ってくれた事を素直に喜びたい気持ちです。

もっとも、その結果、北海道ではパンデミックに迫る勢いで感染拡大になってしまった訳で、実に悩ましい訳でありますが。
 

感染対策をしようにも、マスクも消毒液も入手できないこんな世の中はポイズンな気分ですね。もっとも、マスクにどの程度、感染予防のエビデンスがあるのか疑問ではありますが・・・。
 
いずれにせよ、はやく収束の目処が立って欲しい限りです。そして以前のような観光客で賑わっていた札幌の街並みに戻って欲しいと考えます。旅行者の多い街って、活気がありますからね。人の居ない観光地ほど寂しいものはありません。〔了〕
 


コメント