投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

写真家・田中長徳氏の功罪

イメージ
先日の記事に引き続き、写真家・田中長徳氏について。

私は熱心なファンでは無いけれども、写真家として&物書きとして氏のライトなファン(なのかな?)で、著者も5〜6冊は持っています。中でも氏の著書「GRデジタルワークショップ 2」(2008年・エイ出版社)は今読むと実に興味深い内容です。



以下、前述の書籍より抜粋

私はGRDのレンズ交換式なんか出たら面白いなと思ってます。
バヨネット式だとゴミが入るので、例えばレンズとCCDを一体化して、
ボディを受け皿にしてレンズユニットがぱちんと組み込める、とか。

そう、リコーが大失敗した「GXR」そのものですね、コレは。

氏はリコー社とはフィルムカメラGR1のアドバイザーを務めたという話もある程、浅からぬインサイダーな関係性をアピールしていた時期でもあったので、GXR開発に何らかの関わりがあったと考えるのが自然です。

そんな氏がリコーをそそのかしたのか、それともリコー自体が持つアイデアを氏がリファインしたのかは不明ですが、まさにGXRは生まれて、そして市場に全くインパクトを与える事なく消え、語り継がれる事も無く、いまでは中古市場でも二束三文という散々な結果に終わっています。


GXRが再評価される日は・・・正直、そうした未来は想像し難いと考えます。何故ならセンサーにせよ、処理回路にせよ、ソフトウェアにせよ、バッテリーにせよ、日進月歩の進化が激しいのがデジタルカメラの世界。

そうした意味では進化速度の時間軸が違う物理光学のレンズだけが交換できる現在のレンズ交換式カメラというのは、結果的にデジタル化の時代に於いて最も合理的な分離箇所だったのでしょう。


さて、冒頭で私は氏のライトなファンだ、と書きましたが、もう少し率直に言うと、むしろ「嫌い」だったりします。嫌いだけど著者を数冊買うくらいのファンではある、というか・・・

私が田中チョートク氏を嫌う理由は、常にどんな話をしても「ライカが素晴らしい」の一点に辿り着く点と、嫌味な点でしょうかね。

前述の著書「GRデジタルワークショップ 2」では、わざわざ高級腕時計パネライと並べて撮ったり(デカ厚時計ブーム、いまとなっては懐かしいですね)、六本木ヒルズ族であることを一々アピールしてきたり(なにせヒルズの写真集まで出してますからね)、と。そういう点も含めて面白い爺さんではあるのでしょうが。

なに…

写真家・田中長徳氏、死去?

イメージ
著名な写真家の田中長徳氏には二度、お目に掛かった事がある・・・と云うと少し語弊のある言い方で、実際にはそのお姿を見かけたダケなのですが。私が好きな写真家のひとりです。

御歳、73歳。お世辞にも若くない典型的な「爺さん」「翁」なのですけれど、早くからテクノロジーを使い熟し、ブログやSNS等で積極的に発信し続けていたのが印象的でした。


さて、そんな田中長徳氏を最近、私の徘徊するネット界隈でその名を見なくなったなぁ、と思いGoogle検索してみたところ、名前に続いて最初に検索サジェストされたのが「田中長徳 死亡」というキーワードでビックリ。

もちろん田中長徳氏は(相応に高齢であれど)「ご健在」である訳ですが、こうした検索サジェストが真っ先に表示されるという事は、人々が検索キーワードとして関連付けされるような検索行動を取っていた事の証左でもあります。

前述のように、私自身「最近、チョートク先生の話題を目にしないな」と思ったのは、以前は精力的に更新されていた「PEN PENチョートクカメラ日記」(2001年〜)が、2018年12月より有料記事「note」に移行し、一般の目には触れなくなった事に起因する、と考えます。故に「死亡」なんていう検索サジェストが出てくるのでしょうね。

もっとも田中長徳氏のように、一定の固定ファンがいて尚且つ、やや物議を醸し出す発信もある(だからチョートク先生は面白い)コンテンツはnoteのような限られた人たちが見る事のできるプラットフォームが最適なのかも知れません。

繰り返しますが、田中長徳氏はご健在ですので、あしからず。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。


毛羽立ってきたハンドストラップGS-2

イメージ
かれこれ2週間、毎日コートのポッケに突っ込んでいたら、ハンドストラップGS-2が毛羽立って来たので、ハサミで毛羽だった部分をチョキチョキ切り落とすことに。

以前の記事でもご紹介しましたが、柔らかレザーなのでポッケに突っ込んでいてもカメラが傷つく事が無くて良い感じのストラップ。気に入りました。

【関連記事】柔らかレザーのハンドストラップ GS-2

先日よりご紹介している1型センサー搭載・高級コンデジ「 LUMIX LX9 」に柔らかレザーのハンドストラップ「 RICOH GS-2 」を購入しました。リコー製なように、元は RICOH GR シリーズ用のハンドストラップです。


例によって新型コロナの影響により、週末も行楽を控えている関係から、行動範囲も狭まり、通勤くらいしか外出することが無くなりました。

Google Mapsのタイムラインを見て驚いたのが、2020年2月の移動は1都市・21スポットしか訪れていないという行動範囲の狭さ。例えば2020年1月だと、これが7都市・39スポットとなる訳で、新型コロナの影響で如何に行動が狭まっているのかが分かります。撮る写真も近場に限られきて、写真を趣味としている身としては面白味に欠ける次第です。

因みに上記写真は、職場からの帰宅途中に札幌中心部にある狸小路商店街で撮影したもの。35mm判換算で、焦点距離72mm・絞りf8.0相当、ISO200、シャッター速度1/125。暗い夜のアーケード街でもキレイに撮れますね、LUMIX DMC-LX9は。〔了〕

PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

人のいない観光地ほど寂しいものは無い

イメージ
新型コロナの影響で、私の住む北海道・札幌市の街中は閑散としています。職場近くにある人気の店もこの夜は夕食時にも関わらず、ひとりも客が居ない状況。観光客にも人気な店だっただけに、中国や台湾、韓国など近隣アジア諸国からの観光客が消えた影響は甚大なようです。


本州から、はじめて北海道に来た人や久しぶりに訪れた人は、近年の北海道を見て「こんなに中国人が多いとは驚いた」と一様に言います。

実際、札幌市内中心部のようにランドマークとなる観光地ともなると、ローカルな人々よりも中国人観光客の方が多い事も珍しくありません。それ程までに多くの中国人が北海道に来てくれており、それは素直にありがたい事だと考えます。経済的な面もそうですが、なにより日本に、そして北海道に興味関心を持ってくれた事を素直に喜びたい気持ちです。

もっとも、その結果、北海道ではパンデミックに迫る勢いで感染拡大になってしまった訳で、実に悩ましい訳でありますが。


感染対策をしようにも、マスクも消毒液も入手できないこんな世の中はポイズンな気分ですね。もっとも、マスクにどの程度、感染予防のエビデンスがあるのか疑問ではありますが・・・。

いずれにせよ、はやく収束の目処が立って欲しい限りです。そして以前のような観光客で賑わっていた札幌の街並みに戻って欲しいと考えます。旅行者の多い街って、活気がありますからね。人の居ない観光地ほど寂しいものはありません。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。


一足先に緊急事態宣言下の北海道

イメージ
新型コロナの関係で私の勤務先も原則テレワーク(Work from home:在宅勤務)に切り替わったのですが、私は業務の都合もあり出社しています。ただ感染にノーガード戦法という訳では無く、勤務先の許可を得て、感染対策の一環である時差出勤を実施中。

地下鉄通勤者の私、確かに時差出勤で満員電車の混雑度はある程度軽減できるものの、とはいえ感染対策にどこまで有効かは未知数ではありますが、当面は業務に支障が無い限り、時差出勤を続ける事にしました。


そんな時差出勤でちょっとした発見が。今回、時差出勤で感じたのは、朝の精神的余裕(ゆとり)が向上した事でした。

私の勤務先ではフレックス勤務の制度を使って時差出勤を運用しているのですが、私はこれまでフレックス勤務の必要性を感じず利用した事がありませんでした。

いつもは出勤時間8:45に合わせて、少し余裕を見て遅くとも20分前には出勤していたのですが、始業開始時間が定められている事から、例えば近くのカフェに寄ってコーヒーを買ったしても、レジ待ちが思うように進まない時など(始業開始まで20分は猶予があっても)遅刻しないか気分的にソワソワしたものです。


フレックス勤務の場合、極端な話し勤務開始時間を自分で決められる訳ですから、こうしたレジ待ちのソワソワも無く、気持ちにゆとりが持てます。これは本来の制度の趣旨では無いのでしょうが、間接的にポジティブな効果が生じている事は事実です。

気持ちにゆとりがあると、いつもの通勤風景も違った視点で見れるようになり、通勤路上で気になった光景をパシャリと撮る事も出来たりします。


緊急事態宣言下の北海道・札幌市内、気持ち的に滅入る事も多いですが、そんな日常の中にささやかな余裕が生まれる事はとても大切な事(そして何より仕事の生産性向上に寄与する事)だなぁ、と感じる次第です。

今日も頑張って公私共に良いパフォーマンスあげて行きましょう。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

Provokeな写真が撮れるアプリ「Provoke Camera」

イメージ
iPhoneで「Provoke」風な写真が撮れるアプリ「Provoke Camera」が面白いですね。

‎Provoke Camera (App Store Preview)

このアプリは昔日本で出版されたProvokeという写真雑誌に影響を受けていてモノクロで荒れたイメージを撮影出来ます。

「Provoke」とは1960年代後半に著名な写真家である中平卓馬氏、高梨豊氏らが中心となって出した写真雑誌(1〜3号+総括集の全4構成)。写真家・森山大道氏なども参加し、いまでも熱狂的な支持を集め、2018年になって復刻版も出る程。

プロヴォーク 思想のための挑発的資料
荒れた粒子、ノーファインダーによる不安定な構図、ピントの合っていない不鮮明な写真群は「アレ、ブレ、ボケ」と揶揄され、賛否両論を巻き起こし、ときには写真という枠を超えて大きなインパクトを同時代に与えました。

学生運動の騒乱と前衛芸術とが入り混じった混沌の時代、1960年代後半から70年代前半を荒々しく切り取った、Provoke(=挑発する)な世界観を再現できるアプリです。


このアプリの良いところはiPhone標準カメラの画角と同じなところ。

一部のカメラアプリには画角(換算焦点距離)が変わってしまうものがありますが、「Provoke Camera」ではそれが無いのが最高です。私のiPhone 8 Plusでは35mm判換算で広角側が約28mm相当(f/1.8)/望遠側が約57mm相当(f/2.4)ですが、この画角のまま、Provokeな世界を描画できます。

【関連記事】検証:カメラとしてのiPhone 8 Plus (PelicanLovers.com)

iPhone8Plusを日常持ち歩く「カメラ」として活用していますが、実際使ってみて色々と分かった事が多かったので記事にしました。・・・果たしてスマホはカメラの代替えになるのか。


私が購入したときは370円でしたが、その価値が十分にある久しぶりに面白いカメラアプリでした。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。