DMC-LX9に貼り革


先日の記事でパナソニックの高級コンデジDMC-LX9購入を掲載しましたが、購入後すぐ上記のように貼り革をつけました。アルミボディは硬質感があって実に良かったのですが、ホールドし難い事もあって貼り革を付ける事にした次第です。

残念なことに、DMC-LX9用の専用貼り革はリリースされていないので、似た大きの高級コンデジDMC-TX1用を使ってみました。
 
 
DMC-TX1用の貼り革キットは2社からリリースされており、1つはジャパンホビーツール製、もう1つはAki-Asahi製。私が購入したのは後者Aki-Asahi製で、こちらを選んだ理由はカメラ右下部分の「L」マーク(LUMIXロゴ)も覆い隠してくれるから。


貼り革はこのような形になっていますが、当然、LX9用では無くTX1用なのでサイズが若干異なります。上記画像の丁度左側部分がTX1用では長さが余ってしまうので途中で切ってあげる必要がありますが、左端のメニューボタン等はこのままジャストフィットで使えるのが良いです。

私は充電端子の穴があいている部分を境目にして切り込みを入れ、長さを間引きしました。他にもストラップ穴やAF補助光部分など微修正の切り込みを入れてあげる必要はありますが、概ね簡単な加工で貼り付けることが可能です。

手にした際、滑り難い実用度もそうですが、なにより風合いというか趣きが感じられるようになって気に入っています。〔了〕

コメント