投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

柔らかレザーのハンドストラップ GS-2

イメージ
先日よりご紹介している1型センサー搭載・高級コンデジ「LUMIX LX9」に柔らかレザーのハンドストラップ「RICOH GS-2」を購入しました。リコー製なように、元はRICOH GRシリーズ用のハンドストラップです。


私、これまでストラップ系はPeakDesign社のアンカーリンクスを愛用していて、とりわけコンデジには同社のリストストラップ 「CUFF(カフ)」を装着していましたが、コンパクトなLX9には、やや大きすぎる感があることや、CUFFにはストラップ部分にアルミ素材が使われていることから、ポッケに入れて歩くとカメラの背面液晶を傷つけるリスクが想定されました。

【関連記事】結局のところアンカーリンクス (PelicanLovers.com)

カメラストラップの着脱を容易にするクイックコネクタ「アンカーリンクス(anchor links)」の第4世代(V4)を購入してみました。以前に使っていた第2世代(V2)より細かなバージョンアップがされており、さすがピークデザイン社だな、と感じる逸品です。

そこで購入したのが、今回の「RICOH GS-2」。柔らかくしなやかでありながら、かなり丈夫に作られています。RICOH GRシリーズは玄人好みの渋いカメラですが、ストラップも黒一色とシック。

うっすらと「GR」のロゴも入っているものの目立たず、とてもカッコよく、LX9とのサイズ感の相性も良い感じです。〔了〕

【関連記事】日常カメラ、LX9 (PelicanLovers.com)

ナソニック製の高級コンデジ「LUMIX DMC-LX9」を購入。コンパクトデジカメ(=コンデジ)としては比較的大きめとなる、1型センサー(1インチセンサー)を搭載しているのが最大の特徴です。


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

1型センサーカメラのボケ量

イメージ
先日購入したパナソニックの高級コンデジDMC-LX9は、ここ最近の高級コンデジによく見られる「1型センサー(1インチセンサー)」を搭載しています。

1型センサーは、コンデジとしては"比較的大きな方"なのでメーカー各社は「大型センサーを搭載!」「スマホ写真では不可能なボケ量!」を大々的にアピールする訳ですが、これはあくまで対スマホでの比較であって、いわゆる対カメラで考えると決して大型という訳でもありません。

例えばコンデジであっても1.5型センサーを搭載するキヤノンPowerShot G1Xや、更に大きなAPS-Cサイズのセンサーを搭載するPowerShot G1X Mark III、そしてリコーGRシリーズなどもあります。そして、以前の記事でも書きましたが、画質の良さ(懐の広さ)は確実にセンサーサイズと正比例すると私は考えますので、DMC-LX9の1型センサーは殊更強調する迄もなく「最近のコンデジとしての標準的水準」と言えます。


さて、DMC-LX9ですが、開放値f1.4を高らかに謳うものの、それは広角端での話であって私の常用焦点距離である50mm相当ではf2.8となり、更に1型センサーでのf2.8はAPS-C機で言うところのf5.6相当のボケ量となります(詳しくは下記関連記事を参照下さい)。
【関連記事】日常カメラ、LX9 (PelicanLovers.com)

ナソニック製の高級コンデジ「LUMIX DMC-LX9」を購入。コンパクトデジカメ(=コンデジ)としては比較的大きめとなる、1型センサー(1インチセンサー)を搭載しているのが最大の特徴です。

そのボケ量を分かりやすく表したのがf2.8(=APS-C機でのf5.6相当)で撮影した冒頭の写真です。被写体の次女に対し、右手前に置いたカップのボケ量、さらに背景に座る人物のボケ量など、このDMC-LX9で撮影した際のボケ量がイメージしやすいと考えます。

ボケ量は「程よさ」が肝要と私は考えますので、そうした意味でもこのDMC-LX9は「程よくボケる」写真が手軽に撮れるカメラと言えます。〔了〕


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。


DMC-LX9に貼り革

イメージ
先日の記事でパナソニックの高級コンデジDMC-LX9購入を掲載しましたが、購入後すぐ上記のように貼り革をつけました。アルミボディは硬質感があって実に良かったのですが、ホールドし難い事もあって貼り革を付ける事にした次第です。

残念なことに、DMC-LX9用の専用貼り革はリリースされていないので、似た大きの高級コンデジDMC-TX1用を使ってみました。


DMC-TX1用の貼り革キットは2社からリリースされており、1つはジャパンホビーツール製、もう1つはAki-Asahi製。私が購入したのは後者Aki-Asahi製で、こちらを選んだ理由はカメラ右下部分の「L」マーク(LUMIXロゴ)も覆い隠してくれるから。


貼り革はこのような形になっていますが、当然、LX9用では無くTX1用なのでサイズが若干異なります。上記画像の丁度左側部分がTX1用では長さが余ってしまうので途中で切ってあげる必要がありますが、左端のメニューボタン等はこのままジャストフィットで使えるのが良いです。

私は充電端子の穴があいている部分を境目にして切り込みを入れ、長さを間引きしました。他にもストラップ穴やAF補助光部分など微修正の切り込みを入れてあげる必要はありますが、概ね簡単な加工で貼り付けることが可能です。

手にした際、滑り難い実用度もそうですが、なにより風合いというか趣きが感じられるようになって気に入っています。〔了〕

【関連記事】日常カメラ、LX9 (PelicanLovers.com)

ナソニック製の高級コンデジ「LUMIX DMC-LX9」を購入。コンパクトデジカメ(=コンデジ)としては比較的大きめとなる、1型センサー(1インチセンサー)を搭載しているのが最大の特徴です。

PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

電器屋の作るカメラ

イメージ
パナソニックの高級コンデジLUMIX DMC-LX9を購入しました。3年以上前に出た機種なので、今更といえば今更すぎますね。

購入の経緯は下記に掲載しておりますが、本来なら愛用しているキヤノンPowerShot G1X後継機が4K対応していれば良かったのですが、2020年2月現在ではラインナップされていないので、止むを得ずパナソニックにした次第。

【関連記事】日常カメラ、LX9 (PelicanLovers.com)

ナソニック製の高級コンデジ「LUMIX DMC-LX9」を購入。コンパクトデジカメ(=コンデジ)としては比較的大きめとなる、1型センサー(1インチセンサー)を搭載しているのが最大の特徴です。

さて、そんなLX9ですが「電器屋の作るカメラだなぁ」と、メニュー体系の操作感というか設計思想に中々馴染めずにいます。

私は普段、キヤノン機を主に使っていますが、ニコン機のNikon V1も愛用しています。キヤノン操作に慣れた身でニコン機は違和感なく使えましたが、反面、今回のパナソニック機然り、店頭デモ機でのソニー機然り、どうにもメニュー体系に馴染めません。

この辺り、「カメラ屋が作るカメラ」と「電器屋が作るカメラ」の設計思想の違いなのかな、と感じます。・・・が、パナソニックなりに良く考えて作られているのだな、と感じる面もありますので、操作感や設計思想の違いにストレスを感じる程ではなく、新鮮さを味わっている感じです。


「電器屋が作るカメラ」という言い方は、やや蔑んだ言い回しですが、よくよく考えてみるとパナソニックはライカ社にOEM提供している訳で、更に調べてみるとメニュー体系などもパナソニックのそれと同一との事。

・・・つまり、カメラ屋のカメラ屋たる老舗なライカ社が是としているメニュー体系という事でもある訳で「いや、むしろコッチが正解」と言われてしまうと、ぐうの音も出ない訳です(苦笑)。


PelicanLovers.com

米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。

大阪の海は 悲しい色やね

イメージ
祖母の葬儀に大阪へ。実に4年ぶりとなる大阪上陸。思えば4年も会って居なかった、と後悔しても時すでに遅し。ごめんよ、ばあちゃん。

さて、観光では無い悲しい旅となった訳ですが、普段、持ち歩くコンデジPowerShot G1Xも持って行く事にしました。



日進月歩の進化を遂げるデジカメ界においては、太古の遺跡とも言える7年前・2013年製の機種。世間の評判も芳しくなかった事もあり、中古市場では二束三文で売られています。

確かに近接撮影はできないし、レンズも決して明るく無い(むしろ昨今の基準では暗い)し、露出が暴れることもありますが、それでも尚、私が愛用し続けるには相応の理由があります。それはセンサーサイズの大きさ故の高画質さです。


例えば上記の写真。大阪市内・天神橋筋近辺で撮影したものですが、暗い夜の風景にも関わらず、右手前の明るい部分から、上にある電光掲示板、更には左奥に背景として写るマンションまで、明暗差や陰影が潰れずに表現されているのが分かります。

これは1.5型という4/3型センサーを超え、APS-Cにも迫るセンサーサイズ故の懐の深さだと感じています。



こちらの写真も全体的に暗い中で、更に明暗差が相応にありますが白飛びや影の潰れが少ないのが分かります。中でも階段左右の壁面に外の電飾が反射しているところまで、壁のタイルに反射した艶やかな感じも記録されています。



こちらの写真は夕暮れ時。一見すると黒潰れが多いように感じますが、よくよく目を凝らすと闇の中に周囲の照明に照らされて薄暗く見えてくる部分があります。


PowerShot G1Xを使う度に感じるのは、画質の良さは搭載するセンサーサイズと極めて強い相関の関係にあり(それが3世代前となる映像処理エンジン(DIGIC5)搭載機であったとしても)大きなアドバンテージに成り得る、という点です。古い機種だけあって動作全体はモッサリとしていますが、そこは気持ちに余裕を持ってオトナな寛容さで臨みたいところ。

PowerShot G1Xは、今回のような急な遠出や出張、さらには旅行の際などにカバンに忍ばせておくと、旅先でも納得度の高い写真を撮ることができて、とても重宝します。


・・・さて、祖母が亡くなったのは本当に悲しい事でしたが、その時の悲しい気持ちや様子を"記憶"し続けるためにも、"写真"と…

富士フィルム炎上動画の鈴木達朗氏を擁護する

イメージ
富士フィルムがコンパクトデジカメX100Vのプロモーションに公開した動画が炎上し、数時間後に動画は非公開化された上、謝罪するまでに至った案件について。

Yahoo!ニュースより
「こんな撮られ方はイヤだ」富士フイルム『X100V』公式動画が炎上。公開後すぐ削除に→お詫びを発表
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20200205-00161880/

【悲報】富士フイルムが日本人は被写体の許可を得ずに盗撮していくスタイルだと世界に宣伝。
https://togetter.com/li/1464726


本件、大まかに言うと、ストリートスナップを中心とした活動をする写真家・鈴木達朗氏の撮影スタイルが街行く通行人に突然カメラを向けて撮るスタイルに対し「こんな撮られ方は嫌だ」「盗撮だ!」更には「富士フィルムは盗撮を推奨するのか!」という意見がSNS等で溢れ、大騒ぎになった、というもの。

ネット上の体感的には、ほぼ99%(=賛否”両論”では無く圧倒的に)鈴木達朗氏および富士フィルムに否定的な意見であり、嫌悪感と言っても良いほどの拒絶反応だったりします。


・・・ですが、私は鈴木達朗氏を肯定的に捉えており、随分前より彼の作品のファンだったりします(鈴木達朗氏がFlickrで作品を公開し始めた頃からのファンなので、かれこれ10年ちかくフォローしています)。

鈴木達朗氏の作品例その1:
https://www.flickr.com/photos/tatsu001/15679849340/
鈴木達朗氏の作品例その2:
https://www.flickr.com/photos/tatsu001/14651038165/
鈴木達朗氏の作品例その3:
https://www.flickr.com/photos/tatsu001/19403044183/
鈴木達朗氏の作品例その4:
https://www.flickr.com/photos/tatsu001/32815003342/


写真の世界では、鈴木達朗氏の撮影手法は「キャンディッド・フォト」(Candid Photo)と呼ばれます。「Candid」=「遠慮の無い、隠し撮りの」という意味からもわかるように、まさにその名の通り「隠し撮り」を意味します。

そして、このキャンディッド・フォトの大御所が…

80年前の写真

イメージ
上記画像は約80年前に撮影された祖母の写真。当時、満州国で看護婦をしていた祖母が仕事場で撮影したポートレートのようです。

他にも検診中の医師と写っている写真もあり、当時の状況が伺える貴重な一枚。

これらは先日、105歳で他界した祖母の葬儀で飾られていたもの。ざっと80年前のプリント写真となる訳ですが、鮮明かつ解像感豊かに残っていたのが(写真好きとしては特に)印象的でした。

SNS全盛の昨今、写真は主にディスプレイ上で閲覧するデジタルデータとなり、また必要に応じて自宅でプリントアウト出来る時代になりましたが、そのプリントアウトした写真が80年もつだろうか、と考えると実に心許ないもの。

そう考えると、其れなりの印刷品質を保つフォトブック等、物理的に残す必要性を強く再認識した次第です。


さて、そのフォトブック。定期的に作っていたのですが、様々なフォトブックの中で最も品質面で気に入っていたジャストシステム社「ココアル」が2019年9月でサービス終了して以来、フォトブック制作意欲が失せている状況。ココアルは品質が高いのに手頃な価格だった故に残念でなりません。

ココアルのサービスに最も近いとされるフォトブックサービス「マイブック」も試してみたものの、レイアウトや操作性などでイマイチ納得がいかず、あまり積極的に使う気になれないのも確か。

とは言え、やはりプリントアウトは大切。フォトブック化とデジタル化は両立して行かねば、と考えます。




※デジタル化と云えば、災害大国ニッポン故に銀塩写真やネガを積極的にデジタルデータ化してアーカイブする作業も進めております。

その際、活躍してくれるのがPFU製「Omoidori」。これはiPhoneをスキャナー替わりにするアダプター&専用アプリですが、とても効率よく(其れなりの品質で)銀塩写真のデジタル化ができます。

なぜソニーはこんなにも私を苛立たせるのか

イメージ
ソニーは「プロダクト(製品)」として優れていても「エクスペリエンス(体験)」としては最悪である、というのが元ソニー信者な私の考えであり実感です。 ソニー製品はスペックの良さに惹かれて購入するものの、使っていく過程でイライラが溜まり「二度とソニーは買わない」と感じるのですが(そして生活環境における脱ソニー化が進んで、そうした感情を抱く機会も減って来ていたのですが)、久しぶりにソニー製品で苛立つことがありました。 結論から言うと、
ソニー製品は二度と買わない。
ソニー製品は二度と買わない。
大切なことなので2回言いました(苦笑)。 ほんと、油断するとうっかりソニーを買いそうになるので注意が必要です。実際この前も4Kハンディカムを買いそうになったし、ノイズキャンセリングイヤホンも買いそうになって「あぁ、いかんいかんソニーだった」と慌てて手を引いた程。



今回の最悪エクスペリエンスは、簡単に言うと、上記画像のようにアクションカムのレンズを割ってしまった事に端を発するのですが、割った事そのものは私の不注意にせよ、その修理完了に至るソニー側との顛末にイチイチ腹立たしい事が山積で、前述のように「二度と買うもんか」と念仏を唱える迄に至りました(苦笑)。 そんな訳で、カメラを趣味にしていると「最近では性能ダントツなソニーに乗り換えないの?」と言われる事が多々ありますが、二度とソニーは買わないし、関わりたくない、と誓う2020年の年明け早々の出来事デシタ。


PelicanLovers.comに戻る  https://pelicanlovers.com