投稿

YAMAHAのTW-E3Aを改造し、装着感の向上を図る

イメージ
以前に紹介した ワイヤレスイヤホン YAMAHA製TW-E3A のその後について。 改造を加えて装着感と低域向上を試みた お話しです。 この零細ブログでもビュー数を稼ぐ記事のひとつが TW-E3A 関連の記事でして、関心を持つ方も多いようです。実際、知り合いの数名も「記事見て買ってみたよ」と言ってくれました。 【関連記事】装着感以外は、ほぼ完璧なYAMAHA TW-E3A Bluetooth接続のワイヤレスイヤホン、それもノイズキャンセリング機能搭載が全盛な昨今、ノイキャン無し&安価なヤマハ製ワイヤレスイヤホン「 TW-E3A 」を購入してみました。   実売1万円弱と(中華新興メーカーを除く伝統的なオーディオブランドからリリースされ...     ・・・ただ、その感想として「このイヤホン、音質はナンとも言えないし、ともかく装着し難い」と苦言を呈される始末(苦笑)。とくに、音質については、聞けばロックやテクノ系の音がまるでダメ(とくに低音がスカスカ)という意見があります。 これら指摘は私も同感で、原因はこれは装着のし難さに起因します。耳の奥にしっかり入り込まない為に、装着はし難いし、低音は抜けてしまうという状況。詰まるところTW-E3Aの問題点は装着し難さに収斂される訳です。   そんな中、試行錯誤の末のひとつの解として TW-E3A のイヤーピース周り改造にチャレンジしてみましたのでご紹介します。   尚、これら改造を行うことでメーカー保証を受けられなくなる等、不利益を被る可能性がありますので 自己責任でお試し下さい 。   まず TW-E3A 装着の問題として、イヤーピースのノズル部分の突き出しが短く、しっかり耳の奥まで差し込めない点があります。そこでノズル部分を延長し、より耳の奥に入るように加工します。 用いるのはギボシ端子の絶縁カバー部分と交換用イヤーピース、そして熱伸縮チューブの3点。   まずギボシ端子の絶縁カバーをヘッドフォンのノズル部分に合わせて適当に切り装着します。   装着後、このままでは長いので延長したい長さでカットします。   私の場合、こんな感じで延長しました。あまり長くすると充電ケースに入らなくなるので注意が必要です。   熱伸縮チューブを嵌め込みます。  

UGREEN製Lightning→3.5mmミニプラグ変換アダプターで音質は変わるのか

イメージ
iPhoneのLightning端子をヘッドフォン端子、いわゆる3.5mmのステレオミニプラグに変換する中国 UGREEN社製アダプター を購入しました。 頼りないApple純正品と比較して音質の向上を期待して購入したものですが、 結論から言うと残念ながら「音質は変わらない」というのが私の印象です(苦笑) 。 ネット上で UGREEN社製アダプター のレビューを見ると「格段に音質が向上した!」という声が散見されますが、少なくとも私が試す範囲では、Apple純正と音色の傾向含め音質に差は感じられませんでした。 リファレンスに用いたヘッドフォンは JVC製HA-FXT90 。2011年に発売された1万円程のミドルクラス品です。長年愛用して聴き慣れているので微細な差にも気付きやすかったりします。 アレコレと30回以上、 Apple純正「Lightning 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」 と UGREEN製「Lightning 3.5mm 変換アダプター」 を差し替えながら聴きましたらが差らしい差は感じられず、結論としては「同じ」(音質は変わらない)と結論づけました。   UGREEN製アダプターの商品説明には 、DAC(デジタル・アナログ変換)に最大48kHz/24bitが採用されており、音質がよくなる(注:何に比較して良くなるか?の記載は無し)とされています。 対する Apple純正3.5mmヘッドフォンアダプター にもDACが搭載されていますが、こちらの仕様は非公開(※因みにLightning端子は、その仕様上48kHz/24bitが上限なのでMFi認証を受けた前述のUGREEN社製と同じ仕様と推察されます)。 海外サイトでは分解してDACチップがシーラスロジック社製である事まで突き止めているようですが、詳細な仕様までは判明していません。 【参考サイト】「EarPods with Lightning Connector」と「Lightning ー 3.5㎜ヘッドフォンジャックアダプタ」の分解レポート ベトナムのTinhteが、「iPhone 7」に同梱されている「EarPods with Lightning Connector」と「Lightning     件の UGREEN製アダプター は、Apple MFi認証を受けているという事なので

JBL LIVE650BTNCと、センチメンタル・ジャーニー

イメージ
ここ最近、テレワークでのオンライン会議が続いた事もあり、一日中カナル型のイヤホンを使っていたら軽く外耳炎の症状が出てしまい、マイク付きオーバーイヤー型のBluetoothヘッドフォン「 JBL LIVE650BT 」を購入しました。安価な割に締まりのある音を奏でてくれて中々気に入っています。 低域・中域・高域ともに良い感じに明瞭で、ストリーミングサービスで80年代歌謡曲とか聴くとイイ感じにハマってくれます。     そんな中、ふと聴いて「・・・この歌すごい」と改めて感じたのが「 センチメンタル・ジャーニー 」。 「センチメンタル・ジャーニー」と聞いて、「ジャズのスタンダードナンバーでしょ? ドリス・デイの 」と言うスカした輩は信用してはいけない。勿論、松本伊代のデビュー曲(1981年)の方ですよ(笑)。 松本伊代、当時は甘ったるい喋りや変な歌い方が好きでは無かったのですが、いま改めて聴くと名曲であり、さすが筒美京平の作品と聴き入ってしまいました。   この曲 を分解してみると↓以下のような構成になっています。   【Aメロ】   読み捨てられる 雑誌のように   私のページが めくれるたびに   放り出されて しまうのかしら    それが知りたくて とても   あなたの瞳の奥に 旅してく わたしなの 【サビメロ(一部)】    センチメンタル・ジャーニー   【Bメロ】    つぼみのままで 夢を見ていたい   影絵のように美しい 物語だけ見ていたいわ 【サビメロ】   伊代はまだ 16だから(Sweet Little Sixteen)   何かに誘われて あなたにさらわれて   センチメンタル・ジャーニー   作詞:湯川れい子/作曲:筒美京平のこの曲、AメロとBメロの間にサビの一部が滑り込む独特な構成をしています。   イントロの明るさと変わって歌い出しのAメロはトーン穏やかに甘ったるい歌い方が続き、サビメロの一部「センチメンタル・ジャーニー♪」が入り込み、雰囲気が明るくなるものの、続くBメロは、また抑え気味な曲調が続きます。   このBメロ部分、松本伊代の歌い方が実に危なっかしい感じで安定感がありません。歌詞も「影絵のように美しい物語だけ見てたいわ」と、雰囲気も暗い。   しかし、ここから一気にサビメロの「伊予はまだ16だから〜♪(Sweet L

FL50mm F1.4 II、半世紀を経た描画力

イメージ
最近、我が家にある古のキヤノンレンズをご紹介していますが、FL50mm F1.4 IIの描画力を改めてじっくり検証してみました。 結論から申し上げると、半世紀前のレンズと現代のレンズを比較し、それ程に決定的な差が無い事を実感しました。むしろ最新のデジタルカメラと組み合わせることでレンズ本来のポテンシャルを最大化できると考えます。 尤も、感覚的なモノサシになるので個人差はあるでしょうが、レンズ性能を絶対的/相対的に測る行為そのものが、間違っているのかも知れない、という感覚になる為です。 と言うのも、数値的に測定可能な性能を通じ写真として記録される「描写力」に我々は感動するのでは無く、そのレンズを通して描かれる「描画力」、いわばレンズ自身の表現力に心を揺さぶられる為と考える訳です。   そうした視点からFL50mm F1.4 II(1968年発売)を見て行きましょう。FL50mm F1.4 IIの基本性能として、f4.0〜5.6辺りからイイ感じになってきます。周辺減光はf4.0で気にならない程度に、f5.6からほぼ完全に消える印象です。解像感もf4.0辺りでキレイになり、f5.6では四隅もイイ感じに解像感が上がってくる感じです。 こうした特性のレンズ故に、今回はf4.0で描画力を検証する事にしました。   FL50mm F1.4 IIにて、絞り値f4.0で撮影しています。全体的に端正な描画で、歪みも感じられません。   続いて EF50mm F1.8 II という1990年発売のレンズ。定価12,960円という激安レンズですが、きっちり描画してくれます(尚、カメラボディはEOS Rを使用したので EF50mm F1.8 II ではDLO補正が掛かっています)。 【関連記事】EOS Rのカメラ内レンズ光学補正で、古のレンズが蘇る ネット界隈では先日発売された「RF 50mm f1.8」の話題で盛り上がっていますが、敢えてEF 50mm、それも2世代前の「 EF 50mm  f1.8II 」について今更過ぎるのですが語らせて下さい。 少し前から使い始めた EOS R 。 正直、長年使ってきた一眼レ...   先述のFL50mm F1.4 IIと比較して、解像感が更に向上しているのが分かりますが、だからと言ってFL50m

偽Lレンズ

イメージ
世界で最も成功したブランドのひとつにメルセデス・ベンツが好事例としてよく挙げられます。ブランドにおいて、大切となる「認知」において、幼稚園児でも分かる単純化されたスリーポインデッドスターと呼ばれる星の3本マークこそメルセデス最大の発明と言えるのでしょうね。   同様にカメラ趣味世界でも分かりやすい認知戦略で知られるのが私も愛用するキヤノンです。残念ながらメルセデス程には万人に浸透こそしていないものの、カメラ趣味世界では「赤鉢巻」「白レンズ」といった一目で分かるラグジュアリーラインの存在感とアピール戦略は競合他社に比較してアタマひとつ差を付けていると感じます。   「赤鉢巻」とはキヤノンの高級レンズ群「 Lレンズ 」(Lはラグジュアリーの意)にのみ付けられたレンズの先端部分に付けられた赤いリング。初代Lレンズは1978年リリース「FD300mm F4L」。商品名の「L」文字とレンズ前側の「赤鉢巻」はここからスタートします。 私自身、所有するLレンズは「 EF24-70mm F2.8L II 」のみですが、遠目にも分かりやすいLレンズの証たる赤鉢巻を他の一般レンズにも付けて気分を盛り上げよう(?)という試みです。 用意したのは1973年リリースの「FD 135mm f3.5 S.C.(I)」と、100円ショップDAISOで売られている赤いビニールテープ。 実際のLレンズの赤鉢巻幅に合わせて1.0mm幅程にするとリアルなのでしょうが、私はあまり気にせずレンズ側の貼り付けられそうな場所の太さに合わせてカットしました。 こんな感じに仕上がりました。「FD 135mm f3.5L」とでも名付けましょうか(苦笑)。ホンモノと比較すると赤鉢巻のラインが太くて(x1.5倍位)違和感ありますが、1970年代の厚ぼったいデザインに合っているので悪くないかな、と。 実際のLレンズは前述のように1978年の「FD300mm F4L」からなので、この年代に赤鉢巻Lレンズはあり得ないのですが、それも含めてジョークという事でご査収下さい。   調子に乗って愛用のコンデジ「 PowerShot G1X 」にも赤鉢巻ラインを入れてみました(苦笑)。ちょっと気持ち太かったかな? 実はPowershotにも、かつて「 PowerShot Pro1

不慣れな距離感、135mm

イメージ
FD 135mm f3.5 S.C.(I)は、キヤノンが1973年に発売したFDマウントの単焦点望遠レンズです。「S.C.」とは「スペクトラ・コーティング」の略で、色調を整える為の多層膜コーティングを行なっている事を意味します。 気になるのは続く「(I)」という表記。いわゆる「I型」と呼ばれるものですが、わざわざI型と表記するという事はII型があるのかと調べて見ると、同じFD135mmだけで3種類、NewFDも含めると4種類、さらにf3.5の他にf2.0、f2.5、f2.8もあって、どんだけ135mmが好きなんだよ、と言う状態。    正直、昨今の感覚で言えば135mmはマイナーな焦点距離。なぜこんなにも数多く存在するのか疑問に思っていたのですが、フィルムカメラの時代には、135mmという焦点距離が人気のボリュームゾーンのひとつだったようですね。 当時を代表する135mmと言えば、「Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm f3.5」というM42マウントの銘玉がありますが、各社様々な135mmを競ってリリースしていたようです。 今となってはキヤノンも現行モデルでは「 EF135mm F2L USM 」の1本しか出ておらず、しかも1996年のリリースから約25年もモデルチェンジしていません。理由は様々あるのでしょうが、昨今では70-200mmあたりの高性能な望遠ズームレンズが一般的になった為、135mmというちょうどその中間にあたる焦点距離を敢えて単焦点で持つ理由が薄いものと考えます。   さて、そんな不慣れな焦点距離のFD135mm f3.5 S.C.(I)を、EOS Rにマウントアダプターを介して装着し、撮り遊んでみました。   (f3.5 , 1/80 , ISO2000) オートフォーカスの恩恵に慣れきった体には、ピント合わせが実に難儀に感じます。 EOS Rはオールドレンズに不向きなカメラボディと言われますが、それはカメラボディ内に手ブレ補正が無いためで、他にもフォーカスガイド機能が電子接点の無いオールドレンズ用マウントアダプターでは使えません。 電子接点付きのマウントアダプターを使えば良いのでしょうが、FDマウントとEOS RのRFマウントを変換するマウントアダプターには電子接点付きがありません