投稿

Lo-Fiレンズ、7Artisans 50mm F1.1 (その3)

イメージ
 ( 前回 の続き)今回は、七工匠「 7Artisans 50mm F1.1 」に関して、もう少し詳しくご紹介します。 このレンズは2017年に発売となり、かなり話題となった事からネット上では既に多数のレビューが掲載されており評価が定まったと言えます。 概ね、其れ等をまとめると、以下の様な意見に集約されます。↓ ・7Artisansの ビルドクオリティはとても良好 ・7Artisansの開放F1.1では、 とにかく良くボケる ・開放F1.1をNoctiluxと比べると、7Artisansの ボケは輪郭線がより滲む ・7Artisansの開放F1.1でのボケは、 やや輪郭線が強くザワついた感じ ・7Artisansの中央部は、F1.4で改善され、 F2.0まで絞るとシャープ に ・7Artisansの 周辺部はF5.6位まで絞り込まないと改善しない ・7Artisansのボケの傾向は、 四隅に向かって放射状に流れる ・7Artisansの開放F1.1では、 周辺減光が激しい ・7Artisansは 歪曲収差が強め に出る ・7Artisansは 逆光に弱くフレアが目立つ ・ さながらオールドレンズ を扱っているような気になる   このように、良くも悪くもクセが強いレンズなのは確かなようです。   私が「 7Artisans 50mm F1.1 」を購入するきっかけとなったのは、当ブログでも何度もご紹介している、キヤノンが1960年代に出した「FL50mm F1.4 II」の持つクセに魅力を感じた為です。「FL50mm F1.4 II」を使っていく内に、もっと被写界深度の浅いレンズも試してみたくなってきました。ただ、F1.4のその先を試そうとすると、急に価格が跳ね上がる他、選択肢も一気に狭まります。 (CC Photo Terry Chay .) 最初に候補として挙がったのが、コシナ社のVoigtlander(フォクトレンダー)「 NOKTON 50mm F1.1 」です。F1.1であり、歪みも少なく、高い描画性能には定評があって安心して絞り開放から使えます。 「 NOKTON 50mm F1.1 」は価格も定価137,500円(税込)、新品120,000円前後、中古なら80,000円前後で購入できます。世界中で人気のレンズですから、もし相性悪く

Lo-Fiレンズ、7Artisans 50mm F1.1 (その2)

イメージ
 ( 前回の続き ) 前回 は私の購入した中国・七工匠「 7Artisans 50mm F1.1 」の元ネタ的な存在である、ライカ社の「 Noctilux 50mm f1.0 」(ノクチルックス)との比較をしてみました。 実はこの「 Noctilux 50mm 」を模した中華レンズがもう1つ存在します。それが「 TTArtisan 50mm F0.95 」です。 私の持つ「 7Artisans 50mm F1.1 」と名前もよく似たこのレンズを知るには、まず前置きとして「 7Artisans 」と「 TTArtisan 」という2つのブランドの違いを理解するところから始めねばなりません。   前回の記事にもご紹介したように、七工匠こと「 7Artisans 」は、中国のカメラ愛好家7人が2015年夏に深圳で立ち上げたプロジェクトがスタートとなります。 七人の匠=それぞれレンズ光学に長けた者、デザインに長けた者、生産工程に長けた者などが集まって、自分達の理想とする趣味性の高いレンズの設計・開発を目指すプロジェクトです。 私の購入した「 7Artisans 50mm F1.1 」のように、クラシカルで安価なマニュアルレンズを特徴としています。   一方、よく似た名前の「 TTArtisan 」は2019年に同じく中国・深圳でスタートした新興ブランドです。中国名「銘匠光学」なる同ブランドは、深圳市铭匠光学科技有限公司という会社が展開しています。 この会社、なかなか謎に包まれているのですが、一説には先述の「 7Artisans 」のレンズ製造を請け負っていたという話がネット界隈では公然と語られています。しかしながら、そのニュースソースが見つけられず真相は不明。   「 7Artisans 」と「 TTArtisan 」は共に名前もよく似ているのですが、趣向は結構違っていたりします。「 7Artisans 」は、どちらかというと伝統的な設計でオールドレンズに近い味わいの描画を愉しむレンズと言えます。価格帯も1〜4万円程度と安価な割にビルドクオリティの高い趣きのあるレンズが特徴となっています。 他方、「 TTArtisan 」は、非球面レンズを積極的に採用する等、どちらかというと切れ味の鋭い現代的な趣きのレンズであることが分かります。価格帯も3〜8万円程度が中心で、 7

Lo-Fiレンズ、7Artisans 50mm F1.1 (その1)

イメージ
「Lo-Fi」(ローファイ)なる言葉を耳にした事ある方も多いのではないでしょうか。いわゆるオーディオや映像分野で1970〜80年代に謳われた「Hi-Fi」(ハイファイ:High Fidelity=高忠実度、高精細)の対義語として、生まれたLo-Fiなる言葉は「Low-Fidelity」とネガティブな意味を持つものでした。 それが昨今では、 一大Lo-Fiブームが巻き起こっています 。高音質な音楽配信サービスが当たり前となった現在において、敢えて意図的に歪ませ、アナログ感の溢れるリラックスした雰囲気を持たせた ミュージック「Lo-Fi Hip-Hop」は主にYouTubeを媒介に 、世界中でムーブメントとなっています。   時を同じくして、いま世界中でフィルムカメラのブームも巻き起こっています。 誰でも高精細な写真が簡単に撮れる時代だからこそ、敢えて手間が掛かり、画質も劣るフィルムカメラを使うことが新鮮であり、オシャレであり、知的活動とさえみなされる(!)。まさに、カメラ世界におけるLo-Fiムーブメントと言えるのではないでしょうか。 このように、音楽であれ写真であれ「時代のキブン」はHi-Fi化が高度に進んだ反動としての、Lo-Fiな、つまりチルでメロウでリラックスな方向性にあると考えます。   前置きが長くなりましたが、そんなLo-Fi時代に最適なレンズを購入しました。中国・深圳を拠点とする新興レンズメーカー「 七工匠(しちこうしょう)※英語表記名:7Artisans 」の単焦点レンズです。 七工匠(7Artisans)の名前は、中国のカメラ愛好家7人のプロジェクトとしてスタートした事に由来するそうです。 2015年夏、中国のカメラ愛好家たちが集う夕食会を発端とする7Artisans Projectは、レンズ光学に長けた者、デザインに長けた者、生産工程に長けた者など各々が得意とする分野を集約し、趣味性の高いレンズの開発と商品化を目指します。   私が購入したのは、そんな七工匠の単焦点レンズ「 7Artisans 50mm F1.1 」。カメラ好きの方なら、この「F1.1」という数値の持つ凄さに驚くと共に、”あのレンズ”を思い浮かべる事でしょう。 そう、”あのレンズ”とは、ドイツのライカ社が作る「 LEICA Noctilux 50

偽Lレンズ(その2)

イメージ
  Canon EF50mm F1.8 L 。 Lレンズ です・・・というのはウソです(苦笑)。   AliExpressで購入したゴム製リストバンド をEF50mm F1.8 IIに巻いただけなのですが、これが意外や遠目に見ると、それっぽく見えます(笑)。〔了〕   【関連記事】偽Lレンズ 「赤鉢巻」とはキヤノンの高級レンズ群「Lレンズ」(Lはラグジュアリーの意)にのみ付けられたレンズの先端部分に付けられた赤いリング。初代Lレンズは1978年リリース「FD300mm F4L」。商品名の「L」文字とレンズ前側の「赤鉢巻」はここからスタートします。   PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

"後遺症"が写真に与えた影響

イメージ
ダグラス・グラマン事件という1970年代末に起きた汚職事件をご存知でしょうか。今となっては事件そのものよりも、証人喚問に立った当時の日商岩井副社長・海部八郎氏が宣誓書に署名する際の「手の震え」が印象的に語り継がれています。   ・・・さて、私事ですが2ヶ月近く前、例の” 流行り病 ”に感染しました。現在は”後遺症”に苦しむ難儀な日々を過ごしております。 写真を趣味とする私にとって、厄介なのが後遺症による「手の震え」。あまり知られていませんが、例の”流行り病”には後遺症の一つとして「関節炎」があります。私も様々な症状と併せ関節炎(と、それによる左上半身全体の痺れ)にも苦しんでおり、その影響で「手の震え」が慢性化してしまいました。 おかげでカメラをしっかり保持することができず、失敗写真を量産しています。 【参考サイト】高校野球・京都国際「後遺症」で敗退 小牧憲継監督(38)も「後遺症というか、いろんな選手があちこち痛いと。よくアスリートで若い子たちが関節炎になるみたい。なかなか思い通りに進んでいない」と実情を明かした。(nikkansports.com)     私の所有するカメラはいずれもボディ内手ぶれ補正機構がありません。意外かも知れませんが、キヤノンEOSシリーズでは、2020年リリースの EOS R5 / R6 になってやっとボディ内手ぶれ補正機構が備わった状況で、其れ迄はレンズ側に搭載された手ぶれ補正機構のみに頼る構成でした。 しかも、私の使うレンズは手ぶれ補正機構が無いものが殆ど。以前の私は「カメラをしっかりとホールドすれば解決できる問題であって、手ぶれ補正など無用」と長らく強がっていた為でもあります。     ところが、現在は手の震えに悩まされるようになり、今更ながら手ぶれ補正機構の重要性を再認識するに至ります。 とりあえず、シャッター速度をグンと上げて手ぶれの影響を最小にしようと試みることに。フィルムカメラ時代を知る身としては、ISO400よりも上げることには抵抗があり、とりわけISO1600が心理的な限界値でした。 幸い、昨今のデジカメはISO6400くらいを常用してもナンら悪影響がないのですから、完治できるまでISO感度アゲアゲで何とか凌ぎたく考えます。   ・・・皆さまも感染にはお気をつけください。〔了〕

なぜEOS Rのデザインに嫌悪感を感じるのか

イメージ
私はキヤノンのカメラ「 EOS R 」を愛用しています。他にも幾つかキヤノンのAPS-C機やコンパクトデジカメを持っていますが、やはり描画性能においてはフルサイズ機である EOS R の懐の深さが際立ちます。 このように、とても気に入って使っている EOS R ですが、一点だけ強い強い不満があります。それはカメラボディの「デザイン」。はっきり言って カッコ悪い・・・というレベルを飛び越えて、私としては「生理的に受け付けられない」レベルに”嫌悪感”を抱く醜いデザイン だと感じています。 かれこれ2年近く使っているのですが、ホントに気持ち悪い。   なにがそれ程までに嫌なのか。EOS Rの購入以来、ずっとモヤモヤしていた嫌悪感の言語化を試みたのが、この記事です。 上記、 EOS R 〜 R5 までのモデルを並べてみました。こうして並べてみても、EOS Rの異形さが際立ちます。 共通のデザインとして「Canon」ロゴが刻印されたファインダー部分の山からボディの左右に流れていく角度として、向かって右側が下側に来るようになっています。 これはEOS Rシリーズに限った話ではなく、一眼レフ時代のEOSからの伝統なのですが、一見してEOS Rの左右不均衡さが目立つのは傾斜する”肩”に相当する部分が、EOS Rはエッジが立っていて殊更に”悪目立ち”している為と考えます。 キヤノン 公式サイトの説明 では、 ファインダー部を頂点として、フラットな両肩が緩やかに下がる姿は、このカメラが「ファインダーを覗いたまま撮る機器」であることを、無言のうちに主張している との事ですが、そんな主張は微塵も伝わってきません。 前述のように、フラットな両肩の稜線はエッジが効き過ぎている為に、他機種では気にならないアンバランスさが悪目立ちしています。   他にも「Canon」ロゴが刻印されたファインダー部分が必要以上に細まっているのが、はっきり言って「気持ち悪い」です。・・・そう、まるでネオ一眼カメラのような安っぽさとニセモノ感が漂います。 旧来の一眼レフ時代は堂々と大きく刻印されていたロゴですが、EOS Rに限っては奇妙に細まった先に小さくCanonと彫られていて窮屈さを感じるばかりか、横から見るとファインダー部分の盛り上がりに奇妙で無意味な波状デザインが施されています。 こ

エモい写真が撮れる、FL50mm F1.4 II

イメージ
「エモい」という言葉を、私のようなオジサン世代でも日常的にも耳にするようになったのは2017年頃でしょうか。実際その頃からGoogleトレンドのキーワード検索にも上がってきているようです。 この言葉を初めて耳にしたとき、心の汚れた私は「エロい」+「キモい」=「エモい」の略と勘違いしたものですが、実際には「エモーショナル」や「えもいわれぬ」を語源とした「趣がある」ものに用いられる形容詞が正解のようですね。   さて、 先日から記事を連発している ように、Canonが1960年代に発売した「FL50mm F1.4 II」なるオールドレンズを気に入って使っています。このFL50mm F1.4 IIで撮った写真が、いわゆるエモいんです(オジサンは覚えた若者言葉を早速使いたがるのです。若者がその言葉を使わなくなる時期に反比例して)。   (50mm , F1.4 , 1/320 , ISO 200) 並ぶワインボトル。手前のボケは良い感じ。奥の木々のザワついたボケは汚いと言えば其れ迄ですが、なかなかエモーショナルな描画をしてくれると思いませんか。   (50mm , F1.4 , 1/200 , ISO 100) レジを打つ手前の女性に合焦したものです。周辺減光が激しいので、より中心の人物にフォーカスされた感じが良いですね。 マニュアルフォーカス時代のレンズはピントリングの感触も適度なトルク感があるので慎重なピント合わせがしやすいです。私の持つFL50mm F1.4 IIは、グリスがやや硬くなって来ているのですが、昨今のAFレンズに搭載された抵抗感のないスカスカなMFリングとは比較にならない感触の良さです。   (50mm , F1.4 , 1/320 , ISO 400) 夕暮れの団地。これだけ暗くても階調がしっかり再現できているのは素晴らしいですね。フリンジが出ているのも愛嬌です。    (50mm , F1.4 , 1/200 , ISO 400) この写真は奥の壁に描かれた「JAPAN CAFE FABLE」の文字に合焦させています。 左の壁に着物の女性が描かれた絵と、その横に照明がありますが、独特な柔らかさとボケ感に包まれていますよね。また、右手前にいるメガネの女性のボヤけ方も実にソフト。 悪い見方をすればボサボサにボケているの

ドラゴン・タトゥーの女給

イメージ
たまに行く近所のカフェで朝食。 愛用のカメラ EOS R に、1960年代のオールドレンズFL50mm F1.4IIを装着。 浅い被写界深度と甘い描画が最近のキブンです。   そういえば。 この店には独特な雰囲気を放つ若い女給がいます。 ショーのランウェイを闊歩するモデルのような色白で細身の彼女。 先端鋭利な黒髪ショートボブに、アンダーリムのメガネを掛け、 丹念に描き込まれた濃いアイシャドウの奥に見える切長な目は、 客に媚びないクールな応対と相まって、まるで獲物を睨む蛇のよう。 雇用者が与えた制服さえも、その着こなしから違った雰囲気に感じられます。 きっと彼女はタバコを薫らせ古いレコード盤を聴いているに違いない。 きっと彼女の父親はフランス人に違いない。 きっと彼女はかつてパリに住んだことがあるに違いない。 パリ時代の彼女は銃所持免許を取得していたのではないか。 だとしたら、彼女が愛用した拳銃は ワルサーPPK/S あたりだろうか。 いや、パリに溶け込む ブローニングM1910 を嗜んでいたに違いない。 そして、彼女の背中には、 龍の刺青(ドラゴン・タトゥー)が彫られているに違いない。 ・・・と、そんな妄想掻き立てる存在感を放つ彼女を、 密かに「 ドラゴン・タトゥーの女 給」と呼んでいたのであります。〔了〕 【関連記事】 FL50mm F1.4 IIに関する記事 キヤノンが1968年にリリースしたFLマウントのレンズ「FL50mm F1.4 II」を愛用しています。このレンズが持つ独特な描写がとても気に入っています。浅い被写界深度と甘い描画が魅力的です。   PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

FL50mm F1.4には、3タイプ・4種類が存在する。

イメージ
先日の記事 でも紹介したキヤノンが1960年代にリリースしたオールドレンズ「FL50mm F1.4」について、2回のマイナーチェンジを経て計3モデル(初期型/1型/2型)の存在が確認されています。 厄介な事に、これらの見分け方が分かり難く、尚且つキヤノン公式サイトの情報も初期型は写真が未掲載だったり、レンズ構成図が一部に記載がなかったり、記載に矛盾がある等してアテにならない事から、日本国内のみならず海外でもユーザーが混乱気味な様子です。 かくいう私自身、自分の手元にあるFL50mm F1.4レンズが初期型/1型/2型のどれに該当するのか迷ったものです。 更にヤヤコシイ事に、冒頭で「計4モデル」(=初期型/1型/2型)がある旨を紹介しましたが、 実際には「3タイプ・計4モデル」(=初期型/1型/2型/2型でIIの刻印があるもの)の存在が確認 されております。   そこで、当記事では(私の推測を多分に含んだ不確かな情報ではありますが)、これら計4モデルを分類・整理してみました。この分類にあたっては、私が過去に中古ショップで目にしたものや、国内外のネット上でやり取りされている同レンズ等、約70本(!)程から推定したものです。 まず「2型」に2種類存在する点から。レンズ構成など仕様的には「2型」なのに「F1.4 II」という表記が無く、従来の1型と同じ「F1.4」表記のままのモデルがあります(私が所有しているのは正にコレ)。 リリース順として私は、「初期型」>「1型」>「2型 (F1.4表記)」> 「2型 (F1.4 II表記)」の順と推察します。何故なら、製造番号から推定される個体数が「F1.4 II」表記モデルの方が多い為です。FLレンズは1974年まで販売されており(後継のFDレンズが登場した1970年以降も継続販売されており)、その販売期間を考慮すると、「F1.4 II」表記モデルの方が販売期間が長かったと推定される為です。    (CC photo by Richard Yuan ) 次に表内で記載の「製造番号」ですが、これはあくまで私が目にしたレンズに限った話ですが、いわゆる「初期型」と「1型」に分類されるモデルは、製造番号が「5桁」に限られていました。 そして、これら「初期型」〜「1型」は製造番号が連続しているように思われる他、 外観

F1.4越しに眺める愉しさ

イメージ
その昔、某高級レンジファインダー機を触らせていただく機会がありまして。本来であればメカニカル精度の高さ等に関心を向けるべきなのでしょうが、私が感じたのはピント合わせの難儀さでした。 目の弱い私にとって、いわゆる二重像合致式でピント合わせをするレンジファインダーの方式は不向きだったのです。ミノルタがオートフォーカス搭載のα7000を発売した1985年から40年ちかく経った現在、敢えてマニュアルフォーカスのカメラを使う理由も無かろう、と思ったものです。   そんな私ですが、ここ最近はマニュアルフォーカスのレンズばかり使っています。そのレンズとは10年以上前に中古で購入した単焦点「FL50mm F1.4 II」(1968年リリース)。 元々はフィルムカメラ「Canon FTQL」で使う為に購入したものですが、フィルム価格や現像料の高騰からフィルムカメラを使う機会がめっきり減り、最近は部屋の飾りとなっていました。   FL50mm F1.4 II を再び使い始めたのは、ミラーレス機の「EOS R」や「EOS Kiss M」を買ってから。ミラーレス機とオールドレンズの相性の良さは、フランジバックの短さからマウントアダプターを介せば大抵のレンズが装着できる事は勿論ですが、ピント合わせのしやすさにあると改めて感じた次第です。 私の場合、マニュアルフォーカス用のピーキング表示は用いず、専らピント位置の「拡大表示」機能に頼ってピント合わせをしています。ミラーレス機だからこそ可能となる拡大表示機能により、目の弱い私でも難なくピント合わせが出来るようになりました。 そうなると、オートフォーカス時代な現代において、"逆に"手動でピント合わせをするマニュアルフォーカスが愉しく感じてくる訳です(笑)。加えてF1.4のような被写界深度の浅い世界でピントが合うと、その嬉しさも倍増するというもの。 そして、FL50mm F1.4 IIのようなオールドレンズの常として、絞り開放で撮ると、あらゆる収差が生じ、滲み・歪み・流れ・周辺減光のオンパレードになります。しかし、昨今の光学的にも優れ、電子補正が当たり前な現代レンズを見慣れた目には、其れらの粗さえも新鮮に感じて愉しくなってくるのですから、人のココロとは不思議なものです。   (EOS R +