投稿

MOディスクのデータを取りたいダケなのに

イメージ
とある事情があって30年近く前のMOディスク(それも一部のディスクはセクタ不良を起こしている)からデータのサルベージが必要となりました。 結論から言うと、中途半端にデータのサルベージは出来たものの、一部は回収しきれておれず、継続課題となりました。昔なら簡単に出来たことも、今となっては古い規格の制約を受けてとても難儀しています。 もし、皆様のお手元にMOディスクやZipドライブ、古いHDDドライブ等が眠っておりましたら、お早めにデータのサルベージをお勧めします。   - - - 以下、備忘録。ものすごく長文 - - -   今回用いたMOドライブはかつて存在した株式会社ICM製のSCSI規格なドライブ。ICMは安価なHDDやMOドライブ等を販売していた大阪にあった会社で、1996年に破産しています。私はMac用として使っていましたが、当然、そんな昔の機器のドライバーなんて今はありません(あっても現在のOSには対応できません)。確か1995年頃に購入したものと思いますが、とりあえず電源は入ることを確認。・・・うん、我ながら物持ちが良い。 そのMOドライブですが、採用されているSCSI端子のままでは読み込めないので、これをUSBに変換する必要がある訳ですが、用いたのは 米国Microtech International社製「USB XpressSCSI」 なる製品。 当時は初代iMacが出て、世界中で大ヒット。このiMacのヒットによりUSB規格と無線LANが普及したと言って過言じゃありません。「iMacにはSCSI端子が無いらしいが大丈夫なのか?」と心配されたものですが、サードパーティ各社からSCSIをUSBに変換するアダプターがたくさん出たという訳です。 この「USB XpressSCSI」も、その1つ。1999年に JR札幌駅の高架下に存在した「T-ZONE 札幌店(Mac&アウトレットショップ)」で購入した記憶があります 。まだ持っているとは、我ながら”捨てられない症候群”ですな。  さっそく、変換アダプターである「USB XpressSCSI」をMOドライブに繋げ、M1 MacBook Airに接続するも・・・MOドライブを認識せず。当時はMOディスクを「HFS(Mac標準フォーマット)」でフォーマットしていた訳ですが、HFSのサ

PCM録音機としてのソニー「EV-S900」

イメージ
♪ 僕のあだ名を〜 知っているかい〜 ♪ ♪ EV-S900と 言うんだぜ〜 ♪ ♪ 製造終了から 早31年 ♪ ♪ ギヤ欠け破損にゃ 慣れたけど〜 ♪ ♪ やっぱり画質は 眠たいなぁ〜 ♪  山田太郎の「新聞少年」(1965 年) の替え歌といっても、もう通用しない古(いにしえ)のネタ。   上記の画像は古き良きSONYが1989年にリリースしたHi8規格のビデオデッキ「EV-S900」(当時の定価245,000円+税3%)です。Hi8は、いわゆる「8ミリビデオ」と呼ばれた規格の上位版で、VHSビデオで言うところのS-VHSに相当します。1989〜1991年3月までの約3年弱製造されました。   私が購入したのは製造終了から数年経た1993〜1994年頃。ビデオデッキとしては当時、既にVHS/S-VHSが市場シェアを制圧しており、S-VHS専用テープも安価な値段で出回っていました。そんな時に、わざわざ違う規格のHi8ビデオデッキを購入したのは、ビデオ用途では無く「オーディオ用途」が主たる理由でした。 8ミリビデオ規格には、デジタルマルチトラックPCMという機能がありました。サンプリング周波数31.5kHz・量子化数8ビットでPCM(=パルス符号変調。つまり、アナログ信号を時間軸に細かく区切ってデジタル化していく方式)録音ができます。。 さらにユニークな事に、8ミリテープ幅の全てをオーディオトラックとして用いる機能があり(=映像は無し)、この場合、左右2chの最大6トラックが使えました。つまり120分のテープをLPモード(2倍の長時間録画モード)で記録すると、120分×2倍×6トラック=計24時間もの長時間録音が出来た訳です。 結局、このデジタルマルチトラック方式は、ソニーのEV-S500(8ミリ)、EV-S600(8ミリ)、EV-S800(8ミリ)、EV-S900(Hi8)、東芝のE-800BS(Hi8)の僅か5機種でしか採用されなかった極めてマイナーな機能でした。高画質録画ができるHi8規格に限っていえば、僅か2機種という有様。   既にデジタル録音機として「DAT」がありましたが、本体価格もテープ価格も非常に高価であり、むしろ聴きたい楽曲すべてをCDで買い揃えた方が安上がり(!)とも言える状態でした。その為、DATと比較して8ミリビデオを用いたデジタル

チャレンジパッドNeoをネットラジオ再生専用機として活用

イメージ
10年以上続けていた長女の進研ゼミ。長女なりの自己学習スタイルが確立されたようなので、進研ゼミを解約することになりました(次女はまだまだ継続中)。 そこで、手元に余ったのが進研ゼミで使っていたタブレット端末「チャレンジパッドNeo(型名TAB-A05-BD / 2021年モデル)」。当然ながら進研ゼミの学習専用機として設計されており、学習以外のことが出来ないようガチガチに制限されています。 今回、これを汎用Androidタブレット端末化できないか試みました。   結論を言うと、私のスキルで到達できたのは、いわゆる「野良アプリ」を入れられるようになる迄。それ以上のGoogleのサービスと連携するようなアプリ(例えばYouTubeやGoogleMaps等)の利用には使えませんでした。 Googleアカウントと紐づいて動くようなアプリを実行しようとすると「〜の実行にはGoogle Play 開発者サービスが必要ですが、お使いのデバイスではサポートされていません」や「〜が繰り返し停止しています」のエラーとなって動かせません。・・・そう、致命的なことにYouTubeアプリ等が動かないんですよね。   そもそも、チャレンジパッドNeoは、ベネッセ社側で指定したアプリ以外のインストールができないように「開発者向けオプション」の項目がユーザー側で開けず、パスワードにてロックが掛けられています(このパスワードは非公開なので開くことが出来ません)。この設定を開いた先に「提供元不明のアプリを許可」があるのですがね。残念。 ところがネット上を探したところ、これを回避してチャレンジパッドの設定を変更可能とする「CPadCustomizeTool」なるものを提供されている方がいるのを発見します。 GitHub - mouseos/Cpad_dcha_3_changer Contribute to mouseos/Cpad_dcha_3_changer development by creating an account on GitHub.   上記ツールをチャレンジパッドNeoにインストールする事で、ベネッセが規定したアプリ以外もインストール可能となるようなので、さっそく試してみます。   手順はやや煩雑ですが、まず、MacとチャレンジパッドNeoをデータ伝送可能なUSBケ

Flickrの更新料、$143.76 ≒ 21,263円也

イメージ
私が15年以上に渡り愛用している写真共有サービス「 Flickr 」のProアカウント2年更新料を支払いました。今回の請求額は$143.76。この日の円レートで、$1=147.90円ですから、約21,263円の計算になります。 2年契約の割引があるとはいえ、1年あたり約10,640円。現在、約24,000枚の画像・約120GBを利用していますが、そう考えても決して安くは無い(むしろ高い!)です。 私が初めてFlickrの有料会員になった2007年当時、Flickrの年会費は$24.95でした。当時のドル円レートが115円近辺でしたから、年額2,900円程度。その後、2013年のFlickr値上げによって突如登場した「Ad Freeプラン」で年額$49.99に。それでも当時のドル円レート97.6円の換算で約4,900円/年。 2015年のProアカウント復活($49.99)、2019年からの新ProアカウントAnnual Plan導入時でも$49.99は維持されてきましたが、2020年1月の値上げによって、Proアカウントは1年契約で$59.99、2年契約で$117.99の料金体系となります。 【関連記事】Flickrの歴史 (2004〜2020年の16年史) PelicanLovers.com Flickr歴14年の熱心なユーザーである私が、サービス開始からの16年間をまとめてみました。・・・これからもFlickrが末永く続くことを祈って。     2022年時点で2年契約を済ませて私は、次の更新タイミングである今年は$117.99を想定していたのですが、請求額は$143.76。うそ!?と思って確認をしてみたら、2022年の再改訂で月額のMonthly Planが$8.49、1年契約のAnnual Planが$79.99、そして2年契約の2 Year Planが$143.76にアップしていたのですね・・・すっかり見落としていました。 「良い円安」「悪い円安」論はポジショントークの極みだと感じているので大嫌いなのですが、それにしても・・・「タイミングの悪い円安」ではあります。   ・・・とは言え、私が最も愛するネット空間であるFlickr。サービス品質としては文句ないので、お金の問題は何とか折り合いをつけて今後も末長く使っていきたく考えます。 不満タラ

まろやかな音色、YAMAHA NS-2。

イメージ
最近使っているスピーカーのお話し。我が家では室内数カ所にスピーカーを配置しており、たまに気分に応じローテーション的に配置替えをしています。 音色が最も美しいのは、ヤマハ「 NS-B330 」。解像度の高さと音色の美しさから私にはこれ以上のスペックのスピーカーは全く以て不要と感じる逸品です。 一方、近年気に入ってリビングで使っていたのがコスパモンスターなヤマハ「 NS-BP200 」。こちらを現在はテレワーク書斎に移動し、メリハリのある音をニアフィールドで奏でて貰う役割を担って貰うことになりました。 そして、NS-BP220に代わってリビングに鎮座したのが冒頭の画像にある超マイナーなヤマハ「 NS-2 」でした。   多くの皆さんにとって「NS-2」なるスピーカーは全く馴染みが無いと考えますので、今回はそんなマイナーなスピーカーのご紹介です。 ヤマハ「NS-2」は、1995年に発売された音楽鑑賞用スピーカーです。価格は2本セットで30,000円、現在の貨幣価値に換算して31,752円・・・そう、30年ちかく経っても殆ど貨幣価値が変わっていない日本は本当に異常ですね・・・。 とまれ、1995年と云えば年明け早々に「阪神淡路大震災」が発生した他、テロ事件の「地下鉄サリン事件」が起きたことで「日本の安全神話が崩壊した」と盛んに言われた年でした。まだバブルを引きずっていた90年代前半との大きな転換点となった時期でもあります。   そんな1995年に誕生したNS-2の特徴は、端的に云ってそのシックな(悪く言えば陰気臭い)外観にあります。 ヤマハのスピーカーはシンプルで美しいデザインが特徴ですが、このNS-2は、これまでのヤマハスピーカーのデザイン系統から少し外れた、渋みの強い暗めな外観を持ちます。ヤマハは前年の1994年に「 NS-5 」なるスピーカーをリリースしますが、このNS-5とデザイン傾向が似た、モダンとクラシックの両方を兼ね備えた独特な立ち位置になります。   ウーハー部分のコーン紙は、暗く燻んだ何処となく和紙のような表情の質感を持った見慣れない面持ちです。ツイーターも濁ったウズラ卵のような色をしており、こちらもまた実に陰気臭い。スピーカー全体が放つ暗い雰囲気は、この配色に依るところが大きいと感じます。   デザインを担当したのは日本の最大手デザイン事務所「 GK

音楽室のスピーカー

イメージ
授業参観で訪れた娘の小学校。音楽室のスピーカーに「 BOSE 301AVM 」が装着されていて驚いた事を覚えています。 音楽室のスピーカーといえばモニタースピーカー系のナチュラルでフラットなものが好まれる傾向があった為、BOSE 301AVMのように、暖色系で低音も豊富な厚みのある音色を奏でるスピーカーがチョイスされた事に違和感があったのです。   BOSEのスピーカー本体は樹脂製で、ケーブル端子等も素っ気ない粗雑なもの。まるで「筐体(エンクロージャー)に美しい木目を使ったり、端子が金メッキだったりは音色の良さに1mmも関係ないよ」と言わんばかりの。 また、その音色も原音忠実というよりは「こういう音色のほうが心地よく耳に響くでしょ?」と大胆に味付けされています。    そうした事もあり、原音忠実再生主義のピュアオーディオ信者からは嫌われるBOSEですが、私はその合理主義の塊りな正に”アメリカン気質”が大好きだったりします。 ・・・とは言え、音楽の授業で使われるのがBOSE、それも高域のツィーターが前向きと後ろ向きに装着された大胆すぎるアクロバティックな301AVMなのですから、このチョイスは少々「やり過ぎ」感は否めません(個人的には好きですが)。    「音楽室の定番スピーカー」がナニか?は世代によって多少変わるようですが、団塊ジュニア世代な私としては、やはりヤマハ製「 NS-1000M 」です。 私は小学校・中学校・高校といずれも(転校した先でも)音楽室のスピーカーといえば NS-1000M でした。1974年から1990年代後半まで製造されたロングセラーの名機で、いわゆる原音再生を主とした「モニタースピーカー」に類します。   専ら授業では1mmも興味のないクラシック音楽などを聴かされた訳ですが、私は子供ごころに「すごい大音量で綺麗に鳴るスピーカーだな」と思ったものでした。 中学の時は音楽教師が放課後に趣味のレコードをガンガン大音量で鳴らして聴かせてくれた(当時はスネークマンショー等、なかなか際どいネタのものを教室が「どうだ、これ面白いだろ」と集まった男子皆でニヤニヤと聴いた)ものです。昭和とは大らかな時代でした。   とまれ、40人クラスの教室で後席でもしっかり輪郭の掴める解像感の高い音色にエラく感激した私は、それ以来ヤマハのスピーカー

スピーカーを”漂白”

イメージ
愛用のヤマハ製NS-10MMT、書斎の卓上スピーカーとして重宝しています。 これまでも ウーハー部分のフルレンジ化をしてみたり 、エンクロージャー(スピーカー筐体)内に吸音材を入れてみたり、と遊んできましたが、経年劣化によりスピーカーコーンの黄ばみが目立ち始めました。 そこで、スピーカーコーン紙を"漂白"して眩い白さを取り戻すことにしました。私は非喫煙者で、スピーカー設置場所も日陰なのですが、それでも経年劣化でコーン紙の黄ばみ変色は避けられません。   ・・・と、本来であればBefore/Afterで黄ばみがどれだけ取れたかを紹介するのがセオリーですが、Beforeを撮り忘れてしまったので、作業後のAfter画像のみとなっている点、ご容赦ください。 どうです、冒頭の写真。純白のスピーカーコーンが眩いではありませんか!   さて、コーン紙の黄ばみリペアには大きく2つの方法があります。1つが「着色」(塗装)によるもの、そしてもう1つが「漂白」によるものです。 前者の「着色」は、色ムラが出たり、中央のセンタードーム(キャップ)部分の樹脂接着剤(黒色部分)に掛からないよう塗装するのが難しい等ありそうなので諦め、後者の「漂白」を選ぶことにしました。   ネット上には先人たちの様々なノウハウが掲載されていますが、概ね定番セオリーとしては以下の3点に集約されます。 ・ キッチンハイター 等の塩素系漂白剤を使う ・漂白剤は3倍希釈(=原液1に対し、水2を加える)する ・ハケで塗るとムラができるので”霧吹き”で何度も時間を置いて重ねて吹きかける   私の場合、もっと手っ取り早く作業したかったので・・・ ・ キッチンハイター 等の塩素系漂白剤を使う ・2倍希釈(原液1に対し、水1を加える)の濃さ ・ハケでガッツリ塗ってドライヤーで強制乾燥。乾いたら上塗りの繰り返し の方法で行いましたが・・・特段、問題は無いように思えます。 コーン紙が乾いたら二度目、三度目、、、と塗っていく事で手早く終えることができました。また、スピーカーユニットを取り外すのも面倒なので、エンクロージャーに装着したままハケで塗り塗りしていたのは、我ながら丁寧な仕事とは言えませんね(苦笑)。   注意点としては、塩素系漂白剤は非常に強力な漂白力がある点です。ハケで塗るときにほんの一滴でも液が服に

これが書店の生きる道 〜 リニューアルした「ヒシガタ文庫」

イメージ
札幌市東区にある ヒシガタ文庫 に出来たカフェ「 喫茶ひしがた 」に行ってきました。 元々、このカフェは「ダイヤ書房」という札幌で50年以上続く書店に源流を持ちます。確か80年代だったか90年代初頭だったか記憶が曖昧ですが、"郊外型”と呼ばれる店舗を札幌市内で最初に展開したのは同社だったハズ。 その後、2000年代頃にはTSUTAYAのFC店となって本屋+CD/DVDレンタルの業態が続きますが、その郊外店舗も徐々に閉店となり遂に2008年には本店のみとなります。 日本における電子書籍”元年”は2010年と言われていますが(因みにKindle日本上陸は2012年)、ちょうどその頃、私の住む地域でも書店が次々と姿を消していったものです。   本店のみとなったダイヤ書房は 2015年5月に「本屋の中に本屋をつくる」試みとして「ヒシガタ文庫」を立ち上げます 。 当時は本店の1階が書籍コーナー、2階がTSUTAYAのレンタルコーナーだったのですが、書籍コーナーの1/4程を大胆に改装し、選別された本や雑貨などを扱うセレクトショップ的な機能を持たせた「 ヒシガタ文庫 」として全く雰囲気の違うコーナーを儲けます。   当時、いわゆる「セレクト書店」と呼ばれるオーナーがセンスで選んだ書籍が特徴の店舗であったり、ラウンジのような落ち着いた空間とオシャレな雑貨などを豊富に扱う (台湾「誠品生活」を真似た)「蔦屋書店」系の台頭 など、書店の新しい方向性が注目を集めていた時期でした。   「 ヒシガタ文庫 」は、そのどちらでも無く、良い意味でもう少し”こじんまり”とした”オシャレなコーナー”という雰囲気でした。 そんなヒシガタ文庫誕生から7年を経て、 今回のリニューアル(2022年9月オープン) では書籍コーナーをさらに削って全28席の開放的なカフェコーナー「喫茶ひしがた」に改装しています。   「 喫茶ひしがた 」ではコーヒーやハーブティー等ドリンクの他、ホットドックやバタートースト、クロックムッシュ等の軽食の他、クラフトビール等も提供されるというのですから面白い試みですね。 この日、私たちがいただいたのはゴルゴンゾーラのクロックムッシュ。独特の風味がとても美味しく、各メニューも本格的なカフェ仕様となっていました。近所にあっ