投稿

FOSOTO D700 カメラケースはPowerShot G1Xにピッタリ

イメージ
当サイトで私がしつこく紹介しているコンデジPowerShot G1X(初代)。さすがに2012年製のカメラに今どき興味を持つ人は皆無な様で(そもそも2012年の当時でさえ不人気機種だったので) G1Xに関連した記事 のページビュー数は軒並み(そして顕著に)低い傾向があります・・・ それでも、めげずに本日も愛機PowerShot G1Xへの想いを綴っております(苦笑)。上記写真のように、PowerShot G1Xにジャストサイズで適合するカメラケースをようやく見つけました。 中国Guangzhou Fushetu Digital社(广州富摄图数码科技有限公司)が展開するカメラ用品ブランド 「FOSOTO」のD700カメラケース です。内寸120 x 90 x 80 mmの大きさは、まさにPowerShot G1Xのサイズ(116.7 x 80.5 x 64.7 mm)にピッタリです。 実は長年、PowerShot G1Xのカメラケースには難儀してきました。それは大きく飛び出したレンズ部分が邪魔で、カバンに入れると結構な奥行きを取り、うまいように行かなかったのです。また、カバンの底に入れると、取り出す際に飛び出したレンズが引っかかったりする等、兎にも角にも厄介ではありました。 今回購入した FOSOTO D700カメラケース は、左右にDカンが付いているのでショルダーにも出来ます。私の場合、この左右両方のDカンにカラビナをつけてカバンに引っ掛けて使っています。 他にも腰ベルトに通すためのループもついていますが、80年代のウエストポーチな感じの大きさで少々見た目が悪いので、腰ベルトには通さず、カバンに引っ掛ける用途で使っています。 2012年製のPowerShot G1Xでも十分に実用となっている要素は、何と言ってもコンデジとしては大きい、1.5型CMOSセンサーを搭載しているからと考えます。 最近ではコンデジといえば1.0型CMOSセンサーを搭載するのが主流で、結局のところ1.5型を積んだのは、この初代G1X(2012年)と、その後継G1X mark II(2014年)のみ(※三代目G1X Mark IIIはAPS-Cセンサーに移行)。 1.0型センサーの機種も幾つか所有していますが、やはり満足度は低く、G1Xを置き換える存在には至っていません。腐って

医療従事者で無い者がN95マスクを買う理由

イメージ
  上記画像は2020/11/23に撮影した某ホームセンターでの、園芸用品売り場。   「 新型コロナウィルスの影響により、   今後の農薬散布商品の入荷は未定となっております 」   事情を知らない人が目にすると、何のことか分からない文ですが、ここで言う農薬散布商品とは、農薬散布時に用いる防護マスクのこと。 先日の記事でも触れましたが 、園芸用マスクは厚労省DS2規格を満たしており、即ちN95マスク同等レベルの性能を持ちます。   国内において、いまでこそN95マスクは医療従事者しか購入できない制限がありますが、パンデミック以前には100円ショップのダイソーでさえ取り扱っていた程。 それが新型コロナ感染拡大で需要が逼迫し、購入制限が掛かるようになりましたが、農業用や工業用は割と普通に入手できていました。 それが一転して、ここ2週間前からは上記のように品切れになっています。   医療従事者以外の人がN95マスクを購入する事には賛否あるでしょうが、緊急事態宣言の時ならまだしも、現在では医療機関で農業用・工業用マスクで代替しているという話も聞きません。 現在では、こうした(医療用では無い)農業用・工業用N95マスクについて言うならば、購入する行為自体に後ろめたさは無いでしょう。   とまれ、一般人が1枚360円する工業用マスクや、1枚430円程する園芸用マスクを必要とする理由の正当化は中々難しいものがありますが、それでも私は5〜6枚ほど常備しています。その理由は「飛行機での移動」におけるリスクヘッジです。 望まざる状況でも止むを得ず、飛行機での移動が必要となるケースがあります。そうした際に私はN95マスクを用いています。 飛行機や満員電車などの過密な公共交通機関における移動での感染拡大は確認されていないと言いますが、これは追跡可能性と因果関係の問題であって、下記の記事などを読むと相応のリスクがあると考えます。 【参考記事】Is flying safe with the coronavirus? How to reduce your risk on planes Unfortunately taking a flight does carry risk of Covid infection, due to the close proximity you&

窓外の景色が室内空間に与える影響

イメージ
インターネットでは論文検索が簡単に行え、様々な研究成果に辿り着く事ができます。私は興味ある物事を単にググるだけでは無く、キーワードで論文検索を行い、面白い研究論文が発見できないか探るようにしています。   そうした論文のひとつに、 仙台高等専門学校の伊師華江氏と尾崎千央氏が発表した「窓からの眺めが室内雰囲気評価に及ぼす影響」(2017年) があります。 簡単に言うと、窓から見える景色が室内の雰囲気に与える影響を研究したもので、内装スタイルと窓外の景色との間に関係性があること、そして窓からの眺めは室内空間にける「心地よさ」と「派手やかさ」に影響を与えていることが述べられています。 当該論文は評価サンプリング数が学生15名と限定的である点や、年齢層が19〜20歳と偏りがある点など考慮を必要とする部分はあるものの、総じて納得感のある研究内容で読み応えのある論文と考えます。 当該論文を思い出すきっかけとなったのが、先日滞在した東京でのホテルでの出来事。私が宿泊した部屋は、窓から東京タワー(と、その奥に六本木ヒルズ)が見える素晴らしいものでした。 2年前にオープンしたこのホテル、狭いながらも小ざっぱりとした室内空間と相まって、窓から見える東京タワーは、都会的な雰囲気でありつつも、佇まいに情緒ある景色は何時間と眺めていても飽きの来ない不思議な気持ちになります。 ちょうど1日あたりの新型コロナ感染者数が過去最大人数を更新した日でもあり、積極的に出歩く気にもなれずにホテルに籠っていた訳ですが、むしろ趣きあるこの景色をゆったり眺める事ができて良かったです。 まさに、窓外の景色が室内空間の「心地よさ」に好影響を与えていると実感しました。   さて、今回持っていったカメラは例によってお気に入りの PowerShot G1X 。お世辞にも小ぶりとは言えない大きさは、荷物を最小にしたい旅には不便ですが、それでもやはり安定した画質やマニュアルモードでの操作のしやすさ故、ついつい手が伸びてしまう旅カメラです。〔了〕 【関連記事】忘れられた旅カメラ、PowerShot G1X : PelicanLovers.com 2012年3月に「キヤノンコンパクト史上最高画質」なる煽り文句と共に発売されたPowerShot G1X(初代G1X)。世間からは完全に忘れ去られた存在ながら、私に

いまさらFit Boxingと、園芸用マスク

イメージ
 冬の気配と共に、私の住む札幌では新型コロナ感染が急拡大を続けています。実際、先週(2020年11月3日〜9日)の人口10万人あたりに換算した新規感染者数は、 札幌 :34.21人 北海道:17.33人 沖縄 :11.04人 東京 :10.78人 大阪 :10.66人 ・・・と、実に東京の約3.2倍もの水準で推移しており、間違いなく国内でもっとも危険なゾーンになったと言えます。   こうした状況は、まだまだ長引くと考え、フィットネスゲーム「 Fit Boxing 」を購入(来月には続編「 Fit Boxing 2 」がリリースされるものの、溜まりゆく皮下脂肪は来月のリリース日まで待ってくれそうに無いため、初代「Fit Boxing」となりました)。 この「 Fit Boxing 」は、2018年12月に発売されたそうですが、2020年9月には 累計出荷数が100万本を突破した という事で、パンデミックが後押ししたのは間違いないでしょう。 (※其れにしても 往年のDK-96 よりも粗い、セガドリームキャストのようなポリゴン絵は中々キツいものがあります)     パンデミック対策といえば、もう1つ。興味深い工業用マスクをホームセンターで購入。この 重松製作所”園芸用”マスクDD11-S2-1 は、いわゆる農薬散布時や粉塵対策で装着するマスクです。よく見ると厚労省「DS2」規格品と書かれた日本製であることが分かります。 日本の「DS2」規格は、米国「N95」と同じ粒子捕集効率を誇ります。実際、 厚労省の通達 では「 産業用の防塵マスクであるDS2マスクについてはN95マスクと同等に扱って差し支えない 」とのお墨付きを医療従事者に与えています。 私は重度の花粉等アレルギー持ちでありながら、マスク装着が大嫌いで拒んで来たのですが、さすがにコロナ相手では不本意ながらマスクを装着せざるを得ませんからね。 ちょうど来週、東京に飛行機で行く予定があるので(そして減便の関係もあって昨今の飛行機は満席状態なので)その際にでも試してみようと思います。    参考:N95 vs FFP3 & FFP2 masks - what's the difference? With the novel coronavirus outbreak globally, many

ステージ3、感染拡大が危機的な札幌市内

イメージ
連日ニュースにもなっているように、北海道とりわけ私の住む札幌市内における新型コロナ感染が急拡大しています。 北海道が今夏独自に定めた警戒ステージが1→2→3と矢継ぎ早に引き上げられており、実際、全国的に外出自粛をして経済・社会機能が停止した日本政府による緊急事態宣言の頃と比べ、実に4倍もの感染者が確認される異常事態に。 中でも槍玉に上がっているのが幾多の感染源となった「すすきの地区」。いわゆる歓楽街・風俗街ですが、ひと口に「すすきの」と言っても多種多様であり、自治体からの発表である「接待を伴う飲食店」なる不思議な日本語には違和感を覚えると共に、具体性に欠けた表現であり、それ故に、すすきの地区が一括りに悪者扱いされてしまっている感は否めません。 すすきの地区での酒類提供が22時迄の自粛要請が行われたこの日、ちょうど別件で深夜にすすきのを通過して札幌駅方面に自転車で向かう用事があったので、ついでに街の様子を見てきました。 結論から言うと、すすきの地区を通過した0時過ぎ、人出も其れなりに多く、加えて営業時間の短縮要請など無かったかのように営業している店が多いように感じました。 これは店側の問題というよりも、満足な補償金を提供できない自治体側(=政治)の問題と私は考えます。   自粛要請にも関わらず賑わう様子を撮影しようとしている、オールド・メディアの撮影クルーを何組か見かけました。   マスク装着率は概ね80%くらいでしょうか(体感値)。いつもの札幌市内の様子とあまり大きな違いは感じません。 私も地元民ですが、大らかな土地柄なのか民度の問題なのか、元々マスク装着率は決して高く無い印象です。   紹介した、すすきの地区の画像はいずれも私が自転車にドライブレコーダーが代わりに装着しているソニー製アクションカム HDR-X3000 によるもの。The North Faceのポーチには、モバイルバッテリーが入っており、カメラの駆動時間を稼いでいます。   この日も全くこちらに気づいていない右折タクシーに接触されそうになり、あらためて自転車こそドライブレコーダーの必要性があると感じています。   敢えて人出の多いと予想される、すすきの地区を通過する事もあり、この日は KN95マスク を装着。 密着

愛車ムラーノ、冬用の防水フロアマットを新調

イメージ
 2009年8月、サンディエゴ。「アクセルが戻らない!」緊急通報電話 (911)に必死の声で掛けてきた男性の運転するレクサスES350は、時速160kmを超える猛スピードで激突。乗員4人の家族全員が死亡する最悪の結果となります。 このショッキングな模様を伝える 通報時の録音テープが公開された事もあり 、米国中がトヨタに対して激しい怒りを露わにし、大バッシングが巻き起こりました。   後に、事故の原因はサイズが合わない他車のフロアマットを使っており、フロアマットがズレてアクセルに引っ掛かった事によるものと判明。車両の構造的欠陥に起因するものでは無い事が明らかとなります。 しかし、米国議会まで巻き込んだ大バッシングの袋叩きにあったトヨタは、早期の解決を望んで和解に応じ、訴訟関連で推計・約30億ドル、司法省への和解金に約12億ドルもの大金を支払うことに合意する事となります。 【参考記事】トヨタが1200億円の和解金を払った理由とは?  2009年から10年にかけて複数のトヨタ車に対して発生した「意図せぬ急加速問題...   事程左様に、たかがフロアマット、されどフロアマット。メーカー純正品で5〜6万円もするフロアマットですが、正しく車両に適合したものを装着しなければ、上記のような大事故にも繋がりかねない重要なパーツであります。   そんなフロアマットを新調しました。それが冒頭の写真です。・・・ 非純正、しかも中華製です(苦笑) 。冒頭、360字を費やしてフロアマットの危険性を述べた訳ですが、それでも中華製フロアマットを選んだ理由は防水PUレザー(合皮)が欲しかった為であります。 私の住む札幌は、これから冬を迎える関係から防水のフロアマットというと従来はホームセンターやカー用品店で販売されているラバー製が一般的です(※マット自体を車体に固定する穴なども無く、それこそアクセルペダルに挟まったら、と考えると怖いですが、底面の滑り止め加工と自重で過去にそうした危険な思いをした事はありません)。 ラバー製マットの欠点は、やはりドアを開けて乗り込もうとした時にマットが目に入ると、気分が滅入ることでしょうか。そのため今回は印象を変える意味で少し明るい色の、それでいて靴について泥や雪の汚れが目立ち難い「ブラウン」色を購入しました。 購入した中華製フロアマットは、車体に

Raeisuspのダミーバッテリーで長時間撮影を実現

イメージ
ここ20年を振り返り、私たちの生活で最も変化を遂げたものの1つに「バッテリー」の存在があります。 手元のスマートフォンを代表格に、カフェで読書する際も文庫本からタブレットに置き換わり、カメラもフィルムからデジタルに、そして腕時計に至るまで、ありとあらゆる所にリチウムイオン電池が使われている事が分かります。   加えて私たちは日々、これらバッテリー残量をキープすることに少なくない注意を払い続けています。なぜなら、これらバッテリーを必要とする各種ガジェットたちは高いパフォーマンスと引き換えにバッテリー残量を大食いする他、使われ方によって必要とするエネルギー量が異なる関係から、どうしても推定バッテリー残量を正しく未来予測できない問題を抱えているためです。 使用中のガジェットのバッテリー残量が赤く警告を発した途端に“即落ち“した経験は誰しも一度や二度では済まない筈です。   先日、仕事の関係で人物の動画撮影を行う機会がありました。その際に用いたのが私物パナソニックの高級コンデジDMC-LX9。 ポッケに入る小さなカメラながら、1インチセンサーを搭載し、レンズも広角24mm〜望遠72mm(4K動画撮影時はクロップされて36〜108mm)相当、絞り値もf1.4〜f2.8(35mm判換算でf4.0〜f8.0に相当するボケ量)と高性能さが特徴の機種で、簡単なインタビュー撮影では十分な性能を発揮してくれます。 【関連記事】日常カメラ、LX9 :PelicanLovers.com 私がLUMIX DMC-LX9を選んだ最大の理由は「4K動画が撮れる」こと。パナソニックのラインナップでは4Kなんて、ごく当たり前ですが、キヤノンのコンデジでは2018年夏のPowerShot SX740HSが最初(ただしセンサーサイズは小型な1/2.3型)。1型センサー以上を搭載したモデルでは、2019年夏のPowerShot G7X Mark IIIになって、ようやく4K動画に対応した状況ですからね。   その一方で、DMC-LX9のアキレス腱とも言えるのがバッテリー容量。僅か680mAhの小型バッテリーではメーカー公式値でも約30分間の動画撮影しか出来ません。実際、先日のインタビュー撮影時も最後の方ではバッテリー警告灯が点灯し続け、非常に焦りました。 インタビュー撮影では会話の途中でバッテリー

コロナ第3波到来も、紅葉日和な札幌市内

イメージ
11月に入り、人口密集地の東京を抜き全国一の新型コロナ感染者数を叩き出した北海道。なかでも私の住む札幌市内では深刻な感染拡大が続いており、実際、身近にも感染が出始めております。 とは云え、コロナばかりに人生を囚われているのも健全では無いので、考えうる最善のコロナ対策をしつつ紅葉日和な札幌市内を散策してきました。 訪れたのは美しい銀杏並木が観光名所にもなっている北海道大学。 札幌市内中心部に広大なキャンパスを持つ北海道大学。多くの見物客で賑わっておりましたが、感染拡大の影響から「 北大金葉祭 」と呼ばれるライトアップイベントは一般非公開でひっそりと行われたそうです。 また、例年であればアジア圏(とりわけ中国)からの観光客が大勢訪れ賑わうのですが、今年は地域住民(またはGoToトラベルで北海道旅行に来た日本人)で賑わっていたのが特徴的ではありました。 この北海道大学も最近の時流で、一般にも開かられた大学に変わりつつあります。その一例がキャンパス内に点在する カフェコーナー 。 昨年、早稲田大学を訪れた時も感じたのですが、キャンパス内でアルコール類を提供するカフェがあるのは、日本の治安と(日本人及び訪れる外国人観光客らの)民度の高さに支えられている証と言えます。 私たちが北海道大学の紅葉を楽しんだこの日は、ハロウィンと重なった事もあって、キャンパス内のカフェではハロウィンをテーマにしたケーキをいただくことができました。 暖かいコーヒー(またはホロ酔いできるアルコール類)を飲みながら散策する、知的な雰囲気に包まれた美しいキャンパスは最高ですね。 コロナ第3波に見舞われている札幌市内 。街行く人からは緊張感が見られない、との指摘もありますが、私を含め人々は長期の緊張感に耐えうるだけの強さを持っていません。 それ故、withコロナ時代のニューノーマルなる新様式を模索し続けて、より安全・快適に行楽できる日が早く来るよう努めたく考えます。人間が食物連鎖の頂点に立てた際たる理由は変化する環境への「適応性」なのですからね。〔了〕 PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

高城剛の言う「白シャツの魔力」は本当だった

イメージ
Photo by  HansHolt . 定住拠点を持たずに、年の大半を海外各地で過ごす事で知られる、 高城剛 氏(彼が何者なのか説明するのは難しいのですが最も伝わりが良い表現は「沢尻エリカの元夫」)。 新型コロナ感染拡大の影響から、そんな高城氏も2020年3月からは渡航が難儀となった海外ではなく、日本国内に限って各地を移動されているようです。 そんな高城氏が 自著で語っていた のが「白シャツの魔力」。率直に言って怪しい雰囲気漂う風貌と、尋常ならざる頻繁な海外渡航歴から、各国の入国審査で不審がられる事も多いようです。 そこで高城氏が自ら実証したのが「白シャツの魔力」。白シャツを着ると印象が良くなり入国審査でも難儀しないとのこと。 一見、冗談のような話ですが、私たちの無意識な心理に根ざした深い部分を突いた発見だと考えます。このエピソードを読んで以来、私も白シャツが公私共に定番となりました。   高城氏が愛用している白シャツは、 THOM BROWNE (トム ブラウン)のボタンダウンシャツ。1着35,700円との事でさぞかし良い着心地とラインなのかと思われますが、流石にホイホイ買える値段ではありませんし、タックインして着ることが想定された長めの着丈が私の好みでは無かったので一安心(?)。 また、高城氏は自ら立ち上げた「 NEXTRAVELER 」レーベルでオリジナルの白シャツも手掛けます。一説にはTHOM BROWNEのシャツを参考にされたそうですが、サイズラインナップを見ると着丈も標準的である上に、ヘビーなトラベラーである高城氏の拘りとして、ノンアイロン性能を高めているようです。販売は氏のメールマガジン購読者に限られていたようですが、20,000円以上したようで、こちらも中々の価格帯ではあります。 結局のところ私が愛用しているのは、 無印良品の「洗いざらしオックスボタンダウンシャツ」 。オーガニックコットン100%で、洗いざらし感のある風合いが気に入っており、オンでもオフでもこればかり愛用しています。 カジュアル感の強めなシャツはタックアウトで着たい派なので、無印のシャツの着丈が短めなのが気に入っています。よく知られるように、無印は2000年代のはじめ、ヨウジヤマモトがデザインを手掛けていた事もあって、とくにシャツの形が良くなったと考えます(※山本耀