投稿

かんすぴ盆栽日記 〜 完成試聴編(V7.0)

イメージ
FOSTEXの出すDIYスピーカーキット「かんすぴ」を少しずつ弄っていこう、という 連載「かんすぴ盆栽日記」 の第7弾。いよいよ肝心の音を聴いてみることになりました。   採用したスピーカーユニットは前々回にご紹介したように、怪しい中華メーカーであるSOUNDERLINK社の「3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head」というユニット。AliExpressで送料込み約3,600円(ペア)という激安品です( メーカーのスペック表 )。 AliExpress.com Product - 2PCS/LOT Sounderlink 3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head kapton Cone   金属製の砲弾型ディフューザーが特徴的なこのユニット。冒頭の写真にあるように「見た目」だけは実にソレっぽい佇まいで中々カッコ良いと思いませんか?   私がAliExpressで購入検討した際は、レビューが約80件で平均4.8点/5点満点と中々の高評価。一通りざっと評価に目を通したところ、低域は然程でないにせよ「中高域は明瞭」との評価が目立ったので買ってみたのですが・・・ ・・・結論を言うと「あまり音が良くない」です(苦笑) 。好みの問題もあるだろうし、私のセッティングがこのスピーカーユニットの性能を引き出せていないだけなのかも知れませんが、少なくとも私はにとっては良い音とは感じませんでした。   まず全体的に音が「引っ込んで」いるかのような、輪郭のハッキリしない音の感じ。音の定位感は其れなりにあるのですが、どうにも音全体が奥まった印象を与えます。 低域はAliExpressのレビューどおり出ておらず(そもそも1.86Lしか無い小型エンクロージャですので、そこは良いのですが)、レビューで高評価だったので期待した中高域の明瞭さに至っては私には艶やかさを感じない粗い音に聴こえました。   例えば音質の良さで定評のあるドイツのレーベル「ECM」が手がけた作品で、私のお気に入りに、米国人ピアニストのキース・ジャレットのライブ盤アルバム「

かんすぴ盆栽日記 〜 ネジ穴補修編(V6.0)

イメージ
かれこれ6回目となる「 かんすぴ盆栽日記 」。FOSTEXの出すDIYスピーカーキット「 かんすぴ 」を少しずつ弄っていこう!という連載記事です。 前回の記事にあるように 、スピーカーユニットを交換しようとしたら、交換前のスピーカーユニット( FOSTEXのP800K )装着時のネジ穴と、今回装着しようとしているユニットのネジ穴が近接しすぎて、互いのネジ穴が繋がってしまいかねない問題が生じました。   そこで元々のネジ穴を「木工パテ」で埋めて行こう、というのが今回の試み。・・・なかなか進捗が捗りませんが、ステイホームが続く昨今には悪くない話でしょう。 購入した木工パテは セメダイン社製「木工パテA(タモ白)」(約500円程) 。本当は色のあう「 木工パテA(ラワン) 」を買ったつもりだったのが、間違って選択してしまったようです(苦笑)。とは言え、この機会にエンクロージャ自体の色も変えようと思っていたので、まぁ良いや、と。 穴埋めが終わったら、紙ヤスリで表面を平らにします。パテの説明書を読むとパテで埋めてから24時間以上経過すると、表面の研磨が可能になるとの事。尚、ネジ穴などを開ける場合は、パテ埋めから3〜7日目以降に作業が必要との事。気長に待ちましょう。 前述のように、元々のエンクロージャ表面の色を変更するつもりでしたので遠慮なくヤスリで削ってますが、元の色(木目)を生かしたままにするのであれば硬化後にヤスリがけするのでは無く、(パテの色を合わせると共に)硬化前に付属のヘラで平坦にしてヤスリ掛けは最小範囲に(もしくは不要に)するのが良いでしょうね。   さて表面の色替えですが、塗装はハードルが高いのでウォールシート(壁紙)を用いる事にしました。昨今のリフォームブームもあって様々なウォールシートが出ていますので、好みに合わせてチョイスできます。 私の場合、元々のエンクロージャが持つ風合いから、ほんの少しだけ色合いを明るめにしたい程度だったので、似た色合いの茶系シートを選ぶことに。 ・・・ぶっちゃけた話、この壁紙はダイソーで買いました(苦笑)。   難儀なのはフロントに開けられたバスレフポート部分。ここは切りっぱなしな部分なので、ここを如何にキレイな円形でシートを切るかがポイントですが、私は先にシートをエンクロージャに貼り付けて、穴に指を押し

かんすぴ盆栽日記 〜 スピーカーユニット交換編(V5.0)

イメージ
かれこれ5回目となる「 かんすぴ盆栽日記 」。FOSTEXの出すDIYスピーカーキット「 かんすぴ 」を少しずつ弄っていこう、という試みですが、いよいよスピーカーのユニット自体の交換に着手することになりました。   現状は、FOSTEXの8cmフルレンジのスピーカーユニット「 P800K 」(ペアで税別2,600円/2012年当時)を装着。値段を考えると素晴らしい音色なのですが、ここ数年、私が主に好んで聴くネオクラシック系のピアノ曲とかを聴くと、やや澄んだような高域というか、音の解像感や分離に不満が出てきました。 同じFOSTEXの8cm径でグレードアップしようとすると、2021年現在の価格では共に「 FF85WK 」(ペアで税別10,000円)、「 FE83NV 」(ペアで税別10,400円)と一気に4倍の価格。簡素なエンクロージャに、やや不釣り合いな感もします。   もう少し手頃な価格では、音工房Zが出すフルレンジ「 Z-Modena MK2 」(ペアで税別6,000円チョイ)や、そのOEM元となった台湾Tangband社製スピーカーユニットも中価格帯で興味深いのですが、こういう安牌な感じよりも、より"怪しい"中華製ユニットに惹かれてしまう性分です(苦笑)。   購入したのは、冒頭の写真にある、中華メーカー SOUNDERLINK社 製「3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head」というユニット。AliExpressで送料込み約3,600円(ペア)。 メーカーのスペック表を信じるなら 、砲弾形金属ディフューザの効果で高域の指向特性が向上している(ように)見えますが、果たして。 AliExpress.com Product - 2PCS/LOT Sounderlink 3'' Full Range frequency Speaker 3 inch 90MM unit with aluminum bullet head kapton Cone   届いた商品を見るとSOUNDERLINK製のを買ったのですが、SOUNDHITSのブランド名が付けられた商品でした(苦笑)。AliEx

かんすぴ盆栽日記 〜 バナナプラグ編(V4.0)

イメージ
FOSTEXのDIYスピーカーキット「 かんすぴ 」弄りを細々と掲載している シリーズ記事 。 前回の記事「吸音材の追加編」 でご紹介したように、交換用スピーカーユニットが届くまでの間、スピーカーのプラグをバナナプラグに交換する事にしました。   冒頭の写真左が「 かんすぴ 」に標準で付いてくるプッシュ式のターミナル。それに対して今回用意したのがバナナプラグ対応のターミナル。 交換用に用いたのは、 吉本キャビネット株式会社(埼玉県) が展開する自作スピーカーブランド「 BearHorn 」から出ているターミナル。正に「 かんすぴ 」サイズにジャストで適合する 「スピーカーターミナル(2個入)バナナプラグ対応」(税別1,300円) というもので、元々ついているターミナルのネジ穴にもジャストなサイズなので、ポン付けが出来ます。 装着した雰囲気も良い感じです。これでスピーカーケーブルの抜き差しがとても楽になりました。 因みスピーカーケーブルは「Audio Crast」ブランドを展開する中国・深圳にある Shenzhen Crast Audio社 製のバナナプラグ用OFCスピーカーケーブル。1.5mでペア2,300円程な割に凝った作りのケーブルです。 AliExpress.com Product - 1Pair oxygen-free copper audio speaker cable HI-FI high-end amplifier speaker cable Banana plug cable 音質?うーん、ケーブルで顕著な差なんて出ないと私は考えます(苦笑)。変わるとしたら「気分」かな(笑)。なので私は見た目が気に入ったケーブルを購入しています。   以前、オーディオ好きな某大学の工学部教授に訊ねたところ「ケーブルで音質が変わるか?んなモン違わないよ。それ(オシロスコープ)で測っても有意な差なんて出ないのに、それを人間の耳で聴き分けられると思っているのなら、それは傲りだ」と言い放っていたのが印象的でした・・・。 【参考サイト】スピーカーケーブルで音は変わるのか? - デスクトップ・オーディオ道 スピーカーケーブルで音は変わるのか? 前から気になっていて、amazonで何度となく高価なスピーカー

かんすぴ盆栽日記 〜 吸音材の追加編(V3.0)

イメージ
FOSTEXのDIYスピーカーキット「 かんすぴ 」を少しずつ弄る 連載記事 。 前回の「インシュレータ編」 で述べたように、インシュレータ装着で設置面への響きは無くなったものの、今度はスピーカーのエンクロージャ(スピーカーのボックス)自体が共振しているのか、低音域でボワボワした響きが気になるようになりました。 無用な響きを抑える為に購入したのが 株式会社光(大阪) の「 高級吸音シートALP200 」。サイズは30cm × 40cmで厚さ2cmのもの。300円程ですが厚みがあってしっかりしたものです。小さなエンクロージャに2cm厚はどうなのか迷いましたが、良い感じで収まってくれました。   BoforeとAfterを交互に比較したのが↓下記の動画 まだ少し残ってますが、ボワボワ感は低減された感じがします。 エンクロージャの共振を積極的に抑えた、というよりは、むしろフロント開口のバスレフ式エンクロージャなので、程よく穴が塞って低音が減ったダケと考えます。まぁ、結果オーライという事で(苦笑)。   次に不満というか物足りないなぁ、と感じてきたのが高音域。私はここ数年、主にネオクラシックのピアノ曲を聴くので、澄んだような高域というか、音の解像感や分離にやや不満が出てきました。 ・・・そうなるとスピーカーユニットを交換したくなる訳ですが、ここに「かんすぴ」が流行らなかった理由があると考えます。なぜなら、入門セットアップで初期に装着する8cmフルレンジのスピーカーユニット「 P800K 」がペアで税別2,600円(2012年当時の価格)なのに対し、同FOSTEXの8cm径でグレードアップしようとすると、2021年現在の価格では共に「 FF85WK 」(ペアで税別10,000円)、「 FE83NV 」(ペアで税別10,400円)と一気に4倍の価格になってしまいますからね。 低域から高域まで忠実な再現性が特徴な前者のFF-WKシリーズ、豊かな中域が特徴でボーカルを艶やかに奏でてくれるFE-NVシリーズと、共に魅力的ではあるのですが、恐らくこれらスピーカーユニットのどちらかを購入すると、いま使っている エンクロージャ(P800-E) がその小ささ故の容量不足で不満が出てくるに違いありません(苦笑)。いや、絶対欲しくなるに決まってる。 「 P800-E 」がペアで税

かんすぴ盆栽日記 〜 インシュレータ編(V2.0)

イメージ
前回の「組み立て編」 で述べたように、作成した「 かんすぴ 」こと自作キットによるスピーカーですが、どうにも設置面(床やテーブル)と振動している感が否めませんので、インシュレータ(スピーカーと設置面の間に咬まして振動の伝わりを抑えるもの)を装着する事にしました。 インシュレータと言っても千差万別、ピンキリ。所詮は 1,400円(購入当時の税別定価)のエンクロージャ 相手ですから、高額なインシュレータを奢る気にもなれず。結局、AliExpress でスピーカー左右用に8個1,000円程の激安インシュレータを購入しました(笑)。 AliExpress.com Product - HIFIDIY LIVE Aluminum Speaker box Spikes Stand Feet Pad Amplifier DAC Decoder Audio Computer rubber buffer Floor Foot Nail M20*8   購入したのは HiFiDIY という中国のオーディオパーツ販売者が出している「LIVE Aluminum Speaker box Spikes Stand」。決め手は安さもそうですが、ネジでスピーカーに固定するという点が気に入りました。 インシュレータには両面テープで貼り付けるタイプのもありますが、この小型スピーカーである「かんすぴ」は手軽に好きな場所へ移動して設置する運用も出来たら良いなと考え、移動の際に外れたりしないネジを埋め込んで固定できるタイプのにしたかった為です。   片側スピーカーに4つずつ固定してみましたが、中々雰囲気あっていい感じです。サイズ的にも小さなエンクロージャにマッチしていると考えます。 さて、肝心の音ですが、設置面を直接揺さぶる事は無くなってインシュレータの効果が確認でき良かったのですが、今度はエンクロージャ(スピーカーのボックス)が共振しているようで、低音域でボワボワした響きが耳につくようになりました。(^_^; )    「 かんすぴ 」のエンクロージャとして買った P800-E には吸音材としてグラスウールが付属していますが、ボックス内の2面程度しかカバーできない量なので、吸音材をもう少し足して、ボックス内の共振を抑えてみようと考えます。( つづく ) かんすぴ盆栽日記(

かんすぴ盆栽日記 〜 組み立て編(V1.0)

イメージ
新型コロナ感染拡大の影響が深刻な都市のひとつ札幌市に住む私。ステイホームが続く中、2012年に購入以来、 8年半も放置してた 「 かんすぴ 」に着手する事にしました。   「かんすぴ」とは老舗オーディオメーカーの フォスター電機(本社・東京)が2012年に発売したDIYスピーカーキットの愛称 で「簡単スピーカー」の略語。スピーカー自作という領域は、巨匠・長岡鉄男(1926-2000年)の設計したスーパースワンを皮切りにマニアックな世界の趣味でしたが、それを一般人にも楽しめるように簡単&低価格にしたのが「 かんすぴ 」。 実際、私が2012年秋に購入した上記セットは、8cmフルレンジのスピーカーユニット「 P800K 」が1台・税別1,300円(2012年当時の価格)、エンクロージャ(と呼ばれるスピーカーボックス)が1台「 P800-E 」が税別1,400円(同)と、左右合計でも合計5,400円という激安ぶり。 【参考サイト】フォステクス、自作スピーカーキット“かんすぴ”発売 − プレゼントキャンペーンも実施中 - Phile-web フォステクス、自作スピーカーキット“かんすぴ”発売     とりあえず組み立てて鳴らしてみると、うん、まぁ、フツーにHi-Fi(High Fidelity:高忠実度、高再現性)っぽい音がしますね。悪くない、というか両側合わせて1,300円のスピーカーでこんなに鳴るんだな、と軽く感動レベル。 とりわけ低音は思ったより鳴ります。中音もそれなりに。高音は、うーんあまり出て無い印象。総じて「それっぽい音」ではあって元気に鳴ってくれるのですが、音の分離があまり良くありません。 単音のピアノなりバイオリンなり、そうした音だと「これだけ鳴ってくれれば十分やん」と感じるものの、音色が重層的に重なりあう曲、、、別にオーケストラとまで言わなくても、フツーのPOPSとかでもそうなのですが、なんか音が一塊になって、ぼーんと此方に投げられるような乱暴な印象があります。 私は音の解像感が高いのが好きなので(それを全音域を1つのユニットに担わせるフルレンジなスピーカーに期待して良いのかは別として)ちょっと好みからは外れる音色でした。ただ、値段を考えれば必要十分以上に満足の行く音なのは確かですけれどもね。発売当時、ネット上で話題になったのも納得です。   「

電動キックボードのバッテリー交換

イメージ
電動キックボード「キントーンα」のバッテリーとECUを交換した記事を本家サイトに掲載しました。 安物の電動キックボードだけあって、作業が難儀でした・・・キントーンαやキントーンAirの調子が悪い人(もしくはメルカリ等で不動車を安価に買って直したい人)の参考になれば幸いです。 「電動キックボードのバッテリー交換」PelicanLovers.com https://pelicanlovers.com/?p=2003 〔了〕 ※電動キックボード関連投稿 https://blog.pelicanlovers.com/search?q=電動キックボード PelicanLovers.com 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト。ペリカンケースを始めとしたハードケース類や、カメラ関係など趣味系全般サイトです。  

ハイレゾ認証イヤフォンなんていらない理由

イメージ
先日の記事でも紹介しましたが 、私はハイレゾ音源を聴く際はハイレゾ帯域をカバーするファイル形式を扱える中華DAP(デジタルオーディオプレイヤー、要はiPadみたいな音楽再生専用機) FiiO X1 と、ハイレゾ認証こそ受けていませんが、日本オーディオ協会の定義するハイレゾ基準を満たした 中華イヤフォンKZ ZAX を用いています。   ただ、タイトルの通り、 ハイレゾ認証を受けたイヤフォンは不要 と考えます。むしろイヤフォン(最近ではBluetoothイヤフォン)にまで ハイレゾ認証 を与える行為そのものが、この認証制度を眉唾モノにする危険な行為とさえ考えます。 なぜなら「イヤフォンにはハイレゾで期待する効果が得られない」と考えるためです。私が KZ ZAX を用いるのは純粋に安価で高性能なイヤフォンだと考えるためであり、ハイレゾ認証基準を参考にした為ではありません。 人間の可聴帯域を超えた音を鳴らすハイレゾの効果については賛否ありますが、ハイレゾ派が拠り所とする理論として用いられるものに「ハイパーソニック・エフェクト」があります。ハイレゾを語るには、この理論を理解する必要があると考えます。   大橋 力(おおはしつとむ)教授(現・国際科学振興財団情報環境研究所所長)らが長年研究をするハイパーソニック・エフェクトを簡潔に表すと「 超高周波を含む音による基幹脳の活性化とそれを起点にした波及効果 」。 音として人が耳で認識できる帯域を超えた高い音が与える影響に関するこの研究は、1994年の論文「可聴域上限をこえる高周波の生理的・心理的効果(ハイパーソニック・エフェクト)について」まで遡ります。 大橋教授らは2017年、これ迄の研究成果の集大成とも言える 著書「ハイパーソニック・エフェクト」(岩波書店) を出版、昨今のハイレゾ論争に大きな役割を果たします。   大橋教授は「山城祥二」名義で自ら主催する民族音楽を中心とした集団「 芸能山城組 」を率いています。アニメ映画「AKIRA」の音楽を担当した事で世界的な知名度を獲得した芸能山城組ですが、彼らがAKIRAの”前”に手がけたアルバム「 輪廻交響楽 」において、大橋教授はレコードLP盤とCD盤での音の違和感(CD盤の音に満足できなかった事)に科学者らしいアプローチを試みます。 大橋教授はLP盤

中高年の耳に、ハイレゾは不要である論

イメージ
「このキーンって音、不快なのでスピーカーの音を一旦切っても良いですか?」そう言われ、え?って思った事があります。とある会場に設置されたスピーカー、集まった20代前半の若者たちからそう指摘を受けたとき、私にはその音が聴こえませんでした。 ・・・いわゆる モスキート音 と言われるものを初めて体感した瞬間です。   検証サイトで試したところ 、40代後半の私はどうやら15kHz以上の高音は殆ど聴こえないことが判明します。40代になると15kHz以上の高音が聴き取れないのは一般的なことのようですが、少なからずショックではあります。 この経験から感じたこと・・・それは「中高年の耳に、ハイレゾは不要」という不都合な事実。「お前の老いた耳では聴き分けできんよ!」という悲しい現実であります。    加齢による耳の劣化問題について超高周波の研究をしている大学教授にインタビューした記事が PC Watchのサイトに掲載されています が、要するに「聴こえはしないけど超高周波は様々な心理反応を誘発」することが分かります。よって可聴帯域を大きく超えたハイレゾに意味がないとは言えない(効果がある)とのこと・・・うーむ。 【参考サイト】高音聞こえないオヤジにハイレゾ音源の意味はある? ~大学教授が回答  オーディオ機器の話をすると“ハイレゾ音源”の話題がよく聞かれるようになりました。その一方で、“自分にはハイレゾを聞き分けることが出来るのだろうか?”という疑問の声もちらほら。人間の聴力は20kHzが上限で、歳を取ると次第にその上限が低下します。     私がハイレゾ音源を愉しむ際は、ハイレゾ対応のプレイヤー(DAP)とイヤホンを専用で用いています。DAPは、 中国FiiO社より2014年に発売された「FiiO X1」という古い機種 で、当時2万円程度とハイレゾ対応としては最廉価でした。とは言え、性能的には192kHz迄のサンプルレートに(=96kHzの音域まで)対応しており、内蔵されるDACやヘッドフォンアンプの性能とあわせ必要十分。 このDAPに組み合わせるイヤホンは、 中国KZ Acoustics社の「KZ ZAX」 という2020年に発売されたもの。バランスドアーマチュア型とダイナミック型という2つ