投稿

ハイレゾ認証イヤフォンなんていらない理由

イメージ
先日の記事でも紹介しましたが 、私はハイレゾ音源を聴く際はハイレゾ帯域をカバーするファイル形式を扱える中華DAP(デジタルオーディオプレイヤー、要はiPadみたいな音楽再生専用機) FiiO X1 と、ハイレゾ認証こそ受けていませんが、日本オーディオ協会の定義するハイレゾ基準を満たした 中華イヤフォンKZ ZAX を用いています。   ただ、タイトルの通り、 ハイレゾ認証を受けたイヤフォンは不要 と考えます。むしろイヤフォン(最近ではBluetoothイヤフォン)にまで ハイレゾ認証 を与える行為そのものが、この認証制度を眉唾モノにする危険な行為とさえ考えます。 なぜなら「イヤフォンにはハイレゾで期待する効果が得られない」と考えるためです。私が KZ ZAX を用いるのは純粋に安価で高性能なイヤフォンだと考えるためであり、ハイレゾ認証基準を参考にした為ではありません。 人間の可聴帯域を超えた音を鳴らすハイレゾの効果については賛否ありますが、ハイレゾ派が拠り所とする理論として用いられるものに「ハイパーソニック・エフェクト」があります。ハイレゾを語るには、この理論を理解する必要があると考えます。   大橋 力(おおはしつとむ)教授(現・国際科学振興財団情報環境研究所所長)らが長年研究をするハイパーソニック・エフェクトを簡潔に表すと「 超高周波を含む音による基幹脳の活性化とそれを起点にした波及効果 」。 音として人が耳で認識できる帯域を超えた高い音が与える影響に関するこの研究は、1994年の論文「可聴域上限をこえる高周波の生理的・心理的効果(ハイパーソニック・エフェクト)について」まで遡ります。 大橋教授らは2017年、これ迄の研究成果の集大成とも言える 著書「ハイパーソニック・エフェクト」(岩波書店) を出版、昨今のハイレゾ論争に大きな役割を果たします。   大橋教授は「山城祥二」名義で自ら主催する民族音楽を中心とした集団「 芸能山城組 」を率いています。アニメ映画「AKIRA」の音楽を担当した事で世界的な知名度を獲得した芸能山城組ですが、彼らがAKIRAの”前”に手がけたアルバム「 輪廻交響楽 」において、大橋教授はレコードLP盤とCD盤での音の違和感(CD盤の音に満足できなかった事)に科学者らしいアプローチを試みます。 大橋教授はLP盤

中高年の耳に、ハイレゾは不要である論

イメージ
「このキーンって音、不快なのでスピーカーの音を一旦切っても良いですか?」そう言われ、え?って思った事があります。とある会場に設置されたスピーカー、集まった20代前半の若者たちからそう指摘を受けたとき、私にはその音が聴こえませんでした。 ・・・いわゆる モスキート音 と言われるものを初めて体感した瞬間です。   検証サイトで試したところ 、40代後半の私はどうやら15kHz以上の高音は殆ど聴こえないことが判明します。40代になると15kHz以上の高音が聴き取れないのは一般的なことのようですが、少なからずショックではあります。 この経験から感じたこと・・・それは「中高年の耳に、ハイレゾは不要」という不都合な事実。「お前の老いた耳では聴き分けできんよ!」という悲しい現実であります。    加齢による耳の劣化問題について超高周波の研究をしている大学教授にインタビューした記事が PC Watchのサイトに掲載されています が、要するに「聴こえはしないけど超高周波は様々な心理反応を誘発」することが分かります。よって可聴帯域を大きく超えたハイレゾに意味がないとは言えない(効果がある)とのこと・・・うーむ。 【参考サイト】高音聞こえないオヤジにハイレゾ音源の意味はある? ~大学教授が回答  オーディオ機器の話をすると“ハイレゾ音源”の話題がよく聞かれるようになりました。その一方で、“自分にはハイレゾを聞き分けることが出来るのだろうか?”という疑問の声もちらほら。人間の聴力は20kHzが上限で、歳を取ると次第にその上限が低下します。     私がハイレゾ音源を愉しむ際は、ハイレゾ対応のプレイヤー(DAP)とイヤホンを専用で用いています。DAPは、 中国FiiO社より2014年に発売された「FiiO X1」という古い機種 で、当時2万円程度とハイレゾ対応としては最廉価でした。とは言え、性能的には192kHz迄のサンプルレートに(=96kHzの音域まで)対応しており、内蔵されるDACやヘッドフォンアンプの性能とあわせ必要十分。 このDAPに組み合わせるイヤホンは、 中国KZ Acoustics社の「KZ ZAX」 という2020年に発売されたもの。バランスドアーマチュア型とダイナミック型という2つ

ファンとしての信仰心が試される、斉藤由貴

イメージ
「なんで私という人はいつも毎度こんなふうになってしまうのかなって」 ・・・これは、斉藤由貴が不倫騒動の記者会見(1993年)で発した言葉。とかく男性関係に乱れた人物として有名ですが、そんな彼女をデビュー当時(1984年)から追いかけてきたファンとして、斉藤由貴なる人物は実に複雑な想いが交錯し、信仰心が試される対象だと思う訳であります(涙)。 【参考サイト】斉藤由貴 “3度の不倫” で世間をお騒がせするも、着実に積み上げた「独自の女優道」 | 週刊女性PRIME '80年代、アイドルとしてスターの階段を駆け上がった斉藤由貴(54)。そんな彼女も今年で35周年を迎えた。個性派女優として多くの作品に出演、私生活では3度の不倫騒動を起こしても不死鳥のように復活する、彼女の半生を振り返る──。     私は歌手としての斉藤由貴ファンで、先日発売された 歌手デビュー35周年記念アルバム「水響曲」 も勿論、初回限定版を購入した訳です。 熱心なファンでなければご存知無いでしょうが、斉藤由貴のアルバムは過去のアイドル時代の楽曲を「リマスター」したとかの類で何度も同じようなものを買わされます。・・・丁度、ビートルズやYMOと同じ商法ですね(苦笑)。   斉藤由貴の歌う曲がアイドル時代から独特な雰囲気を形成していたのは、編曲者として一貫して携わってきたプロデューサー武部聡志氏に依るところが大きいと言われています。 80年代アイドル全盛時代、他のアイドルが人気のためなら無節操にポジションを変えた曲を乱発していたのに対し、斉藤由貴の其れは明らかに異質でした。「卒業」「初戀」「悲しみよ こんにちは」等、名曲揃いですが、斉藤由貴の楽曲には、筒美京平、松本隆、森雪之丞、玉置浩二、谷山浩子、銀色夏生など当世を代表する才能が集結していたのも特徴です。  【参考サイト】斉藤由貴 全公演チケット即完売のビルボードライブツアー 斉藤由貴 全公演チケット即完売のビルボードライブツアー、東京追加公演開催! そして7月21日に映像作品のリリースが決定!     今回、往年の名曲をセルフカバーしたアルバム「水響曲」を聴くにあたり、わざわざ上記のように 往年のハイレゾDAP「FiiO X1」 を引っ張りだし、ハイレゾ帯域に対応した イヤフォン「KZ ZAX」 を準備した程。ま

超小型スピーカーYAMAHA NS-10MMTの改造

イメージ
新型コロナの感染拡大が収まる気配のない昨今、ステイホームを続けていると気になり始めるのが我が家の超小型スピーカーYAMAHA製NS-10MMTの音色(の悪さ)。 NS-10MMTはVHSテープサイズの超小型な2wayスピーカー。いま尚、人気の高い名機 NS-10M を先祖に持つシンプルな見てくれの良さや木製エンクロージャ(=スピーカーユニットを収める箱)の味わい等もあって気に入っているものの、中域の音が全く出ていないのでスカスカ感&ドンシャリ感が否めない残念仕様です。   そこで、この機会に改造することに。具体的には低音を担うウーハー部分を、高域〜中域〜低域までを広くカバーするフルレンジに改造すると共に、吸音材を入れて音の安定化を図ってみました。 とりあえず中身を見てみよう、とターミナル端子部分から中を覗いてみます。コイルとコンデンサが搭載されたネットワーク回路が見えます。2Wayスピーカーでは高音を担うツイータ部分に高域の信号のみを送り、低音を担うウーハ部分に低域信号のみを送るための回路が用意されています。 上記が一般的な2Wayスピーカーのネットワーク回路図。コンデンサ(キャパシタンスとも言う)は低音をカットしてくれる働きがあり、逆にコイル(インダクタンス)は高音をカットする働きがあり、それぞれカットしたい側に付いているのが分かりますね。   当初想定ではウーハ部分を別のフルレンジスピーカーに交換しよう、と考えておりました。フルレンジは低域のみを担うウーハと異なり、全域を担うので上記の赤でハイライト部分を回路上からカットする必要があります。つまり、フルレンジのスピーカーに高域を強化する意味でツイータを追加したかのような構成にしたいと考えました。   ・・・同じような試みをしている人が他にいないかな?とググるも見つけられず。代わりに見つけた このサイトでは 元のウーハをそのままフルレンジに使っており、なるほど其れはお手軽で良さそうだと考え、私も真似して見ることにしました。 【参考サイト】NS-10MMTの改良☆ | Mitiru's Diary 以前にPC用のスピーカーとして再就役した [画像] YAMAHAのNS−10MMTですが、以前にも書いた通り純正のネットワークがクソでドンシャリな音なんです。 [画像] なので改良

YAMAHAのTW-E3Aを改造し、装着感の向上を図る

イメージ
以前に紹介した ワイヤレスイヤホン YAMAHA製TW-E3A のその後について。 改造を加えて装着感と低域向上を試みた お話しです。 この零細ブログでもビュー数を稼ぐ記事のひとつが TW-E3A 関連の記事でして、関心を持つ方も多いようです。実際、知り合いの数名も「記事見て買ってみたよ」と言ってくれました。 【関連記事】装着感以外は、ほぼ完璧なYAMAHA TW-E3A Bluetooth接続のワイヤレスイヤホン、それもノイズキャンセリング機能搭載が全盛な昨今、ノイキャン無し&安価なヤマハ製ワイヤレスイヤホン「 TW-E3A 」を購入してみました。   実売1万円弱と(中華新興メーカーを除く伝統的なオーディオブランドからリリースされ...     ・・・ただ、その感想として「このイヤホン、音質はナンとも言えないし、ともかく装着し難い」と苦言を呈される始末(苦笑)。とくに、音質については、聞けばロックやテクノ系の音がまるでダメ(とくに低音がスカスカ)という意見があります。 これら指摘は私も同感で、原因はこれは装着のし難さに起因します。耳の奥にしっかり入り込まない為に、装着はし難いし、低音は抜けてしまうという状況。詰まるところTW-E3Aの問題点は装着し難さに収斂される訳です。   そんな中、試行錯誤の末のひとつの解として TW-E3A のイヤーピース周り改造にチャレンジしてみましたのでご紹介します。   尚、これら改造を行うことでメーカー保証を受けられなくなる等、不利益を被る可能性がありますので 自己責任でお試し下さい 。   まず TW-E3A 装着の問題として、イヤーピースのノズル部分の突き出しが短く、しっかり耳の奥まで差し込めない点があります。そこでノズル部分を延長し、より耳の奥に入るように加工します。 用いるのはギボシ端子の絶縁カバー部分と交換用イヤーピース、そして熱伸縮チューブの3点。   まずギボシ端子の絶縁カバーをヘッドフォンのノズル部分に合わせて適当に切り装着します。   装着後、このままでは長いので延長したい長さでカットします。   私の場合、こんな感じで延長しました。あまり長くすると充電ケースに入らなくなるので注意が必要です。   熱伸縮チューブを嵌め込みます。  

UGREEN製Lightning→3.5mmミニプラグ変換アダプターで音質は変わるのか

イメージ
iPhoneのLightning端子をヘッドフォン端子、いわゆる3.5mmのステレオミニプラグに変換する中国 UGREEN社製アダプター を購入しました。 頼りないApple純正品と比較して音質の向上を期待して購入したものですが、 結論から言うと残念ながら「音質は変わらない」というのが私の印象です(苦笑) 。 ネット上で UGREEN社製アダプター のレビューを見ると「格段に音質が向上した!」という声が散見されますが、少なくとも私が試す範囲では、Apple純正と音色の傾向含め音質に差は感じられませんでした。 リファレンスに用いたヘッドフォンは JVC製HA-FXT90 。2011年に発売された1万円程のミドルクラス品です。長年愛用して聴き慣れているので微細な差にも気付きやすかったりします。 アレコレと30回以上、 Apple純正「Lightning 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」 と UGREEN製「Lightning 3.5mm 変換アダプター」 を差し替えながら聴きましたらが差らしい差は感じられず、結論としては「同じ」(音質は変わらない)と結論づけました。   UGREEN製アダプターの商品説明には 、DAC(デジタル・アナログ変換)に最大48kHz/24bitが採用されており、音質がよくなる(注:何に比較して良くなるか?の記載は無し)とされています。 対する Apple純正3.5mmヘッドフォンアダプター にもDACが搭載されていますが、こちらの仕様は非公開(※因みにLightning端子は、その仕様上48kHz/24bitが上限なのでMFi認証を受けた前述のUGREEN社製と同じ仕様と推察されます)。 海外サイトでは分解してDACチップがシーラスロジック社製である事まで突き止めているようですが、詳細な仕様までは判明していません。シーラスロジック社はAppleからiPhoneの内蔵DACを作っている会社で、分解してチップ名などを調べてもApple独自設計のため仕様が分かりません。 【参考サイト】「EarPods with Lightning Connector」と「Lightning ー 3.5㎜ヘッドフォンジャックアダプタ」の分解レポート ベトナムのTinhteが、「iPhone 7」に同梱されている「EarPods with Ligh